地方新聞・ブロック新聞・地方TV局の反日

このページでは全国紙以外の地方新聞・ブロック新聞、そして地方TV局の反日の実態をとりあげます。

■北朝鮮を訪問した日本マスコミ社長団


共同通信社を筆頭に、

北海道新聞・河北新報・東奥日報・秋田魁新 報・山形新聞・岩手日報

産経新聞・上毛新聞・神奈川新聞・山梨日日新 聞・新潟日報・福井新聞

京都新聞・神戸新聞・山陽新聞・中国新聞・新日 本海新聞・山陰中央新報

高知新聞・西日本新聞・熊本日日新聞・琉球新報

★★★ニュース保存用★★★
※厳密には反日ではないが、訪問した新聞社の名前は覚えておく必要あり。


偏向・捏造報道のやり口が巧妙・狡猾な全国紙に比べて、地方紙・ブロック紙の場合は、露骨な反日偏向記事を臆面もなく日常的に掲載している場合が目立ちます。(明白な捏造記事・煽動記事を恥ずかし気もなく掲載することも多々あります)
そんな地方紙・ブロック紙・地方TV局のトンデモ情報を必要なときにいつでも晒し上げ出来るように、ここに保存しましょう。

<目次>

■長崎新聞

10-31 長崎新聞偏向報道

地元有志の長崎新聞社に対する抗議の声です。

10月13日長崎新聞は、対馬に流れ付いたゴミを日韓両国の学生が掃除している記事を掲載した。ところがそのゴミがどこから来たのか(=韓国)という肝心な部分は一切触れず、親善だけを取り上げた。

長崎新聞の偏向報道と対馬問題

■愛媛新聞・テレビ愛媛

  愛媛新聞左翼の地方紙のひとつ だということで、大変に名を売っている。ある雑誌に 北海道新聞愛媛新聞左翼新聞 だといって、愛媛県のある先生が書いていたが、愛媛新聞について書かれた部分については全くそのとおりだと思う。ただ、朝日新聞のようにずっと左翼新聞を作ってきたわけではない。平成のかなり経ってからの左翼路線というのが大変に珍しいわけで、私は正常な新聞に立ち返る可能性というのは大変に難しいけれども、ないことはないと思っている。
 ここ何年間か左傾化してきたことの理由が私は2つあると思う。1つは今申し上げた 反国家ネットワーク 。これに 愛媛新聞のスタッフの一部が取り込まれているのではないかという疑惑 を完全に払拭できない点だ。新聞の入社試験を受けようかという人間だから、 「私は新左翼です」 とか 「私は連合赤軍です」 とか言って、 入社試験を受けに来る馬鹿はいない 。まして 本籍まで調査したら人権侵害とか言われる時代 だから、思想調査というのはとんでもない話だ。 潜りこむ可能性というのはいくらもある 。そういうメンバーは学生時代から学生運動のリーダーにもなれる。弁舌も爽やか、頭も良い、そういう人間のほうが多いわけだ。試験に受かる可能性は大ありだ。愛媛新聞はほとんどの部分で普通だと思うが、外交とか防衛とかあるいは人権とか差別とか教育とか、保守的とか進歩的とかいう立場の差によって表現の差あるいは記事の方向の差がはっきり分かる問題になると、やはり左の方に向かう。(中略)
 たとえば今年の 歴史教科書採択の問題 を取り上げてみよう。現象面としては 一部の左翼が反対する。訴訟まで起こす。県庁や市役所にも押しかけるし、外国の勢力も引きずり込む 。それは県庁(県教委)や市役所(市教委)が、採択権という公権力を持っているからだ。そういう公権力を批判することが、新聞にとって一番正しい道と言えるかどうか。というのは、公権力というのは一般人と対立するものではなく、一般人を代表して行使されるものだからだ。ただ、マスコミ内部で言えば、身近な公権力批判は安易な道であるのは間違いない。その道を進んでいれば社内論議を制することもでき、反対論を抑え込めるからだ。
 だが今度の 教科書問題 というのは、県教委が採択権を行使して教科書選びをしたこと(すなわち県教委の権力)がポイントというより、 中学生に歴史を教える のは どんな歴史観の教科書がいいか という、これまでの 戦後教育の是非を巡っての歴史観や教育観を評価 することの 戦い であると、私はそういうふうに位置付けるほうが正しいと思う。
 であれば、 一愛媛県の権力を現象面で批判しても的外れ になるだけであろう。仮に 新左翼のメンバー がこの記事を書いたとすれば、それは 意識的に的を外してそういう紙面作りをしてきた可能性 もないとはいえない。新左翼にとっては、 「県庁はひどいところだ」「弱者を踏みにじる」「悲しい」 というような 感情的な雰囲気を作ればいい わけだから、教科書論争の中心点からは外れていてもかまわないのだ。 論争で勝ち目がなく、しかも世論の支持もない場合、相手陣営にそういう感情的なレッテルを張りつけ、論争の土俵には上がらず、その代わり手続き面に批判や抵抗を集中する ——というのが、そういう連中の常套手段なのだ。

