保守系勢力リスト

このページはまだ不完全です! そのため編集してくださる有志を募集しています。御協力御願い申し上げます。
我々と共に戦っている全国の愛国者達

<目次>

■1.(日本以外の)国家

参照:親日国
愛国勢力 関連ページ 補足説明
親日国家
1 パラオ パラオが親日である理由・根拠(外部サイトに移動します)
2 台湾(中華民国) 台湾が親日である理由・根拠(外部サイトに移動します) 本省人(台湾人)は概ね親日的、外省人(中華民国の中国人)は概ね反日的(ただしレイニー・ヤン氏などの例外あり)。ただし、政権が変わってしまった為最近は反日化しているとの情報も有る。しかし、それでも現在の国民党支持率は急激に悪化しており、やはり親日である可能性が高い。(*)
(*)現政党(共産党よりの)馬党が政治主体で反日政策を掲げているが、基本的に教育が反日ではなく、インターネットなどの情報規制もない。また反日的気運が高まっても、多くの台湾人たちは大陸の独裁政党たる共産党の政治姿勢に対する反対や台湾自体の独立を望んでいるので、極端な反日に傾倒することはない。)
3 その他 世界から見た日本
親日国
特定アジア三国以外のほとんどの国(アジア地域以外にも存在)は比較的親日的。代表例はインド・マレーシア・シンガポール・インドネシア・ミャンマー・モンゴル・フィリピン・トルコ・ポーランド・マダカスカル等。日本が世界に「良い国である」と思われているのは間違いない事実。

■2.国内の党派

愛国保守党派
両勢力が混在する政党
1 自民党 自民党の真実 約2割が売国左翼、約8割が愛国保守、自民党の誰が愛国・売国かは愛国議員リスト売国議員リスト参照
2 民進党 民主党の正体 約8割が売国左翼、約2割が愛国保守、民進党の誰が愛国・売国かは愛国議員リスト売国議員リスト参照
3 創生「日本」 旧名称は「真・保守政策研究会」。最高顧問・平沼赳夫、会長・安倍晋三の超党派保守系グループ。保守勢力の再結集を掲げる。 公式サイト

■3.民間団体

民間愛国団体
番号 団体名 リンク 概要
1 日本会議 公式サイト 保守・右派系の政財界や文化人の団体であった「日本を守る国民会議」と保守・右派系の宗教団体の連合であった「日本を守る会」とが統合し、平成9年5月30日に結成された日本最大の民間保守団体。美しい日本を守り伝えるため、「誇りある国づくりを」を合言葉に、提言し行動している。
なお前身の「日本を守る会」は、紀元節(建国記念日)復活や元号法制化に貢献した実績を持つ。
日本協議会・日本青年協議会 公式サイト 昭和45年に結成。「日本会議」の事務総長である椛島有三氏が会長を務める、「日本会議」の母体と言える団体。
因みに「日本会議」と「日本協議会・日本青年協議会」の両者は所在地住所も同一である。また「日本青年協議会」は「日本を守る国民会議」の事務局を担っていた。
全日本学生文化会議 公式サイト 「『行動し、体験し、思索する』をモットーに、次代の日本を担う若者を輩出している。おもに首都圏、東海、近畿、九州の学生が所属しており、大学生ならではの活動を行っている。」
この団体も「日本会議」や「日本協議会・日本青年協議会」と所在地住所が同一である。なお「日本協議会・日本青年協議会」と「全日本学生文化会議」は共にWebサイトでは所在地住所を明らかにしていないが、両機関が発行しているチラシ(PDFファイル)にはそれらが記載されている。
2 日本政策研究センター 公式サイト 昭和59年(1984)設立。「民間のシンクタンクとして、自由民主党所属国会議員、各種の議員連盟・政策グループに対する政策アドバイスを行っている。」
代表の伊藤哲夫氏は安倍総理のブレーンとされる人物で、「日本会議」の政策委員も務めている。
3 日本文化チャンネル桜 公式サイト 保守・右派系テレビ番組制作会社。
賛同者名簿には日本会議事務総長の椛島有三氏や日本政策研究センター代表の伊藤哲夫氏も名を連ねている。
ただし、トンデモ理論である「親学」を推奨する立場であり(「親学」の提唱者である高橋史朗氏が5人の設立発起人のうちの1人として名を連ねている)、こと医療や科学については、ワクチン否定など陰謀論がベースの主張や間違った内容が多く気をつけるべき。
4 日本青年会議所
( J unior C hamber International Japan:日本JC)
公式サイト 愛国アニメ「誇り~伝えよう日本のあゆみ~」を製作。他にも様々な活動。
関連サイト: グローバルリーダー育成塾
5 自由主義史観研究会 公式サイト 司馬史観の影響もあるが、「明治善玉昭和悪玉論」等に染まっていない。
6 新しい歴史教科書をつくる会 公式サイト
7 在日特権を許さない市民の会
(在特会)
公式サイト
8 日本女性の会 そよ風 公式サイト 女性が主の愛国団体(男性は支援隊として入会可能)。
9 平成総合戦略研究所
(平河総研)
公式サイト 趣旨は理解できるが、メールマガジンなどの映画評価など反日左翼の『日本軍の横暴』などで部分的に甘く、反米保守の要素もあり要注意。
10 日本国体学会 - 国家なき時代を領導する 公式サイト
11 日本赤十字社 公式サイト
12 公益社団法人 国民文化研究会 公式サイト

