大東亜戦争が自衛戦争だった証拠

自虐史観から抜け出し、反日左翼を黙らせる魔法の言葉

1951年 アメリカ上院軍事外交合同委員会にて

There is practically nothing indigenous to Japan except the silkworm.
They lack cotton, they lack wool, they lack petroleum products, they lack tin, they lack rubber, they lack a great many other things, all of which was in the Asiatic basin.
They feared that if those supplies were cut off, there would be 10 to 12 million people unoccupied in Japan.
Their purpose, therefore, in going to war was largely dictated by security.


日本には絹産業を除いては、固有の資源はほとんど全くありません。
日本には綿も羊毛も石油もスズもゴムも―その他あらゆる物がなく、それら全てはアジア海域にありました。
もしそれらの供給が断たれたら、日本国内に1000万人から1200万人の失業者がでていたことでしょう。このことを日本は恐れていました。
したがって、日本が戦争に突き進んでいったのは、主として国内の安全保障に迫られたからだったのです。

by Douglas MacArthur(ダグラス・マッカーサー)

東京都杉並区の山田宏区長は区議会で戦争観を問われたとき、
このマッカーサーの言葉を英語で紹介したそうです。
すると、左翼からの反論は一切なくなったのだそうです。
(『日本人として最低限知っておきたい近現代史の必須知識』渡部昇一・水野靖夫、PHP研究所より)

東條由布子氏の言葉
東條由布子 -(Wikipedia)
東條由布子公式HP


中山成彬議員も解説しています。
今こそ戦後60年の断絶を克服しなければならない (中山成彬ブログ)



日本の戦争時代に関する動画を厳選してみました。【戦前の日本は悪いことをしていた】と思っている方は動画を8つとも全部ご覧ください。きっと今までの歴史認識が
変わり、自虐史観がなくなるはずです。
村山談話の正体
河野談話の正体
自虐史観の正体
http://www.nicovideo.jp/watch/nm7591341 http://www.nicovideo.jp/watch/sm1805192
【海外から見た日本】大東亜戦争への賞賛 記憶せよ!十二月八日
http://www.nicovideo.jp/watch/sm4285231 http://www.nicovideo.jp/watch/sm1833663
大東亜戦争の真実 大東亜戦争 名言集
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7563434 http://www.nicovideo.jp/watch/sm9294672
大日本帝国正史 【大東亜戦争】英霊に感謝/日本人再生
http://www.nicovideo.jp/watch/sm5193993 http://www.nicovideo.jp/watch/sm1648670
大東亜維新史観 概説 真実はどこに

■ブログランキング応援クリック

真実を国民に知らせるために
ブログランキング応援クリックをお願いいたします。(一日一回のみ有効)




|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

このページのアクセス数
総数 -
昨日 -
今日 -
wiki全体のアクセス数
現在 -
現在時刻
2017-05-30 02:06:04 (Tue)
最終更新日時
0000-00-00 00:00:00
総ページ数 2132




タグ検索 :



真実周知ポスティング
現在の総ポスティング数
報告フォーム
詳しくは→ こちら



  基礎情報  

日本を良くする







  サイト運営  

サイト編集









周知活動





抗議・その他活動




  政党・政治家 

監視所



政治家関連







民進党









自民党








その他政党








立法・行政・司法・
経済・安全保障










 歴史問題・外交 

歴史問題




外交問題








  マスコミ  
















 反日主義 




 愛国・親日 



 保管庫・その他  






主要連動サイト



【現在のランキング】

取得中です。