スーパーモーニングの正体

司会者すらも公平中立を守らない出演者のほとんどはリベラルや自虐史観のテレビ朝日の偏向番組の正体

<目次>

■はじめに

このページで編集される動画は よく削除されたり、視聴できなくなります。
理由として「著作権侵害の申し立て」「利用規約に反しています」というもっもらしい理由だが、
本来自分たちの主張や意見が正しければ、削除する必要などまったくなく、
逆にそういった申し立てを行う テレビ朝日
「何か後ろめたいことがある」「悪事(反日売国放送)を自覚して行っている」 とみられてもおかしくはない。

■『家庭で移民を考えよう!』移民1000万人受け入れを推奨するプロパガンダ番組を放送


コメントを消す場合は右隅の[…]をクリック
最近この動画が削除されました。同様の動画を見つけた方は再度編集お願いします。

  • 2010年2月25日放送のスーパーモーニンクでは、日本への移民について報じられた。
 主な流れは以下の通り。

 日本の失業率は非常に高くなってきている反面、実質GDPは伸びている。
 これは、日本の経済が「雇用なき景気回復」であることを示す。
 このまま少子高齢化のまま進むと、「働き手がいなくなる」という国家的危機に。
そこで政治家有志が主張しているのが「移民1000万人、人口の10%を外国人に」論。

鳥越俊太郎「日本の法務省は治安意識が非常に強く、外国から移民入れないという強い国家意志を持っている」。
ラモス瑠偉「でも、働く場所がないと、外国人が日本に来ても意味がない。移民1000万ってどんな人が
入ってくるかわかんない。せっかく日本は住みやすい国と言いながら治安が悪くなるかもしれない」

アナ「でも、実態としては働いている外国人はいっぱいいる」  
2000年20万人だったが、2009年には56万人に激増。
企業も積極的だ。ローソンは2009年新入社員の32%(店舗勤務でなく幹部候補生)が外国人。
「日本人だけだと発想がワンパターンになる。外国人の力を借りたい」という考え方がある。

アナ「企業だけでなく、群馬ではリトル・ブラジルと呼ばれる"工場の町"もある」
ラモス瑠偉「だが結局、リトルブラジルの彼らは国に帰らないし、帰る金も持ないし、住む家もないし、子供も
学校行けないし、大変ですよ。まずそこをクリアしないと。働く場所がない。子供たちが学校行かないと他の
ことをする…解るでしょ?(犯罪に走る可能性をほのめかす)」「受け入れだけじゃなく、雇用のあり方を考えないと」

アナ「でも、移民がうまく行けば、外国人が納税することで財政が改善し、医療保険に入れば医療財政も改善。
可能性どころか、日本がパワーをつけるには外国人の方々のパワーをいただくしかない。今の日本は
そこまで来ている。」

アナ「では、日本はどうすべきか?結論は『家庭で移民を日々考えよう』だ。海外で移民受け入れ問題が
起きているのは、労働力としてしか見ずに受け入れてるから。今から家庭で移民を考えることで、偏見もなくなる。
自由な雰囲気になる」
(引用終了)

番組ではラモス瑠偉だけが、移民についてデメリットも含め現実的問題を述べているが、
アナウンサー含め他の出演者たちまで一緒に移民を推奨している。
【関連】大量移民の恐怖

口蹄疫問題での発言

2010年5月17日放送(以下抜粋)
16日午後10時半現在、牛8212頭、豚7万7511頭のあわせて8万6000頭に被害が出ており、被害総額は110億円に及ぶとみられている。
とくに深刻な被害とされているのは、高級ブランド『宮崎牛』の種牛に感染が飛び火したことで、16日には県家畜改良事業団が飼育している
種牛55頭のうち49頭の殺処分を決めた。

急速に被害が急拡大したのはGW明けだったのに、外遊中だったとかで赤松農水相が宮崎入りしたのは5月10日。
自民党の地元選出議員が「何しに来たんですか」と食ってかかっていたが、それまで県は何をしていたのか、番組では触れなかった。

