植草一秀の正体

決して民主党や特定アジアの批判をしない経済学者の正体


<目次>

植草一秀 - wikipedia

:
|
植草 一秀(うえくさ かずひで、1960年12月18日 -)は、日本の経済評論家・経済学者。専門は、日本経済論・金融論・経済政策論。
1960年12月18日、東京都江戸川区で生まれ、同区で育った。
あるテレビ局が行った彼の過去を知る学生時代の友人・知人へのインタビューによると、幼い頃から成績は多くの場合オール5で秀才だったことから、「神童」と呼ばれていたという。
江戸川区立松江第四中学校を卒業後都立両国高校へ進学。高校は共学だったものの、当時の同級生は高校時代は男子クラスで女性や恋愛の話などはすることがなく、本を読みながら登校していたのが強烈に印象に残っていると話している。1979年には東京大学文科2類に進学し、1983年3月、東京大学経済学部経済学科を卒業。学位は経済学士(東京大学)。
その後の職歴としては以下のようなものがある。
1983年 4月、野村総合研究所に入社し、経済調査部を担当。
1985年 7月、大蔵省財政金融研究所研究官
1991年 6月、京都大学経済研究所助教授
1993年10月、スタンフォード大学フーバー研究所(Hoover Institute)客員フェロー
1996年 7月、野村総合研究所主任エコノミスト
1999年 4月、野村総合研究所上席エコノミスト
2002年 4月、野村総合研究所主席エコノミスト
2003年 4月、早稲田大学大学院(専門職大学院)公共経営研究科教授。大阪経済大学客員教授 。
また、上記の職と並行して、「情報プレゼンター とくダネ!」(フジテレビ)や「ワールドビジネスサテライト」(テレビ東京)などの報道・情報番組でコメンテーターを務め、国民に広く顔を知られた。
2004年、4月に品川で逮捕されていたことが、数ヶ月後になってマスコミで扱われ、早稲田大学大学院の教授職やテレビ番組の仕事を失い、表舞台から去った。
2005年3月に、上記の件で罰金50万円、手鏡1枚没収の実刑判決が言い渡され、4月にはその刑が確定した。同4月、スリーネーションズリサーチという名の会社を登記し、自らをその代表取締役とした。
2006年4月に、名古屋商科大学の客員教授として着任。だが、同年9月には迷惑防止条例違反で再び現行犯として逮捕され、同職は免職処分で失った。10月には東京地検から、「常習性があり悪質」として逮捕容疑で起訴され、東京拘置所に拘置された。
2007年1月、保釈が認められ、保釈金を支払い、保釈された。
2008年4月、東京高等裁判所で控訴が棄却された。
2012年2月、2000億円の企業年金のほとんどを消失させたAIJ投資顧問の顧問をしていたことが発覚、本人は自身のブログで「顧問は2006年に免罪事件?の発生で職を辞しており私とAIJ社の関係は、純粋に経済金融情勢についての情報を私の側から一方的に提供するということだけに限定されており、それ以外の、AIJの業務には、一切関与していない」と弁明。

■被告人として(出来事とその影響)

分量があるので折りたたみ式にしました。
読む場合は「+」をクリックしてください。
+...
:
|
2004年4月8日、早稲田大学大学院公共経営研究科教授であった時に、品川駅のエスカレーターで女子高生のスカートの中を手鏡で覗こうとしたとして逮捕された不祥事がマスコミで扱われ広く人々に知られた。この影響により2004年5月7日に、早稲田大学教授職を退き、表舞台から去る。ちなみに当時の家宅捜索で、自宅の屋根裏から痴漢等を題材にしたエロビデオ、DVDが発見され警察によって押収されている。

:
|
公判の中で検察側は被告人が1998年6月に東海道線横浜駅~品川駅間で痴漢行為をおこし神奈川県迷惑防止条例違反で罰金5万円の刑を受けたことを明らかにした。また、捜査において収集した証拠から被告人の特異な性的嗜好を公表した。それらはマスコミによって公衆にさらされた。

:
|
検察側が、これらの情報を公にしたのは被告人が否認する中で公判維持のために必要不可欠と考えたものとされている。[要出典]2005年3月23日、東京地裁は罰金50万円、手鏡1枚没収(求刑懲役4カ月、手鏡1枚没収)の判決を言い渡した。これに対し植草元教授は「天地神明に誓って無実」と冤罪を主張しながらも控訴を断念し、2005年4月6日の控訴期限日に刑が確定した。

:
|
2005年4月にはスリーネーションズリサーチ社を登記し代表取締役となったり、企業コンサルタントを務めるなどして、著名活動を再開した。2006年、名古屋商科大学客員教授に就任。「国家経済戦略」の講義をしていた。

:
|
2006年9月13日午後10時ごろ、京急本線の品川駅~京急蒲田駅間の下り快特電車内で女子高生に痴漢行為をしたとして、東京都迷惑防止条例違反の現行犯で、警視庁により逮捕された。この時本人は「酒に酔っていて覚えていない」と述べた。

