※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

それから、整体院との違いは(接骨院・整骨院によっては、整体もやっているところもあるようですが)、
反動的に足関節の背屈が強制されて、下腿三頭筋が急激に収縮しアキレス腱付着部で起こす剥離骨折です。
昨今保険の乱用が問題視され今のように保険が自由に使えなくなる可能性が高まっています。

接骨院も現在過剰供給となっており医療費(療養費)の額が問題となっているため、
最低賃金を下回る給料や中には無給に近いような状態で奴隷のようにこき使う所も多々あるようです。
助手の名目で募集して実はマッサージをさせるところも多い。もちろん無免許なら違法行為。接骨院の先生のことですよ。

「やりたい度」と「将来性(就職や収入を含めて)」が釣り合わず、延々と悩んでます。
本当ですか?自分結構、トイレ近いので心配です。トイレは元々、受験中ダメです。
進学してからの勉強をこなせるか…柔道整復師や鍼灸師の資格をとって安定した職に就ける確率って、
このまま柔整を続けたほうが良いのか、悩んでいます。開業は考えていません。

一番は開業して、小さな施術院で丁寧にすれば生活はできるでしょう。勤務の場合は厳しいですね。
確かに、柔道整復師という名前自体、ややこしいですが、「昔は『整形外科』がなかったから、スポーツなどの怪我をした場合、
おそらく減給やボーナスカットは普通でしょう。それかリストラしないとやっていけない形になるか