■4.宗教団体

愛国宗教団体
完全に正当な愛国宗教団体
1 神社本庁
(神道)
公式サイト 日本固有の伝統宗教であり、皇室のご祖先にあたる天照大御神を初めとする八百万(やおよろず)の神々を祭る。
なお二百四十六万六千五百三十二柱のご英霊の祀る靖国神社は戦前に陸・海軍省の管轄だった経緯から本組織に包摂されない特殊な神社であり、神社本庁は靖国神社奉賛会に加盟してこれを奉賛している。
2 宗教法人 国柱会 公式サイト
基本は愛国的だが、その思想がやや特殊な宗教団体
1大本教 公式サイト 正式名称「大本」。1892年(明治25年)出口なおにより立教。なおの娘婿である出口王仁三郎の下で教義に国体論と皇道論を取り入れて民衆の支持を集めたが、大東亜戦争終戦以前は国からの弾圧をうけた。特殊な思想を持つ。

■5.雑誌

※五十音順
保守論壇誌
誌名 出版社 創刊年 概要
WiLL ワック・マガジンズ 2004年11月
月刊日本 K&Kプレス 1997年4月
国体文化 日本国体学会 1926年2月
正論 産業経済新聞社 1973年11月
SAPIO 小学館 1989年5月
新潮45 新潮社 1982年
ジャパニズム 青林堂 2011年4月
SPA! 扶桑社 1988年6月
中央公論 中央公論新社 1887年
Hanada 飛鳥新社 2016年4月
表現者 MXエンターテインメント 2005年6月
文藝春秋 株式会社文藝春秋 1923年1月
Voice PHP研究所 1977年12月
歴史通 ワック・マガジンズ 2009年3月


■6.有名人・大学教授・映画

愛国芸能人・有名人・大学教授・映画・スポーツ
1 愛国映画 優良映画リストを参照。
2 愛国芸能人・有名人 愛国有名人親日外国人を参照。
3 愛国大学教授 愛国教育者を参照。

■7.民間企業(報道機関を含む)