 在日朝鮮人の過去と現況を考える朝・日交流懇親会が10月28日、愛媛県松山市の同胞焼肉店で行われた。懇親会には、愛媛県商工会の朴敬萬副会長と金光珠理事長、張哲士副理事長が、日本側から東俊一弁護士、濱中均税理士、和泉由紀夫税理士、テレビ愛媛放送本部の門屋淳編成局長らが参加した。
 懇親会では、金光珠理事長があいさつ。民族教育をはじめとする在日同胞が置かれている現状に対して理解し協力してくれていることに謝意を表しながら、総連組織は何の根拠もないまま日本の破防法適用団体として公安当局の監視対象にされていると指摘。今回の集いが在日同胞の歴史と現状に対して理解を深め、朝鮮と総連組織に関する誤った情報が氾濫する中、正確な情報を共有し互いの連帯を深める場になればと語った。
 そのうえで、この集いが商工団体を守る日本人の会に発展することを期待すると語った。
 続いて、金光珠理事長が在日朝鮮人の歴史的経緯と商工団体結成までの過程について解説した。
 金理事長は、在日朝鮮人の形成と同胞商工人の発生、商工団体の結成とその必要性などについて触れながら、商工会の活動内容について詳しく説明。そして、在日同胞と「拉致」問題はまったく無関係であり、在日同胞は日本社会での風評被害と営業妨害など直接的な被害者以外の何者でもないと強調し、今後とも同胞商工人と商工団体の正当性に対する理解を深め温かく見守ってほしいと訴えた。
 東俊一弁護士の乾杯のあいさつに続き、参加者らは食事しながら懇談した。金理事長は、10月8~15日に理事長代表団の一員として祖国を訪問したことについて写真を交えながら報告した。
 参加者らは、在日朝鮮人の歴史的経緯についてさまざまな側面から聞いてはいたが、まだまだ知らなかったことが多いと述べながら、植民地時代に強制連行してきた事実は隠すことができず、このような歴史的事実から目を背けるのではなく真実を知ることで朝・日間の相互理解が深まると語った。
 また、朝・日平壌宣言を無視して「拉致」問題を前面に掲げ、それが首脳会談で合意された内容であるかのように事実に反する世論を喚起し、国交正常化を無視しているかのような日本政府の意向はまったく理解できないとしながら、「拉致」問題を政治的に利用している勢力を批判した。
 そのうえで、在日朝鮮人に対する日本の一般市民の意識が低いのは、政府の施策により教育の場で学べなかったからであり、民間レベルでの交流を深めていかなければないことや、在日朝鮮人が日本人同様納税義務を果たしていながら民族教育への保障が何もないことの矛盾、商工会に対する日本当局の横暴を許してはならないなどと口を揃えた。
 最後にあいさつを行った朴敬萬副会長は、とても貴重な話をたくさん聞くことができたと述べながら、これからも互いに理解を深めることの大切さと、総連組織と在日同胞への協力と支援を訴えた。【愛媛県商工会】
[朝鮮新報 2008.11.10]



