※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


プロフィール


名前 ジ・エンド
職業 最後の人間
種族 ヒューマン
性別
身長・体重 148cm/40kg
年齢 覚えていない(最低でも数億歳)
肌の色・髪色 純白
目の色 水色
出身世界 最終未来

基礎能力

身体能力/能力発動時
筋力 E/E 純粋な力
耐久 E/D 属性を持たないものに対する防御力
魔攻 E/E 属性を持つものに対する攻撃力
魔防 E/B 属性を持つものに対する防御力
幸運 S/S 運。確率的なものに強いかの目安
敏捷 E/B 動きの速さ
技能 E/S 能力そのものの力。武器の取り扱いも含む
精神力 E/E 怪我をしても耐えられるか、精神操作を受けにくいか等

人物


彼女は人類が終焉を迎えた最終未来に生まれた人間である
意識を持ち始めたときには人類は彼女を残して絶滅しており、生まれてから他の人間に会ったことがない
超未来の技術により永遠の寿命を与えられており、このまま成長することも老いることもない
椅子の上からほとんど動くことができないほどの虚弱体質であり、この世界においても膜の外に出ることは叶わない
背は低く、全身が白で塗りつぶされたような外見をしているのが特徴。四肢は握られたら壊れてしまうほど細くなっている
その外見に似合わずかなりの大食いで、体重と同じくらい食べることもしばしば。なぜか、体重は増えない
声はとても小さく、相手に届くか届かないか程度しかだせない。行動もとてもゆっくり

アイテム


『All you need』
人類が残した痕跡のすべてを記した本(ただし彼女の世界のすべてである)
「Book」の声に反応し、目の前に現れ、見たいページを空間に投影することができる
(投影とは、空間に物質を固定させる操作である)
戦闘のときは、子供でも扱えるような超未来のおもちゃを投影して戦うことになる
というのも少女では知識はあっても戦闘用の武器を扱うことは難しいからである
投影したものは彼女の識下におかれ、自由に動かすことができる

投影の制限は一つのページに一つの項目。見開きで一つとする
同時に複数のページを投影することはできず、一つのページにつき一つしか投影できない
自由に動かすことができるのは開かれたページのものだけである。開かれていないものはその場にはあるが、使うことはできない
『All you need』を連続で使う場合は普通の女性がページをめくる程度の時間を開ける必要がある
一度出したものを戻す必要があり、相手に貸したりするとそのアイテムは使えなくなる

+ 『All you need』で出せるアイテム一覧

『Air Chair』
彼女が座っている浮動式の椅子。見た目は高級なソファのよう。ほとんど動くことができないため、これに座って移動する
なにも触れることなく移動し、人間が走る程度の速度まで出る
かなりの高さまで浮くことができ、不可視の膜のようなもので椅子を守っている
膜の中は彼女が生きるのに最適な環境に設定されている
また、最悪の地球環境に耐えうる環境耐性がある
というのも最終未来の過酷な環境(宇宙は最終的に極低温か、超高温状態になる)を生き抜くために必要だった
耐熱、耐寒、耐重力、耐放射能など本体を脅かす変化に即時に対応することができる
膜を通れるのはある程度の質量を持ったものである。つまり、人間なら通れるし、ほとんどの物体は通り抜ける。雨や雹程度では通らない
とても座り心地の良い椅子

能力


『God's favor』
彼女に能力はないが、人類の中で最後まで生き残るだけの強運を持っている
数兆程度の選択肢なら勘で答えても当たる程度。ただし、戦闘には全く役に立たない
ひとりだけ生き残ることは本当に運がいいのかという、皮肉めいたところもある

最終未来


最終未来とは人類が衰退期を迎え、ついに少女一人だけを残して絶滅してしまった未来のことである。科学は発展を極め、ほとんどのことを可能にしていた。そう、永遠の寿命でさえも。
だが、不思議なことに何億年という時間の中で、人間の生殖能力は失われ、複製もできなくなっていった。ひとり、またひとりと人間がいなくなってしまう。”呪われた”という言葉が科学者たちの脳裏に浮かんでいた。
そのなかで少女は最後に生まれた子供として、人類の希望を託された。周りの人間が永遠の寿命を持ちながらも殺し合うのをただ見守りつづけた。
永遠とも思える時間をひとりで過ごし、今日もまた日が昇るのを地球の片隅で見つめている。