※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

其ノ者、神聖ニシテ不可侵ナル存在也。


名前 皇 澄生(すめらぎ・すみお)
職業 学生/「神の子」
種族 人間
性別
年齢 16
出身世界 第五次世界大戦で崩壊した国「大東亜帝国」

攻撃 防御 魔攻 魔防 速度 リーチ
A B - C C B
S-超人的 A-常人を上回る B-常人に毛が生えた程度 C-常人並 D-常人より下回る
装備により防御力が上がっている


【装備】

「学生服」

ごく普通の黒い学ラン。

「制帽」

これもごく普通の黒い制帽。

「白い手袋」

ごく以下略。かっこいい。

「黒いマント」

防弾繊維で出来ている。元居た世界で貰った貢物。
内側に起爆符がびっしり。


【アイテム】

「起爆符」

【爆】と書かれた符。
文字通りの性能。任意のタイミングで起爆する。
一枚でバレーボール大の岩を粉砕できる程度の火力。
マントの内側に無数に所持している。


【能力など】

「神風」

風を操る能力。
ただし、澄生をなんとか運べる程度の風力しか出せない。

起爆符を風で操って戦う、所謂「設置型」タイプ。
姫様? 何のことですかなハハハ


【備考】

首筋に掛かる程度まで伸びた黒髪、黒い瞳を持つ童顔の少年。
身長が150センチ半ばほどしかないのがコンプレックスだそうです。

異能が非常に珍しいものであった世界に生きていた彼は、異能を持つために「神の子」と持て囃され、時には戦場に連れて行かれる。
そんな「日常」に嫌気がさしていた彼は、新世界に飛ばされて寧ろ大喜び。
元の世界では許されなかった「友達づくり」に精を出しているとか何とか。

「死して護国の鬼と成らん! ……なーんて、ばっかみたいだよねー!」