■西日本新聞

【ブログ等の批評】
堤清二氏と西日本新聞 (葦書房、葦レポート2号)
国民投票法案成立の報道でも護憲左翼擁護の西日本新聞 (なめ猫♪氏のブログ)
在日の方々が「迫害やめて」と街頭活動 (国民に知らせ隊)
【社説】
給付金所得制限 地方へ責任を転嫁するな (平成20年11月14日)
定額給付金 疑問と不信に耳を澄ませ (平成20年11月12日)
前空幕長招致 「組織ぐるみ」なら危うい (平成20年11月12日)
空幕長論文 あきれ返る「侵略」正当化 (平成20年11月3日)
首相会見 総選挙先送り・色あせる「解散カード」 追加経済対策・どこまで効果が及ぶのか (平成20年10月31日)
西日本新聞社説一覧
【記事】
河村建夫官房長官は14日午前の記者会見で、在職中の不祥事が退職後に発覚した国家公務員から退職金を強制的に返納させるため、
国家公務員退職手当法改正案をとりまとめる方針を表明した。来年の通常国会に提出する。
歴史認識に関し政府見解を否定する論文を発表し更迭された田母神俊雄・前航空幕僚長が定年退職となり、退職金を受け取ることに対する批判も念頭にあるとみられる。
前防衛事務次官の守屋武昌被告(収賄罪などで公判中)の汚職事件など国家公務員の相次ぐ不祥事を受け、総務省の有識者検討会が6月にまとめた報告書に沿った措置。
河村氏は具体的な内容について
(1)懲戒免職など処分を受ける行為が退職金支給後に発覚した場合、返納を命令
(2)該当する元職員が死亡した場合は遺族に対し返納を求める-などと説明した。
  • 国籍法改正関連の記事を不掲載(平成20年11月19日)

北海道新聞

国旗に違和感を覚えたのは北海道新聞の記者では (私の主張 ひとりの日本人としてblog)

北海道新聞の上層部が、道警の「裏金」を仕切っていた元幹部に密かに接触。この元幹部の提訴(名誉棄損訴訟)を事前に止めさせるため、酒席に誘い、顧問就任まで打診していたというのだ。しかも、元幹部の翻意は無理と判断した道新上層部は、法廷外での和解による「出来レース裁判」まで提案していた、とされる。こうした懐柔工作の詳細な内容を記した元幹部の「陳述書」や「面談記録」などは厚さ10センチに達するという。
周知のように、道新は平成15年から16年にかけて道警の「裏金」を追及し、大きな社会問題となった。後に取材班は新聞協会賞も受賞している。その道新が何故、このような「信じ難い愚挙」に出たのか。
本誌の取材に応じたある全国紙社会部記者は次のように解説してくれた。「道警に徹底的に調べられた道新は何かを握られてしまった、としか考えられない。ある時期から完全に形勢が逆転している。勇名を馳せた〝裏金取材班〟もすでに解体し、そのほとんどがまったく関係ない部署に飛ばされています」

北海道新聞対北海道警察の泥沼 (大日本セキュリティ総合研究所blog)

北の朝日新聞と呼ばれる社説を紹介


卓上四季(平成22年3月21日)http://www.hokkaido-np.co.jp/news/fourseasons/221840.html

和の国
経済政策がうまくいかなかったからと、北朝鮮の幹部が銃殺されたらしい。金正日総書記の側近だ。不満の矛先が独裁体制に向かわぬよう、詰め腹を切らされたようだ▼デノミが失敗した。人々は飢えている。トップが決定にかかわっていないはずはない。だが側近を身代わりのように処刑する。民の命の軽い国で、一般の人々はどんな目に遭っているのだろうか▼拉致問題や核開発など、何かと乱暴で物騒な国である。だがそのことと、高校授業料の無償化から朝鮮学校を除外することとは次元が違う話だ。政府は無償化の結論を先送りした。学校に不明な点があるなら、話を聞けばいい▼生徒は高体連などのスポーツ大会に普通に出場している。卒業生は多くの大学の受験資格もある。国連の人種差別撤廃委員会は、教育の機会提供への差別に懸念を示した。子供らが学ぶ場に分け隔てはふさわしくない▼札幌の朝鮮学校の生徒がこの問題でチラシを配った。受け取りを拒否する人も多く、目の前で投げ捨てる人もいたと、先日の紙面で読んだ。「怖いですが、親が学費で苦労しているのでがんばります」。16歳の言葉は胸に痛い▼自他の国の人々を悩ます独裁者への批判は当然だが、子供を差別的に扱い、まして怖い思いをさせてどうなるのか。かの国になくて日本にあるのが民主主義だ。寛容と平等を示せなければ「和の国」が泣こう。

