※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名前 ボグダン・チェリビダッケ
職業 漂流者
種族 コウモリ獣人
性別 男性
身長 172cm
体重 80kg
年齢 27
出身世界 中世ファンタジー世界

【能力など】

基礎性能
非常に高い運動能力と鋭利な爪牙を持つ。
運動能力は人間を遥かに超え、このサイズの人型生物が持てる限界に近い。
爪牙は名匠の鍛えた刀剣と比べても全く遜色ない強度・切れ味を兼ね備える。
このように基礎的な能力が非常に高い半面、攻撃に使える技や異能を全く持たない。
攻撃手段が通常攻撃のみであり、通常攻撃に全てが掛かっている。

 五感
聴覚が異常なまでに優れ、嗅覚もかなり高い。反面かなりの近視で、眼鏡をかけても治らない。
可聴域が非常に広く、超音波を聞きとる事が出来る。さらに口から自ら超音波を発する事が出来、反響定位法によって視覚に頼らず周囲の物体の位置などを感知できる。

 飛行
翼に似た皮膜という器官によって、低空低速ながら飛行能力を持つ。航続時間・航続距離は非常に長いが、走った方が全然速い。
長時間の飛行には皮膜を広げなければならず非常に目立つため、普段は皮膜を服の中に隠し、飛行は跳躍の補助にしか使わない。
出力が貧弱なので、満腹になったり重い物を持っただけで飛行できなくなってしまう。

 熱感知
周囲の熱を感知し、高温の場所・低温の場所を精度良く見分ける。

 唾液
チスイコウモリの唾液には、血液の凝固を抑え、痛覚を減らす効果がある。
彼の唾液には同じ効果があり、牙による攻撃は出血が止まりにくく、治癒魔術や再生能力も効果の発揮に時間がかかる。



【備考】
コウモリ獣人。コウモリと人間の能力を併せ持つ。
黒髪・黒服・青白い肌・輝く紅い瞳・鋭い爪と牙、といういでたちで、外見は吸血鬼にそっくり。
食性は雑食で、血液以外に肉も野菜も何でも食べる。人も食べる。

故郷では獣人は迫害対象であり、獣人は獣人である事を隠して生きている。
彼自身は人間にかなり似た容貌をしていたため素性を隠して人間社会に溶け込んでいたが、仲間や親族にはそれが出来ない者も居た。
『勢力を伸ばした動物が他の動物を虐げるのは当然』と考えており、人間に恨みを持っているわけではない。
人間より獣人に親近感と仲間意識を感じるものの、人間の事も結構好き。
人間と同様に知性の低い動物を見下しており、相手が獣人でも知性が低ければ獣として扱う。

ちなみに、彼が常軌を逸した戦闘能力を持っているのは才能と努力の賜物で、
彼の世界のコウモリ獣人はむしろ弱い部類に属する。ボグダンが例外なのである。


熱感知や反響定位法などの長所は有るものの、攻撃手段は爪や牙のみ。
噛む裂く殴る以上に何も出来る事は無く、これが効かない相手にはほぼ敗北確定。
逆に言えば同じ体格で単純なパワーやスピードで右に出る者はほとんど居ない。と思われる。