豊川信用金庫事件の正体

クレーマーの脅威で資本主義の根幹を揺るがしかねない恐ろしい事態をシミュレーションする


<目次>


豊川信用金庫事件

■はじめに

当サイトは沖田事件の正体を作成して掘り下げましたが、しかし児童ポルノ法改正案人権擁護法案著作権法改正案といった治安維持法的性質のある法律案が通った時、その沖田事件を引き起こしたようなクレーマーの脅威で、豊川信用金庫事件が発生した当時のような常軌を逸した社会不安が長期化しますと、やがて瑣末な噂話を震源地として、取り付け騒ぎを誘発させてしまいます。
またモンスター従業員やモンスターペアレント、モンスターチルドレンによる治安維持法的性質のある法律案の悪用三昧で、企業や学校が崩壊し、そのために金融機関の融資が焦げ付き、その事実を知った預金者のパニックが発生して、結果同様に取り付け騒ぎが発生してしまいます。
取り付け騒ぎが発生したら、当然資本主義社会が麻痺してしまい、そこから端を発した金融恐慌が発生してしまいます。
この事件はデマがパニックを引き起こすまでの詳細な過程が解明された珍しい事例であるため、心理学や社会学の教材になることも多いことから、当サイトにおいては日本において治安維持法的性質のある法律案が通った時、いかなる混乱が起こるか、ということが参考にできる重大な事件です。
当ページは、万が一治安維持法的性質のある法律案が通った時、クレーマーによって安全保障を脅かすことをシミュレーションするべく掘り起こします。


■当ページの意義

豊川信用金庫事件は常軌を逸した社会不安の中で、瑣末な噂話を震源地として発生した取り付け騒ぎ事件です。
今の日本において治安維持法的性質のある法律案が通った時、「世界経済を破壊する」と「表現規制問題のしくみ」にて警告した理由は、今の日本は 世界屈指のクレーマー として通っていることから、万が一治安維持法的性質のある法律案が通った時、安全保障を揺るがすほどの国難に陥ってしまうのです。
事実情報単純所持禁止・罰則化が制定されている地域においては、企業に対する恐喝に悪用されているなどデメリットが指摘されています。
ともすれば沖田事件を起こすほど、常軌を逸したクレーマー社会となってしまった今の日本で治安維持法的性質のある法律案が成立した場合、世界経済に甚大なる打撃になるほどのパニックや日本の安全保障を脅かしてしまう恐れがあります。

■事件概要

豊川信用金庫事件(とよかわしんようきんこじけん)は、1973年12月、愛知県宝飯郡小坂井町(現・豊川市)を中心に「豊川信用金庫が倒産する」という噂(デマ)から取り付け騒ぎが発生し、短期間に約26億円もの預貯金が引き出された事件。
警察が信用毀損業務妨害として捜査を行った結果、女子高生の雑談をきっかけとした自然発生的な流言が原因であることが判明した。デマがパニックを引き起こすまでの詳細な過程が解明された珍しい事例であるため、心理学や社会学の教材になることも多い。