スタジオでは
「人に感染しない、食べても大丈夫。ならば、なぜ(殺処分など)そこまで厳重にするのか」 ( ジャーナリスト  の 鳥越俊太郎 )
「結局、人間のご都合で、罹っていないのに大きくまとめて処分は可哀そう」 ( 弁護士 田中喜代重 )

と素朴な疑問が出た。



言論封殺

タレントの伊集院光さんが、スーパーモーニングへ出演の際、小沢一郎議員に質問等を一切言わないように、サンデーモーニングのスタッフから言われたとおっしゃっています。


自分たちの都合のいい事はゴリ押してでも主張するダブルスタンダードな番組

①スーパーモーニングによる鳩山政権の擁護と麻生政権にたいする批判の比較


鳩山政権用語10年04月16日かな?
大谷 「普天間問題で鳩山はちゃぶ台をひっくり返す権利がある、これだけもめているのに(鳩山総理に対する)あの扱いは何なのだ(沖縄は)我々の土地だ、我我の案が呑めないのならもういいよ、鳩山さんがなめられているとか、日本国がなめられているのですよ」
「それを伝えるメディアも、 なにアメリカは何を生意気なことを言っているんだという論調が出てこないとおかしいんですよ、アメリカの在外駐留費の半分を日本は負担しているんですよ」
大谷「鳩山さんを好きか嫌いかは別として、馬鹿にされてへらへら笑っている国民じゃ駄目ですよ」

一方麻生総理について
麻生政権批判08年11月21日放送
麻生総理の医師不足に関する発言については…

明らかな基地問題の外交失策の鳩山総理は擁護するが、麻生前総理の失言はまるで
「鬼の首を取った」ように騒ぎ、「親の敵」のように叩いている。

②わずか1週間で論調が変わる

「民意民意」と連呼しているが、1週間後には民意を否定。


鳥越:「あのね~、読売新聞が1面トップで報道したが、日本のメディアの姿勢として、アメリカの大統領がこうだとか、高官がこうだとか、アメリカの新聞がこう言っているだとか、アメリカの顔色をうかがうような報道をいつもする。僕はこれに非常な違和感を持っている。日本が、メディアも総理大臣も含めて大事にすべきは日本の国民の声ですよ。」
鳥越:「鹿児島県徳之島で普天間基地移設の反対集会が開かれ、 島民の半分以上が集まった日本国民は、米軍基地はどこもいらないと言っている。これが日本の国民の声ですよ。 これをストレートにアメリカに伝えなければいけない。もうじき事業仕分けが始まるが、在日米軍基地の事業仕分けをしなければいけない。ゼロからスタートしてここは要る、要らないと。要ると言われたら協議すればいい」
これが国民の声だ!

~1週間後~

小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」をめぐる政治資金規正法違反事件について検察審査会で市民11人全員が「起訴相当」とする意見を出し議決されたことについて。 記事

鳥越 「今回の議決を読むと、 『市民目線』とか『市民感覚』とか書いてあるけど 、証拠とはあまり関係なく、感情的、情緒的な判断。『絶対的権力者』という言葉で、『だから(虚偽記載をしていたのを)知らないわけがないだろう』というのも、 論理的に飛躍があり違和感がある

落合「私も違和感を受ける」「市民が抱く世論は、いつどこで何によって作られるのか。メディアの報道が世論を形づくる一部になって、それが市民目線と結びついたらこれちょっと怖い」

森永 「(議決は)イメージで決まっている部分がすごく多い。 ふつう意見が分かれるものだが、 全員一致で『起訴相当』というのはすごく気持ち悪い。

偏向報道例


この質問をした民主党議員は 牧山弘恵 氏です。
議事録 を見ればわかるように、牧山弘恵氏は麻生首相の庶民感覚を確かめようとして質問しているわけではなく、庶民感覚がないとも言っていません。

マスコミは、麻生総理がカップ麺は400円位かと言ったことについて新聞やテレビ等で大きく取り上げ、麻生総理に庶民感覚がないと印象づけようとして報道しました。

また、この時のスーパーモーニングでは から の間のみ流しています。
番組では 画面右上 に「 カップめん 400円 」「 総理の 庶民感覚 」(←色はそのまま)とあります。