:
|
後日「警察のでっち上げだ」と今回も無実を主張しており、本人の「帰宅途中だった」という証言と矛盾する逆方向の電車に乗っていたことには「(品川駅で)乗り間違えた」としている(なお、京急品川駅は、上りホームと下りホームが別々である)。当該電車は周囲の人の体が密着するほど混雑していないにもかかわらず女子高生の後ろに密着するかのように乗っていた。なお、この逮捕の際には、公安警察による尾行が行われている。

:
|
2006年9月27日、名古屋商科大学は植草客員教授を免職処分にした(理由は、逮捕・勾留により後期授業をすることが不可能なためとした)。そして、10月4日、東京地検は「常習性があり悪質」として植草を逮捕容疑で起訴した。本人は「人違いか(被害者の)勘違いではないか」と容疑を否認している。

:
|
しかし、1998年にもわいせつ事件で罰金刑を受けていたことは2004年の事件の公判にて明らかになっていたが、さらに週刊誌『女性セブン』にて、今までに警察沙汰だと分かっている3度の逮捕以前にも、1992年頃からチェック柄のスカートを狙った痴漢事件などで被害者と示談を7回していたことが掲載された。ただし回数については、これは後に誤りであることが判明している。[要出典]]]

:
|
なお、東京地裁は起訴翌日の5日、保釈金600万円で植草被告人の保釈を許可する決定をしたが東京地検はこれを不服として準抗告した。6日、地裁は地検の準抗告を認め、保釈を却下した。16日、最高裁第1小法廷は保釈許可を取り消した東京地裁の決定を支持し、被告人の特別抗告を棄却した。2007年1月19日に、東京地裁は再び保釈許可を出し、植草側は保釈金600万円を納入したが、その日のうちに東京地検が抗告したため、保釈の執行は停止されていた。

:
|
2006年12月6日に初公判が東京地裁で開かれた。植草は「天に誓ってやっていない」と無罪を全面主張。事件当時、被害女性から「子供が見てるのに恥ずかしくないんですか?」と言われうつむいていると、他の男性乗客2名に取り押さえられ駅事務室に連行。当初は「私は女性が不快に思うことをやりました」と容疑を認めたにもかかわらず、警察の取調べに際し一転無罪を主張した。

:
|
また、「これが土石流のように報道され、家族も被害を受けてしまう。家族を守るためには私が死ぬしかない」と思い、駅事務室でネクタイを首に締めて自殺も図ろうとしたことも明らかになった。弁護側は「被告人は当時紹興酒を20~30杯近く飲んでいる酒酔い状態」「チカン騒ぎかと思って、絶対にかかわりたくないなと思っていたら自分が犯人にされた」と主張している。

:
|
なお、12月20日の第2回目公判には、検察側証人として目撃者が出廷し、被害女性もビデオで証人尋問に応じた。検察側証人の目撃者は「痴漢をしたのは植草被告人に間違いありません」とはっきり述べた。

:
|
また検察は、事件当時の被害女性の肌着を鑑定している。

:
|
2007年1月22日、保釈保証金600万円を納付して保釈される。1月19日には東京地裁が保釈許可を出しており、東京地検が抗告したが地裁はそれを退けた。

:
|
2007年1月25日の第3回目公判で、肌着を鑑定していた科捜研の女性研究員が検察側証人として出廷。「被害女性のスカートとパンティの構成繊維と、植草被告人の左手人さし指、右手薬指、右手親指から採取した繊維片が類似」と証言した。

:
|
この逮捕はりそな銀行インサイダー取引疑惑について政府高官の関与について調べていた植草を業界から抹殺するための陰謀(国策捜査)であると唱える者もおり、植草も「事件は小泉政権の陰謀だ」と答えていた。これらの主張については、植草一秀事件を検証する会編『植草事件の真実』(ナビ出版、2007年2月 ISBN 4931569161)に詳しく展開されている。

:
|
2007年4月19日、植草は小学館と講談社と徳間書店と毎日新聞社を相手取り、計5500万円の損害賠償などを求める訴訟を東京地方裁判所に提起した。『女性セブン』『アサヒ芸能』『フライデー』『サンデー毎日』の記事によって名誉を傷つけられたとの理由による。

:
|
東京拘置所で綴った手記を、2007年8月、『知られざる真実─勾留地にて─』としてイプシロン出版企画から刊行、ベストセラーとなる。

:
|
2007年9月10日、朝日放送(大阪市)の報道により名誉を傷つけられたと申し立て、同社に1100万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴した。

:
|
2007年10月16日、東京地裁により懲役4月の実刑判決を受け、東京高裁に即日控訴した。

:
|
2008年4月4日、東京地裁で『女性セブン』を発行する小学館との和解が成立。小学館の和解金100万円の支払いや謝罪広告の掲載などが条件。記事では植草が痴漢で10回摘発されたと報じたが、実際には3回だと認定されたため。