  • 1973年12月8日(土)、下校中の飯田線車内で、豊川信用金庫に就職が決まった女子高校生Aを、友人B・Cが「信用金庫は危ないよ」とからかう。この発言は同信金の経営状態を指したものではなく、「信用金庫は強盗が入ることがあるので危険」の意味で、それすら冗談であったがAは真に受けた。その夜、Aから「信用金庫は危ないのか?」と尋ねられた親戚Dは、信用金庫を豊川信金だと判断して同信金本店の近くに住む親戚Eに「豊川信金は危ないのか?」と電話で問い合わた。
  • 9日(日)、Eは美容院のFに、「豊川信金は危ないらしい」と話した。
  • 10日(月)、Fが親戚Gにこの話をした際、居合わせたクリーニング業Hの耳に入り、彼の妻Iに伝わる。
  • 11日(火)、小坂井町の主婦らの間で豊川信金の噂が話題となり、通りがかりの住民の耳にも入る。この頃、噂は「豊川信金は危ない」と断定調になる。
  • 12日(水)、街の至るところで、豊川信金の噂の話題が持ちきりとなる。
  • 13日(木)、Hの店で電話を借りたJが「豊川信金から120万円おろせ」と電話の相手に指示した。Jは噂を全く知らず、ただ仕事の支払いで金を下ろす指示をしただけだったが、これを聞いたIは同信金が倒産するので預金をおろそうとしていると勘違いし、慌てて同信金から180万円をおろした。その後、H・Iは知人にこの話を喧伝、これを聞いたアマチュア無線愛好家が、無線を用いて噂を広範囲に広める。この後、同信金窓口に殺到した預金者59人により約5000万円が引き出される。同信金小坂井支店に客を運んだタクシー運転手の証言によると、昼頃に乗せた客は「同信金が危ないらしい」、14:30の客は「危ない」、16:30頃の客は「潰れる」、夜の客は「明日はもうあそこのシャッターは上がるまい」と時間が経つにつれて噂は誇張されていく。
  • 14日(金)、事態の収拾のため、同信金が出した声明が曲解され、パニックに拍車が掛かる。その後、「職員の使い込みが原因」、「理事長が自殺」という二次デマが発生し、事態は深刻化する。
  • 信金側の依頼を受け、マスコミ各社は14日の夕方から15日朝にかけて、デマであることを報道し騒動の沈静化を図る(新聞の見出し:「デマ、5000人を走らせる」・「デマで取り付け騒ぎ」)。
  • 15日(土)、大蔵省東海財務局長と日本銀行名古屋支店長が連名で同信金の経営保障をする。自殺したと噂された理事長自らが窓口対応に立ったことも奏功し、事態は沈静化に向かう。
  • 16日(日)、警察がデマの伝搬ルートを解明し、発表する。

■事態がパニックに発展した要因

こうして伝言ゲーム式にデマが形成され、事態がパニックに発展した理由として、次のような要因が存在した。

事件が発生した1973年当時、10月にはトイレットペーパー騒動が発生するなど、オイルショックによる不景気という社会不安が存在し、デマが流れやすい下地があった。
口コミで情報が伝わるうちに、情報が変容した。
事件の7年前の1966年、小坂井町の隣の豊橋市の金融機関が倒産するという事件があり、出資者の手元に出資金が殆ど戻ってこないという大きな被害を与えていた。デマの伝播経路の中のクリーニング業のHもこの7年前の倒産被害者であったため、善意で周囲の人間にデマを広めてしまった。
こうした背景をもつHの目の前で、Jが大金をおろすよう妻に指示したため、デマがリアリティを獲得し、パニックの引き金となった。
狭い地域社会の中で、「交差ネットワークによる二度聞き効果」(別々の人から同じ情報を聞くことで、それに信憑性があるものと思い込んでしまう現象)が発生した。
このような結果、事態は大きく悪化することになった。

■ここからクレーマーの脅威を知る

この豊川信用金庫事件の震源地は、就職先が決まった女子高生同士の他愛もない会話でしたが、話がだんだん広まって、かつ常軌を逸した社会不安がバックにあって、話に羽が生えてデマがデマを作って、地域全体にパニックが広まってしまったのです。
女子高生同士の他愛もない会話が震源地で取り付け騒ぎが起きてしまったのですから、クレーマーによって児童ポルノ法改正案人権擁護法案著作権法改正案といった治安維持法的性質のある法律案の悪用三昧の結果、常軌を逸した社会不安を量産させ、結果パニックを誘発させるデマの量産を招いてしまいます。
そのパニックの矛先が金融機関や金融機関の大口取引先に向かった場合、「(XX銀行が)危ない!」という情報が井戸端会議やツイッターなどで拡散されてしまい、これを知った預金者がパニックとなり、取り付け騒ぎが起きてしまいます。
オイルショック が発生した時、トイレットペーパーの買い付け騒動発生しましたが、その原因も「紙がなくなる」というデマ情報が流布されたことです。