愛国企業保守系マスコミリストを参照


■8.その他

その他 ネット右翼
愛国ブログについてはリンク集又は外部wikiの 愛国保守リンク集 ブログ をご覧下さい。

■9.ご意見、情報提供、コメント

↑上記リストに記載されていない愛国団体がありましたら、宜しければ追加してください。御協力御願い致します。
 また、リストに追加をして頂く際には(見やすくする為)各愛国団体の名前の前に番号を振ってください。
 なお保守系サイトか工作サイトかの判定が必要な場合は、工作サイト判定所をご利用下さい。
  • 元ページ「保守系勢力リスト
  • 「頑張れ日本!全国行動委員会」は? -- 名無しさん (2014-10-31 19:40:22)
  • このブログもお忘れなく→ http://ryotaroneko.ti-da.net/ -- 名無しさん (2015-03-15 22:47:20)
  • 政党に次世代の党を加えるべきではないでしょうか? -- 名無しさん (2015-09-08 06:15:49)
  • 当サイト既存ページに批判的記述のある勢力がいくつか追加されていたため削除、この他にも休眠団体などの削除を実施。 - 名無しさん 2016-10-02 19:18:24
  • 右派も左派もその中心は中高年ばかりという点では一致している。論壇誌の投書欄を見れば一目瞭然。「シルバー民主主義」とはよく言ったものである。 - 名無しさん 2016-10-29 21:40:07
  • 活動が一年以上途絶えている団体は削除した方が良いのでは - 名無しさん 2016-12-06 11:28:57
  • 「日本会議」については、菅野完『日本会議の研究』扶桑社新書(2016年4月)、青木理『日本会議の正体』平凡社新書(2016年7月)、山崎正弘『日本会議―戦前回帰への情念』集英社新書(2016年7月)、などを参照。
    また、塚田穂高『宗教と政治の転轍点―保守合同と政教一致の宗教社会学』花伝社(2015年4月)や『日本会議の研究』の刊行の元になった菅野完氏の連載、「草の根保守の蠢動」も大いに参考になる。
    菅野完「草の根保守の蠢動」『ハーバービジネスオンライン』 https://hbol.jp/hbo_series_group_name/%E8%8D%89%E3%81%AE%E6%A0%B9%E4%BF%9D%E5%AE%88%E3%81%AE%E8%A0%A2%E5%8B%95 - 名無しさん 2017-01-31 01:17:08
    • 「日本会議」の他の参考文献は、上杉聰『日本会議とは何か―「憲法改正」に突き進むカルト集団』合同出版(2016年5月)、俵義文『日本会議の全貌―知られざる巨大組織の実態』花伝社(2016年6月)、菅野完ほか『日本会議をめぐる四つの対話』K&Kプレス(2016年12月)など。以下はウェブサイトの参考文献。
      小泉耕平「「日本会議」会長に著者・菅野完が反撃「どこが事実誤認なのか? 公開討論を」」『〈週刊朝日〉|dot.ドット 朝日新聞出版』2016/7/6 ttps://dot.asahi.com/wa/2016070500156.html
      BLOGOS編集部編「日本会議とは“ニッポンのオッサン会議”だ~菅野完氏がメディアの報道に指摘」『BLOGOS』2016年07月20日 ttp://blogos.com/article/184105/
      岡田仁志編「「日本会議」は政権を牛耳る黒幕なのか?<新春対談4>菅野完/古谷経衡」『幻冬舎plus』 2017.02.08 ttp://www.gentosha.jp/articles/-/7206
      岡田仁志編「憲法改正の本丸は9条ではない?<新春対談4>菅野完/古谷経衡」『幻冬舎plus』 2017.02.14 ttp://www.gentosha.jp/articles/-/7207
      岡田仁志編「なぜ「今上天皇一代限りの特例法」の結論先にありきなのか?<新春対談4>菅野完/古谷経衡」『幻冬舎plus』 2017.02.21 ttp://www.gentosha.jp/articles/-/7208 - 名無しさん 2017-03-12 16:27:17
    • 要するに保守の行動理念って「女、子ども・若者と外国人は黙ってろ」ってことだろうか。それくらいしか一致点を見出す事が出来ない気がする。 - 名無しさん 2017-06-09 21:13:33
名前:

ブログランキング応援クリック

当ページが役に立った!という方は
ブログランキング応援クリックをお願いいたします。(一日一回のみ有効)

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|