■HBC北海道放送

北海道新聞系列。ラジオで道新ニュースを放送している。
第60回(2009年)さっぽろ雪まつり-HBC大韓民国広場-雪像データのウェブサイトで、
「韓日両国」「独島(日本名=竹島)」などと表記した件について抗議を受け、訂正。
訂正前の魚拓 http://s04.megalodon.jp/2009-0131-1219-08/www.hbc.jp/snowfes2009/data.html
現在 http://www.hbc.jp/snowfes2009/data.html
J-CASTニュース記事 http://www.j-cast.com/2009/02/05035463.html

中日新聞

お馴染みデムパ記者:清水孝幸が「日本が北朝鮮に重油提供しないので拉致問題が解決しない」と報道→記事は即日webから削除
日本は拉致問題を理由に、支援の提供を見送り、豪州など6カ国以外の国がその分を肩代わりする方向だが、6カ国協議での日本の発言力低下につながり、かえって拉致問題の解決にも悪影響を与えかねない。
その拉致問題も8月の日朝実務者協議で、北朝鮮が調査委員会を設置し、今秋までに調査結果をまとめることで合意したものの、北朝鮮は延期を通告。暗礁に乗り上げたままだ。
(北京で、清水孝幸)
(中日新聞 2008年12月8日 朝刊)

東京新聞

若い世代に自分の暮らしと政治とのつながりを知ってもらう-。そんなうたい文句に誘われ、都内で開かれた討論イベント「格差時代の夜明け前」(NPOカタリバ主催)を聞きに行った。
 「大人」の代表として国会議員と学者、政治記者、「若者」代表として学生やフリーターらが壇上に並び、政治や格差問題を議論。学生や二、三十代のサラリーマンら約四百人が熱心に耳を傾けた。
 盛り上がってきたところで、突然、若者側代表の一人が「議論がかみ合っていない。(大人側の話は)言葉が難しく分からない」とかみついた。会場からも「そうだ」との声があがった。
 大人側の発言は、私たちがふだん記事を書くときに使う表現とそう変わらない。むしろ、意識的に分かりやすく話していたと思っていた。それが若者には通じないのだ。この感覚のズレは何なのか。政治記事が若者に読まれないのも無理はないと、衝撃を受けた。
 さらに司会者が会場に「マスコミの報道は信用できるか」と問うと、大半がノー。討論会に参加する若者は政治に関心があるはずなのに、政治記事を理解できず、信用もしていない。そんな現実を突きつけられた。
 ただ、救いもあった。「次の衆院選に必ず行くか」との司会者の問いには、参加者のほとんどが行くと答えた。投票の判断材料を提供するのは私たちの仕事だ。どう若者の心に届く記事を書くか。難しい宿題をもらった。 (清水孝幸)
で、「大人」側の代表ですが・・・・・
 ●宮台 真司 氏  / 首都大学東京教授 ← (^-^;)
 ●廣岡 守穂 氏  / 中央大学教授 
 ●吉田 俊実 氏  / 東京工科大学
 ●山口 二郎 氏  / 北海道大学教授
 ●早野 透 氏   / 朝日新聞 ← (^-^;)
 ●山田 厚史 氏  / 朝日新聞 ← (^-^;)
 ●川戸 恵子 氏  / TBS ← (^-^;)
 ●与良 正男 氏  / 毎日新聞 ← (^-^;)
 ●鈴木 寛 氏   / 民主党 ← (^-^;)
 ●鈴木 恒夫 氏  / 自民党 
 ●福島 みずほ 氏 / 社民党  ← (^∀^;)
 ●露木 順一 氏  / 神奈川県開成町 町長
 ●駒崎 弘樹 氏  / NPO法人フローレンス代表

朝鮮学校の言い分を一方的に記事として掲載


(その時の記事)
ことの発端は、京都市の児童公園を朝鮮学校が約50年間不法占拠していた事から始まる。( 動画 1
  ・サッカーゴール、朝礼台の無断設置(ゴールが倒れることにより危険、公園は球技禁止)
  ・スピーカーの無断設置(素人配線の為に漏電の危険性あり)
  ・朝鮮学校生徒の使用により近隣の子供達が使用できない
  ・隣接の工事現場にサッカーボールが飛び込むなど危険な行為が行われている…等

  朝鮮学校のような怪しげな所に近隣住民がクレームをつけられるはずもなく、実態はそれをいいことに不法使用し放題であった。2009年12月4日「在日特権を許さない市民の会関西支部」「主権回復を目指す会関西支部」は京都市緑地管理課の許可をもらいそれらを撤去(朝鮮学校へ返却)しようとした。その時の動画⇒( 動画 1 2