上の動画で初めので取り上げられた朝刊には、 大きな字で「庶民感覚のなさバレバレに」「カップめん400円くらい」中位の大きさの文字で「値段聞かれしどろもどろ答弁」 と書かれています。

このスーパーモーニングの番組で取り上げられた東京中日スポーツの記事では、 大きな字で「麻生首相不合格」「はがれた『庶民派感覚』」と書いています 。さらに、スーパーモーニングのアナウンサーによると、 「庶民感覚テストで不合格」 と書かれていたそうです。

○牧山ひろえ君 
 そろそろ昼食の時間ですので、テレビを御覧になっている方も、今日はお昼を何を食べようかなと考えていると思います。
 私自身、二人の子供を持つ母親ですので、食の安全の問題ですとか食の価格の問題ですとか、食にまつわることは常に意識しております。
 さて、お昼の代名詞といえば即席めんです。この即席めん、日本即席食品工業協会によりますと、袋とカップ両方合わせると、国民一人当たり年間四十二個消費するそうです。ですから、このテレビを御覧になっている方も、今日は即席めんを食べようかなと考えている方もいらっしゃるかもしれません。
では総理、突然の質問なんですが、この即席めん、今幾らぐらいで買えると思いますか。いわゆるカップラーメン、一つ幾らぐらいだと思うか、御存じでしょうか。
○内閣総理大臣(麻生太郎君) 最近買ったことがないんでよく知りませんけれども、昔最初に出たのが、最初に出たときは、日清が出したときに、たしかえらい安く出たなというのがあるんですが、あのとき何十円かで、今四百円ぐらいします。
○牧山ひろえ君 そんなにしないですよ。
○内閣総理大臣(麻生太郎君) そんなにはしない。そんなにはしません。
 私、そんな、最近それを自分で買ったことが余りありませんので、その値段を直ちに言われても、随分いろいろ種類が出てきているということは知っています。
○牧山ひろえ君 定価は百七十円ぐらいです。今年に入ってから値上げをされましたけれども、昨年までは百五十五円、そしてその前には百四十円でした。 今やカップラーメンは二百円を迫ろうとしているんです。本当に高い食べ物になろうとしているところでございます。
 収入は伸びずに食品が値上がりする。まさに今、国民生活は生活水準の維持確保が大前提となるほど圧迫しているんです。政府は、定額減税を改めて商品券のような何かばらまき政策をお考えのようですが、 例えば輸入小麦の価格をコントロールできる立場の政府が国民生活のために小麦価格を下げるなど 、国民生活に直結する経済対策にするべきであると思います。

鳩山由紀夫「故人献金」ワイドショーの異常な擁護
異様に鳩山由紀夫を擁護しているが、「故人献金」が犯罪であることは事実であり、まるで「今回の事件は偶然で、鳩山氏のような金持ちがそのような金策に
走る必要性などなく、特別に騒ぐ必要性は全くない」というような論調で皆口をそろえているように聴こえる。

鳥越俊太郎ら 「一世一代の名演説」「参院選対策で辞めるんじゃない、政治の芸術。日本人的な自己犠牲…有権者も納得」


鳩山総理の辞任表明の演説を大絶賛するコメンテーターたち。安倍総理の辞任会見の際とは対照的である。
スーパーモーニングが民主党を支援する番組であることを示す、決定的な証拠の1つとなった。

1:☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★:2010/06/03(木) 01:41:46 ID:???0
  • 鳩山首相の退陣演説を聞いたスーパーモーニング出演陣のやり取り。

  赤江珠緒アナ  「この演説は、私は大変お見事で、力のある演説だったと
  思います。悲痛な思いがこめられていた」

  鳥越俊太郎  「おそらく鳩山さんの政治家としての一世一代の名演説だったと思う。
  政権交代で何が起きたのかをきちっと述べ、2つの問題『普天間』『政治とカネ』を
  述べ、幹事長に「一緒に退いてもらえますか」と迫ったと」「わかったのは、鳩山
  さんから小沢さんに声をかけたということ。僕らは逆かと思ってた」