もしもクレーマーによって児童ポルノ法改正案人権擁護法案著作権法改正案といった治安維持法的性質のある法律案の悪用三昧がなされた場合、以下のことが予想されます。
  • 「三菱」と付く企業でクレーマーによって グリコ・森永事件 のような恐喝事件が発生した場合→「三菱がつぶれる」といううわさが流れる→「三菱東京UFJ銀行がつぶれる」といううわさに化ける→三菱東京UFJ銀行にて取り付け騒ぎが発生
  • 日立製作所 にクレーマーが治安維持法的性質のある法律案の悪用→日立製作所の株主のパニックを誘発→日立製作所の株価下落→ 東京証券取引所 にパニックが発生→相次いでストップ安の株式が発生→融資していた金融機関の経営に悪影響が出る→「XX銀行がやばい」というデマが発生→取り付け騒ぎが発生
  • 金融機関でモンスター従業員が自らを注意した上司を情報単純所持禁止・罰則化を悪用→それを見た同僚がパニックを起こして人材流出をする→これを見た預金者が「XX銀行がつぶれるかも」といううわさを流す→取り付け騒ぎが発生

■治安維持法的性質のある法律で三菱グループが崩壊する理由

【関連】 表現規制問題のしくみ
韓国人は広島の原爆にて被爆したことから、三菱重工業を恨んでいます。このような状態で児童ポルノなど情報単純所持禁止・罰則化はVANKなどにとって「渡りに船」となってしまいます。なぜならばそれを使って三菱重工業社員を次から次へと潰すことが出来るためです。
しかしその結果、三菱重工業のグループ銀行にしてメインバンクである三菱東京UFJ銀行の預金者に戦慄が走らないわけがありません。そうなれば三菱東京UFJ銀行で取り付け騒ぎが起きてしまい、そのとばっちりが三菱グループ全体に及びます。

■取り付け騒ぎ→安全保障上脅威?

【関連】中国に乗っ取られたオーストラリア 対馬侵略の正体
中国に乗っ取られたオーストラリア対馬侵略の正体をご覧になればおわかりくださると存じますが、主権侵害するのに何も軍事的侵略する必要性はないのです。経済的に支配しても主権侵害ができます。
取り付け騒ぎが起きたら、当然日本経済が弱っています。そこへ反日国の資本がなだれ込んでしまいます。
現在水利権を中国が買いあさっています。また韓国が電通を通じてテレビジャックをしています。それを考えたら、取り付け騒ぎが発生したら、ハゲタカファンドに乗っ取られ、反日国の資本の介入を許してしまいます。
安全保障を考えたら日本において、やたらと治安維持法的性質のある法律案がすんなり通すことは許されません。ましてや反日国の資本が日本の主要なライフラインを制圧したら、安全保障上脅威となります。

■あとがき

今の日本において治安維持法的性質のある法律案がすんなり通ったら、安全保障上取り返しのつかない経済的デメリットをもたらします。
それを考えたら児童ポルノ法改正案人権擁護法案著作権法改正案といった治安維持法的性質のある法律案を当サイトが反対する最大の理由は、安全保障上問題があるからです。
治安維持法的性質のある法律案の脅威を普く世間に拡散させることは、日本を護ることにつながります。
当ページがそれの引き金になれば、と切に願わずにはいられません。安全保障堅持のためにも。

■応援クリック

↓クレーマーの危険性を国民に広めたい方はクリック!

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

このページのアクセス数
総数 -
昨日 -
今日 -
wiki全体のアクセス数
現在 -
現在時刻
2017-03-25 16:52:35 (Sat)
最終更新日時
0000-00-00 00:00:00
総ページ数 2130




タグ検索 :



真実周知ポスティング
現在の総ポスティング数
報告フォーム
詳しくは→ こちら



  基礎情報  

日本を良くする







  サイト運営  

サイト編集









周知活動





抗議・その他活動




  政党・政治家 

監視所



政治家関連







民進党









自民党








その他政党








立法・行政・司法・
経済・安全保障










 歴史問題・外交 

歴史問題




外交問題








  マスコミ  
















 反日主義 




 愛国・親日 



 保管庫・その他  






主要連動サイト



【現在のランキング】

取得中です。