:
|
2008年4月16日、東京高裁は「被害者や目撃者の証言は信頼性が高い」として一審の実刑判決を支持、控訴を棄却した。

:
|
2008年9月8日、東京地裁は植草のことを「セクハラ癖は業界では有名」と報じた「サンデー毎日」に対して、発行する毎日新聞社に33万円の支払いを命じた。判決理由について大段亨裁判長は「セクハラ癖があるのは真実と認められるが、『業界では有名』という部分は真実の立証がない」とした。



■ブログにコメント欄がない

:
|
全てに当てはまるとは限りませんが、
当サイトではコメント欄や掲示板、E-mailなどを一切受け付けていないブログは
反日ブログの特徴の一つとして考えております。
インターネットでは双方向性という利点があるにもかかわらず
それを遮断するのは、都合の悪いことを書かれると困るというブロガーであることが多いからです。
(例)民主党から出馬する福田衣里子氏は、自身に都合の悪いコメントが書き込まれた後、
コメント欄ごと撤廃するという隠蔽工作を行いました。⇒ 詳細はこちら
植草氏はどのような意図でコメント欄等を設けないのでしょうか?

■リンク集に「民主党」・「社民党」・「国民新党」

:
|
植草氏のブログでは、当サイトが反日政党として危険視している民主党と社民党がリンク集に載っています。
すなわち、民主、社民、国民新党ということから、
反自民の連立政権が誕生することを望んでいることが分かります。
記事にもそのような論調ばかりです。
【関連】民主党の正体旧社会党の正体

■安全保障の記事がない

:
|
経済学者ゆえに興味がない、あるいは意図的に無視しているのか、
それとも謙虚のためなのか分かりませんが、
安全保障についての記述がありません。
日本の幸福にとって誰が政治家にふさわしいのかを考える際に
総合的に判断している当サイトとは全くスタンスが違います。

■特定アジアへの売国は無視

:
|
植草氏はアメリカへの売国についての記事は頻繁に記述しますが、
中国・韓国・北朝鮮への売国という、当サイトが最も危険視している点についての記事は
見たことがありません。
国籍法改正案で多くのブログが大騒ぎしていたときにも、
一切ブログに書きませんでした。
(※もしそのような記事があった場合には加筆もしくは掲示板にてご報告ください。)

■小沢一郎と酷似

:
|
自身の痴漢事件でも「国策捜査」と主張しており、
小沢一郎の言動と非常に良く似ています。
植草氏はブログの中で、何度も「小沢一郎の秘書逮捕は国策捜査」と書き続けています。
【関連】西松建設事件の正体小沢一郎の正体民主党の正体

■小泉純一郎と竹中平蔵を敵視

:
|
小泉・竹中を否定する記事が多いです。
当サイトでも小泉純一郎は売国議員に分類しておりますが、
植草氏による否定の仕方は当サイトの比ではありません。

■郵政民営化に対する疑問は当サイトと近い立場。だがしかし・・・

:
|


■マスコミの偏向報道があると指摘。だがしかし・・・

:
|
当サイトでは、民主党政権を樹立させるための偏向報道の存在を指摘しています
椿事件の正体麻生太郎潰しの正体
一方の植草氏は、「自民党を応援する偏向報道」の存在を主張しています。
偏向は偏向でも、当サイトとは全く逆の認識です。

■植草氏のブログの印象

:
|
とにかく
自民党・小泉・竹中憎し
マスコミや司法当局は小泉の手先だ
とにかく政権交代
自民党をぶっ潰せれば何でも良い
といった論調のような印象があります。
国益の為にどうすればよいのかを考える当サイトとはスタンスが全然違います。

■そんな植草氏を応援している連中の住処



■当サイトでの評価

氏名 主な売国実績 売国度
植草一秀 経済学者。評論家。元・「とくダネ」コメンテーター。
反米主義者で、親・特定アジアの人物。
手鏡で女性のスカートの中を覗いたとして逮捕され、社会的地位をほぼ全て失う。
民主党支持者で、自身のブログで小沢一郎を徹底的に擁護する。
専門の経済分野でも愚作を主張。
A

■アンケート

:
|
植草一秀の正体に関するアンケートを
植草一秀の正体に関するアンケート
にて受け付けております。
ぜひご協力ください。


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

このページのアクセス数
総数 -
昨日 -
今日 -
wiki全体のアクセス数
現在-
現在時刻
2018-11-16 18:48:42 (Fri)
最終更新日時
0000-00-00 00:00:00
総ページ数2146




;

真実周知ポスティング
現在の総ポスティング数
報告フォーム
詳しくは→ こちら



  基礎情報  

日本を良くする







  サイト運営  

サイト編集









周知活動





抗議・その他活動




  政党・政治家 

監視所



政治家関連







民進党









自民党








その他政党








立法・行政・司法・
経済・安全保障










 歴史問題・外交 

歴史問題




外交問題








  マスコミ  
















 反日主義 




 愛国・親日 



 保管庫・その他  






主要連動サイト



【現在のランキング】