日本の資源

<目次>

■メタンハイドレート

メタンハイドレートは日本近海の海底に多く存在する天然ガスです。
ジャーナリストの青山繁治氏曰く、アメリカや中国他、世界のいくつかの国は日本は隠れた資源大国だと言っているそうです。

そして、日本近海に眠るとされるメタンハイドレートを中国と韓国は狙っています。
韓国が領有を主張する竹島の周辺、中国が領有を主張する尖閣諸島周辺にもメタンハイドレートは沢山あると言われています。

メタンハイドレート(Methane hydrate)とは、メタンを中心にして周囲を水分子が囲んだ形になっている固体結晶である。 低温かつ高圧の条件下で、水分子は立体の網状構造を作り、内部の隙間にメタン分子が入り込み氷状の結晶になっている。 石油や石炭に比べ燃焼時の二酸化炭素排出量がおよそ半分であるため、地球温暖化対策としても有効な新エネルギーであるとされる。
メタンハイドレート-wikipedia

メタンハイドレート(Methane hydrate) - 田母神塾

メタンハイドレート(Methane hydrate) - 田母神塾 #28 (1/3) メタンハイドレート(Methane hydrate) - 田母神塾 #28 (2/3)
メタンハイドレート(Methane hydrate) - 田母神塾 #28 (3/3)
リンク切れで見れない場合はこちら↓をご覧下さい
田母神塾 #28 平成二十二年一月二十二日 ゲスト:青山繁晴(独立総合研究所 代表取締役社長)
http://zoome.jp/atatatatatatata/diary/39

■メタンハイドレート関連動画


「燃える氷」メタンハイドレート Burning Synthetic Methane Hydrate
映像で燃えているのは、人工のメタンハイドレートです。

メタンハイドレート&熱水鉱床(海底資源)
youtubeでしか閲覧できないためyoutubeに移動してご覧下さい。

■日本の海に眠る ウラン 関連動画


日本も資源大国なるぞ。海に眠るウラン



■参考サイト

日本人が知らない資源のお話 (ねずきちの ひとりごと)

日本をめぐる天然資源調査に関しては、戦後間もないころ、実はGHQも、詳細な調査をしています。

その調査報告によると、北海道(千歳~宗谷岬にかけて)、秋田~新潟にかけての日本海側、東シナ海の尖閣諸島領域には、豊富な石油資源が眠り、さらに(信じられないことに)東京湾から千葉にかけては、豊富な天然ガス田が眠っていると書いている。
(中略)
東シナ海領域の海底資源の分布図を見ると、なるほど国境の支那寄りの部位にも、多少の資源はあるものの、その9割以上は、日本側領海下にあることがわかっています。

■ブログランキング応援クリック

国民に真実を知らせたい方はクリックお願いします。(一日一回のみ有効)



    {当サイトは日本唯一の愛国放送・チャンネル桜を応援しています!

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|