女子差別撤廃条約選択議定書の正体

女子差別撤廃の美名の下で日本の主権が侵害され、皇室の破壊に繋がる悪法の正体  

<目次>




■関連動画



■法案の要約

女子差別撤廃条約選択議定書の危険性

1.女子差別撤廃条約選択議定書とは?
個人や団体が国連女子差別撤廃委員会に訴えることのできる個人通報制度である。但し国内での救済を経てからではないと通報できない。

2.議定書を批准すれば確実に起こってくる問題
①非嫡出子の相続、夫婦別姓制度が差別であると、国が、国連女子差別撤廃委員会に訴えられる
②独立した人権擁護委員会設立が必要であると、国が委員会に訴えられる
③その他の人権条約、例えば、児童の権利条約等の議定書を批准する障害がなくなり、全ての人権条約の議定書が批准されてしまう

3.上記の問題の国内への影響
①非嫡出子、夫婦別姓の民法改正問題が再び起こり、わが国家族制度に大きな弊害をもたらす事態になる
②監視社会となるとして国民の中でも反対の多い人権擁護法案が再び浮上する
③その他の人権条約の議定書が批准されれば、例えば現在論議になっている不法滞在親子の問題は、「父母と共に生活する権利侵害」として国連に通報される。不法滞在者に在留特別許可を与えるか否かという国家の主権行使の問題が、児童の権利の問題にすり替えられてしまい、国家主権が侵害される。
④最高裁で敗訴しても、国連にその事柄について訴えることが可能となるため、わが国の司法制度は軽んじられ、司法権の独立を侵すこととなる。又、わが国の法律や制度を訴える訴訟が次々に起こされることが予想される

■女系天皇を容認させられる危険性を秘めている

天皇陛下についてをご覧いただいていただくとわかると思いますが、女系天皇容認=皇室の廃止に繋がります。
ある目的を持った個人、団体が女系天皇を認めないのは差別だと国連の女子差別撤廃委員会に訴えられればお終いです。
わが国の伝統と誇り、そして皇室を守るためにもこの選択議定書に批准することは断じて阻止しなくてはなりません。


■反日団体が支援


この法案を推進する主な団体

VAWW-NETジャパン→女性国際戦犯法廷の正体
部落解放同盟→反日工作員の正体
新日本婦人の会(共産党)→日本共産党の正体
日本女性差別撤廃条約NGOネットワーク 
代表世話人:山下泰子(国際女性の地位協会) 
福島瑞穂事務所→社民党の正体
反差別国際運動日本委員会(解放同盟) 
北京JAC 
「婚外子」差別に謝罪と賠償を求める裁判を支援する会 
mネット・民法改正情報ネットワーク   
均等待遇アクション21
国際女性の地位協会 
日本婦人団体連合会 
男女平等をすすめる教育全国ネットワーク   
ワーキング・ウィメンズ・ネットワーク 
大谷美紀子(弁護士で創価学会)→ 創価学会の正体
日本共産党女性委員会 
アジア女性資料センター 
女性の家HELP 
自由人権協会:上野さとし、宋恵淑、女性同盟:趙英淑、
朝鮮総連女性局:梁玉出→朝鮮総連の正体

■拡散《究極の要請:「女性差別撤廃選択議定書批准」請願の取り下げのお願いをしましょう!》

●与党国会議員から、次々に繰り返し国会に提出されている「請願」は、悉く「国体破壊」を内包した危険な法案です。

参議院選挙で「自分の選挙区以外のマイナス投票」が認められていたら、また違った民意が反映すると思っています。その発想で「請願取り下げのお願い」を、要請して戴きたいと思っております。

《「日本解体法案」反対請願.com》さんが、重国籍の「請願取り下げのお願い」のひな型をアップしてくれましたので、今通常国会会期末まで、根気よく淡々と請願を取り下げて頂けるようにお願いしてください。

また、外務委員会を見ますと、《第174回国会:321号・1件・82名『女性差別撤廃選択議定書の速やかな批准を求めることに関する請願』紹介議員:阿部知子衆議院議員》が、提出されています。
この議定書は、飢餓に苦しんでいる最貧国などに蔓延している、女性差別を救済することを目的に取り上げられた問題でした。
それぞれ長い歴史をもっている国々は、伝統と文化に裏打ちされており、国連で画一化された基準によって、判断されることに馴染まない案件もあります。

フランスで教室内でのスカーフ禁止を決めたことの軋轢は、イスラム教徒の女性への差別として国際問題になりました。


同議定書は、本国で審議が終了した問題でも、それに不平不満がある個人や団体が、直接、国連に通報できることを規定してあり、悪用される可能性があるのです。それは、最高裁判所以上の上級裁判所としての権限を、国連に委ねることになるからです。