  田畑  「昨日のグーサインはそういう意味だったと」

  赤江アナ  「そこまでは全く私たちも見抜けていなかったですね。
  そういう思いで会見されていたんですね」

  田畑  「鳩山さんは自民党時代にユートピア政治研究会に入っていた。
  この人、いま、理想の政治を語りました。やっぱり理想の政治を目指して
  きた人なんです。自分と小沢さんが辞めることで、もう一度民主党が原点に
  立ち返って欲しいというメッセージ。久々に心の中からほとばしるメッセージを
  聞いた気がします」

  鳥越  「実際、ペーパーなしで」

  三反園  「今日はなにか違う鳩山さんを見た感じがしますね。
  本当に素直な正直な」

  赤江アナ  「不思議なもので、言葉ってのは心の奥底から
  出てくるものは伝わりますね」
  (中継挟む)

2:☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★:2010/06 /03(木) 01:41:58 ID:???0
  田畑  「お二人、あうんの呼吸だろうと思いますね。先ほど三反園
  さんからも『今週は政治の芸術が見られるよ』と。これは小沢さんから
  辞任を迫られて辞めたという構図でなく、鳩山さんが小沢さんに辞任を
  迫ったということでしたけれど、あうんの呼吸だろうと」「背景には
  いろいろな事情があったと思います。国会が立ち行かないこと、参議院
  からの悲痛な叫びなどいろいろあったんですが、それを全部引き受けて、
  自分の辞任により事態打開を図ったと」

  三反園  「鳩山さんは、『総理は孤独」だ』『最後は自分で判断したい』と
  いつも言っていた。たぶん小沢さんとの間で、「最後は2人で身を引こうな」
  とタイミングを計っていたと思う。最後は芸術的な終わり方、これがそう
  だったのかなと」

  鳥越俊太郎  「『自分の身を殺して、全体を生かす』という発想は日本人の
  文化としてある。そういう形を取られた。そういう意味で芸術的だと。
  いろんな意味でこれまでマイナス・ネガティブなことがいっぱいあったが
  それをいっぺんにひっくり返してプラスに変えるという発想なんですね、
  これは。おそらく、これを聞いた有権者の皆さんも、すんなり受け
  入れられたんじゃないかと思う」「参院選のためだけに戦術的に辞める
  とかいうんじゃなく、普天間・政治とカネなど、やっぱり自分たちに
  非があると。この問題を先に一歩進めるためには自分たちが身を引く
  ことで前進させようというお気持ち」

  三反園  「ただ、根底には参院選が非常に厳しいということがあったのは事実」

  鳥越俊太郎  「それは政治部的な…」
  (以上、一部略。ばぐ太書き起こし)

  ※有志による動画キャプチャ:http://www.youtube.com/watch?v=ORJ5KIqjoFc


コメンテーター

月  鳥越俊太郎   吉永みち子 (作家)松尾貴史(タレント) 田中喜代重(弁護士)
火 鳥越俊太郎 若一光司(作家) 大澤孝征(弁護士)
水 鳥越俊太郎 落合恵子(作家) 森永卓郎(経済アナリスト)
木 鳥越俊太郎 東ちづる(女優) やくみつる(漫画家)
金  山口一臣 (週刊朝日編集長)  大谷昭宏 (ジャーナリスト) 木場弘子(千葉大学特命教授) 長島一茂(読売巨人軍代表特別補佐)

アナウンサー


参考サイト


ご意見、情報提供

名前:
コメント:

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

このページのアクセス数
総数 -
昨日 -
今日 -
wiki全体のアクセス数
現在 -
現在時刻
2017-05-30 18:22:37 (Tue)
最終更新日時
0000-00-00 00:00:00
総ページ数 2132




タグ検索 :



真実周知ポスティング
現在の総ポスティング数
報告フォーム
詳しくは→ こちら



  基礎情報  

日本を良くする







  サイト運営  

サイト編集









周知活動





抗議・その他活動




  政党・政治家 

監視所



政治家関連







民進党









自民党








その他政党








立法・行政・司法・
経済・安全保障










 歴史問題・外交 

歴史問題




外交問題








  マスコミ  
















 反日主義 




 愛国・親日 



 保管庫・その他  






主要連動サイト



【現在のランキング】

取得中です。