   「アサヒる」 問題点
  ・公園を不法占拠し、危険なスピーカーなどを無断設置するなどの違法行為を擁護。(朝鮮学校側は許可をもらっていたとのことだがその事実はない)
  ・朝鮮学校側の意見のみを主に取り上げ、市民団体側の意見はわずか数行しか取り上げない。
  ・この撤去騒動の直後、「主権回復を目指す会関西支部」中谷氏に 殺害予告文 が送られるが、東京新聞はそのことを掲載せず。
  ・騒動の内容(事実)が新聞記事と異なる。(不況による民族差別、子供にむかって声を荒げるような内容等)
  ・そもそも記事の内容にでたらめが多い。(日本人の子供も通学の表記→事実上不可能。捏造の「チマチョゴリ切り裂き事件」引き合いにだす等)



■新潟日報


■岐阜新聞


■京都新聞


■信濃毎日新聞


■熊本日日新聞


■下野新聞

 反日マスコミである「毎日新聞」と提携

■神奈川新聞


 朝日新聞、沖縄二紙も真っ青の偏向ぶり。一体どこの国の新聞社なのだろうか?





■ご意見、情報提供


  • 千葉日報ってどう? -- ボクオーン (2013-02-20 18:13:39)
  • 信濃毎日新聞とってます。長野県内で6割がたがこれです。主筆が朝日新聞から来たそうで左巻きな記事がたまに載ったり、ハングル語講座があります。お悔やみ欄が必要だからこんな新聞でもを取らざるを得ないんです。 -- しげ (2013-05-07 11:34:15)
  • 国民の知らない反日の実態サイトの運営は工作員で在日が作ったサイトだから注意。安倍麻生や自民党の都合が悪い書き込みページ編集したら削除しやがったし。しかも悪禁にしてページ編集できなくなったし、ウェブ魚拓に記録して残しといてよかったhttp://megalodon.jp/2013-0504-0714-45/www35.atwiki.jp/kolia/pages/134.html 見てみなw証拠写真のURLや動画まで完璧にあるのに削除するとかこわくね?悪魔統一教会信者確定じゃん。 だからURLがこのサイト、コリアとか書いてあるじゃん。韓国意味じゃんw運営が在日だとすべてのページがデマや嘘の情報で都合よく洗脳してるかもしれないから、このサイトはもう見ないほうがいいと思う。安倍麻生自民党書かせてくれれば別だけど。おいらのブログにもまとめといたから最初の2ページさえ見とけば、もう騙されることはないと思う^^ http://ameblo.jp/gnkx29/ -- 名無しさん (2013-05-07 20:41:01)
  • KBS京都は毎日のように韓ドラ放送だ。 -- p (2014-04-02 21:54:54)
  • 山形新聞は毎日新聞の系列で配達されていることは知っていましたが、毎日系列の論調をそっくり受け継いでいます。2014年2月の時点では社説に「在日韓国人を差別するヘイトスピーチたち」を扱っていたことからも伺えます。 -- 名無しさん (2014-04-20 20:10:06)
  • 工作員と書いている方の別の情報源を見たところ、明らかな反日精神を持つものだという印象を受けました。注意しましょう。 -- 名無しさん (2014-04-20 20:12:25)
  • 愛媛新聞の購読を止めてから目覚めました!愛媛新聞社の社員はモラルに欠ける人が多く、社員に甘い体質で社員は何をやってもクビにならないんじゃないでしょうか。内容も薄い屑新聞です。 - 名無しさん 2014-05-05 07:18:50
  • 和田アキ子 - 名無しさん 2014-05-15 11:23:45
  • 埼玉新聞はどういう論調なんでしょうか?気になります - 埼玉県民です 2014-05-15 11:31:16
  • テクノロジー犯罪被害を新聞に載せてほしいです。被害者は1400人NPOテクノロジー犯罪被害ネットワークの検索してください 電磁波、超音波 - 名無しさん 2014-07-13 15:18:15
  • NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク検索してください 電磁波、超音波、目に見えない媒体を用いて個人攻撃 不特定多数につきまとい、嫌がらせ 映像被害、音声周波数による24時間声被害があります。警察へ行っても、被害を認める現状証拠がありません。音声ではやつらの音源は撮れています。原因は「私を若い、ポニーテールの髪、バイクに乗る姿」を追ってのことです。年齢など知らずに勝手に「メールがほしい ヘルパーになってもらおう」との企みからの被害です。日常すべてにかんしての監視と覗き「風呂、トイレ、着替え、生活体験、身障者が体験する足・うで・手などやつらがないものを体験したい・・」との目的です。字もろくに読めない。長い文章は代理が読む メール、パソコン内容、電話の邪魔、仕事の邪魔、体 特に女性部分に被害だし快楽を体験するらしい 体の反応を画像で見て「いいべ」と確認する じじいの集団 神奈川県横浜市戸塚区ひらど1-13-2ヴィラニシヤママンションでの出来事 たった3日で嫌になり引っ越ししましたが、ここでも被害が続いて銚子に乗っています。被害は日本では少ないですが、毎月被害者が増えています。先月は8人、今月は10人他にもいるでしょう。マスコミに取りあげてもらいたい NPOにも確認できます。マスコミで取り上げてください のさばったまま被害は嫌です。負けません。 - 名無しさん 2014-07-13 15:34:13
  • 神奈川新聞も入れて下さい。もう朝日並みの売国度ですから - 名無しさん 2014-08-11 14:20:52
  • 北海道の田舎である釧路新聞もヤバイです。 - 釧路市民より 2015-02-20 02:12:16
    • 追加です。釧路新聞は創価学会の記事が時々見受けられます。基地外新聞社! - 釧路市民より 2015-02-20 02:15:16
  • 地方紙もひどいものですが、我が郷土、土佐の高知の高知新聞も、反日サヨク度では負けておりません! - 土佐 2015-04-17 09:12:27
  • 西日本新聞もこれまた酷い。集団的自衛権の記事に関しては民主党の批判しか掲載されておらず。わざわざな3面6面21面にもくどくどと。 - 名無しさん 2015-05-30 22:26:01
  • 京都新聞の論調も酷いです。自分の子供さえ大切に出来ない瀬戸内寂聴ごときのコメントをまるで天の声であるかのように掲載して情弱を洗脳してようとしています。京都新聞関係者に天罰が下ることを心より祈念いたします!!! - 名無しさん 2015-07-22 19:43:47
  • 中国新聞は相当酷くなっている。原爆投下70年の節目と集団的自衛権を絡めて安倍は戦争をしたがっている、また戦争になると政権批判のオンパレード。社説でも先の侵略(?)を認めよ、韓国を植民地(?)にしたのだから70年談話に謝罪の文言を入れよ、など吐き気のする紙面となっています。政権転覆を目論む反政府組織SEALDSも普通の若者として度々紙面に登場しています。毎朝この新聞を読む広島の人間はどんどん左まわりに回転しそうです。「あやまちはくりかえしませぬから」を容認する市民感情はまさに恐怖です。 - 広島人 2015-08-08 09:02:05
  • 鹿児島県の南日本新聞もパヨク偏向してます。 - 鹿児島県民 2016-11-27 09:54:03
  • 埼玉新聞って大丈夫かな・・・ - 名無しさん 2017-03-20 22:25:09
  • 西日本新聞は相変わらず慰安婦像を「少女像」と書く。政府の方針には知らんぷり。西日本新聞から真実を得ようと思っていないけど、逆にネットの記事と比較検証してその偏向ぶりを確認するのが面白くなってきました。 - 福岡県民 2017-06-07 00:24:39
名前:




|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

このページのアクセス数
総数 -
昨日 -
今日 -
wiki全体のアクセス数
現在 -
現在時刻
2017-09-22 22:49:29 (Fri)
最終更新日時
0000-00-00 00:00:00
総ページ数 2142




タグ検索 :



真実周知ポスティング
現在の総ポスティング数
報告フォーム
詳しくは→ こちら



  基礎情報  

日本を良くする







  サイト運営  

サイト編集









周知活動





抗議・その他活動




  政党・政治家 

監視所



政治家関連







民進党









自民党








その他政党








立法・行政・司法・
経済・安全保障










 歴史問題・外交 

歴史問題




外交問題








  マスコミ  
















 反日主義 




 愛国・親日 



 保管庫・その他  






主要連動サイト



【現在のランキング】

取得中です。