我が国で、同議定書を支持している団体に、「女性国際戦犯法廷」を企画して昭和天皇に「有罪判決」を決議し、喜んでいた〔VAWW-NETジャパン〕や朝鮮総連女性局などが名を連ねています。

同議定書批准を求めているものの狙いは、皇室の廃止目的が隠されていると思っています。

仮に、「女系天皇を認めないのは女性差別だ!」と、裁判所に提訴して棄却された問題を、個人と団体が国連に通報し、国連から「女系天皇を認めないのは、女性差別にあたる」との、勧告を出されたときの混乱は、誰にでも想像できることなのです。

社民党・阿部知子衆議院議員は、神奈川県選挙区選挙の得票数約4万数千票で落選し、南関東ブロックの比例で救済当選された議員です。その支持者82名の請願が、「国民の声」にされたらたまったものではありません。

そこで、《「日本解体法案」反対請願.com》に同議定書の反対請願「ひな型」もアップされていますので、阿部知子衆議院議員に「請願取り下げのお願い」を要請して、阿部氏が獲得した約4万数千票と同数のFAXやメールが届いたら、それを民意として取り下げて頂ける可能性がありますので、宜しくお願いいたします。

《「日本解体法案」反対請願.com》意見書文例:「重国籍法案」の請願取り下げ要望書 *利用、改変可
http://sitarou09.blog91.fc2.com/
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-7.html


【ネットだけ転載フリー(写真不可)】ジャーナリスト・水間政憲

法案の要約、《「日本解体法案」反対請願.com》を参考にして、阿部知子衆議院議員に女子差別撤廃条約選択議定書批准反対のFAX、メールをお願いします。特にこの法案阻止には女性の声が必要です。お願いします。

■賛成・推進派議員

福島瑞穂(社民党)
土井たか子 (社民党)
又市征治 (社民党)
池坊保子 (公明党)
高木美智代 (公明党)
猪口邦子 (自民党)
阿部俊子 (自民党)
神本美恵子 (民主党)
小宮山洋子 (民主党)
円より子 (民主党)
菊池真紀子 (民主党)
水島広子 (民主党)

■慎重・反対派議員

西川京子 (自民党)
稲田朋美 (自民党)
馬渡龍治 (自民党)
赤池誠章 (自民党)
戸井田徹 (自民党)
西田昌司 (自民党)
林潤 (自民党)
稲葉大和 (自民党)

■稲田朋美議員 選挙区民から要望書は無視出来ない

自民党の稲田議員(弁護士)によると議員というのは自分の
選挙区の有権者からの要望というものは非常に重要で無視できない
天の声だそうです 

是非こちらのサイトで自分の選挙区の議員を参考にして
http://senkyomae.com/

結果として全議員に実施しないよう要望書(FAXもしくは手紙)を
だしてください 基本的に賛成でも反対でも自選挙区には出してください
(※出来るだけ目立つ郵送方法 大きな封筒や目立つ色の封筒を使う
と効果大です 後地元の消印が印刷される郵便はとても有効です)

※要望書には必ず同選挙区の有権者であることを必ず記載してください
※比例選出議員には反対しないなら比例で投票しないと記述してください
※期間をおいて複数枚送信してください
※特に女性の方反対意見をお願いします。
※この方法はかなりのゴリゴリ推進派議員にも効果があります
是非夫婦別姓や人権擁護法案などの他の売国法案にもご活用ください

※住所氏名年齢は匿名「奈良県奈良市 主婦 53歳」までで結構です

要望書は水間氏のサイト下部にPDFがあります 改編して使用してください
http://mizumajyoukou.jp/?Download

■応援クリック

↓女子差別撤廃条約選択議定書の危険性を国民に広めたい方はクリック!

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

このページのアクセス数
総数 -
昨日 -
今日 -
wiki全体のアクセス数
現在 -
現在時刻
2017-04-27 00:34:26 (Thu)
最終更新日時
0000-00-00 00:00:00
総ページ数 2131




タグ検索 :



真実周知ポスティング
現在の総ポスティング数
報告フォーム
詳しくは→ こちら



  基礎情報  

日本を良くする







  サイト運営  

サイト編集









周知活動





抗議・その他活動




  政党・政治家 

監視所



政治家関連







民進党









自民党








その他政党








立法・行政・司法・
経済・安全保障










 歴史問題・外交 

歴史問題




外交問題








  マスコミ  
















 反日主義 




 愛国・親日 



 保管庫・その他  






主要連動サイト



【現在のランキング】

取得中です。