バレンタインネタ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2月13日、バレンタイン前日にして柔沢ジュウは迷っていた。
理由はちょっと前に見たニュースの報道。大手製菓メーカーが掲げた企業戦略。
その名も『逆チョコ』
男と女が逆になっただけじゃねぇかと思ったが売り文句に引かれた。
『日頃の感謝を形に』
ありきたりな売り文句だが、自分にとってはどうなんだろうか?
考えてみれば、雨にはなんら報いることをしていない。
雨が勝手に手をかしていた時なら何も思わなかっただろうが、最近は頼む事の方が多い。
借りは返すもの。そして自分には借りがある。だが、雨相手では返し所が見つからない。
企業戦略に乗るのは癪だが、何もない時にプレゼントは意味深すぎる。
多少の打算とプライド。行動を起こす理由には十分だろう。
バレンタインに男がプレゼントを渡す方が意味深であることに気づかずに、ジュウは買い物に出かけた。

近くのスーパーはバレンタインで丁度セールをやっていた。
買い揃えたものを出し、さっそく調理にとりかかる。
作るものは塩サブレにチョコレートクリームをまぶしたお菓子。企業戦略を掲げた製菓会社が公表したレシピのひとつ。
チョコレート菓子などつくったことのないジュウはとりあえずコレをつくることにした。
チョコレートの箱の裏側に書いてあるレシピ通りにつくるだけ。多少時間はかかるがそれなりに凝っている。
こういうのを作るのは初めてだが、案外簡単だな。
クリームを冷蔵庫に入れながら思う。生地は二時間寝かさないといけないらしい。
ついでに同じ材料で何かをつくることにする。
あまっている材料は
ホットケーキミックス、ベーキングパウダー、砂糖、無塩バター、ココアパウダー、チョコレート、生クリーム。
どうせ使う機会はないから使い切ってしまおう。
チョコレートケーキくらいならつくれそうだな…
結局、生地をねかしている間にクッキーとスコーンまでつくってしまった。
クッキーはチョコレートでコーティングして更に上から砕いたスコーンをまぶす。
ぼろぼろ食べにくいスコーンと手が汚れるチョココーティングの問題はこれで解決されるわけだ。
このレシピ、よく考えてあるな…
レシピとレシピ通りに作れた達成感からため息をつく。
調理時間にして三時間はかかったが、出来には満足できた。
義理で渡すには多少不自然な完成度だが、そもそもジュウはバレンタインというイベントには元々無縁だ。
義理でも手作りのお菓子を渡すドラマなどの知識しかない。
だが、一人にしか渡さない時点で本命のようなものだから、実際問題はないのだろう。
その事実にジュウが行き着くことはないが。
ジュウは良くも悪くもバレンタインというイベントを軽く見ていた。
思うことはひとつ。雨は喜ぶだろうか?

次の日は折り悪く休日。多少面倒だが雨を呼び出す必要があるだろう。
まだ携帯は買い換えてないので、家の電話から雨の携帯にかける。
きっかり3コール。今更、問題事以外で連絡するのは初めてだと気づいたが悪いことではないだろう。
『はい』
「雨、あした暇か?」
『明日は特に予定はありません。何か御用でしょうか?』
堕花雨もイベントには疎い方だろう。ならば家に赴いた方がいいか?
「そうだな…明日、家にいろ。午後一時くらいに訪ねる」
『わたしの方からお伺いしましょうか?』
「いや、すぐに済む。おまえは家にいろ」
『わかりました。それではお待ちしております』
「あぁ…じゃあな」
『はい』
電話をきる。自分から切らないと向こうがいつまでも切らないことは学習済みだ。
ねるか…
不思議とその日はぐっすり眠れた。

―――――――――

「お姉ちゃん。明日はどっかいかないの?」
暗に柔沢ジュウと出かけないのかを聞く。
あいつの事だから、バレンタインなんか関係ないんだろうけど。一応確認。
「家にいるわ。光ちゃんは?」
と、いうことはお姉ちゃんからもアクションはナシか…
「伊吹先輩がくる事になってるんだけど…」
伊吹先輩とは未だにつきあってはいない。伊吹先輩から訪ねていいか確認の電話があったときはちょっと驚いた。
「そう…ジュウ様もいらっしゃるそうだから、にぎやかになるわね」
…あいつもくるのか…
嬉しそうに微笑む雨を見る限り、期待してるのは雨のほうのようだ。
「おやすみ。光ちゃん」
「おやすみ」
その日はなかなか眠れなかった。
明日あったらいぢめてやる…
頭に浮かんだのは、伊吹先輩じゃなくどっかの金髪だった
伊吹先輩に罪はない。そういう事だろう。
誰にいうでもなく、光はひとりごちた。

――――――――

「柔沢か?」
呼び止められ、振り向く。
「伊吹か。久しぶりのような気がするな」
「ざっと三年ばかりは会ってないからな」
「…いや、前会ったのはせいぜい二ヶ月前だろう?」
「体感時間というやつだ」
よくわからないが、伊吹なりの冗談なのだろう。それなりに機嫌がいいのかも知れない。
「ところでその手荷物はなんだ?」
いぶかしむのも当然だろう。それなりの重量がある紙袋。
「あぁ…雨に、ちょっとな」
「そうか。雨さん、愛されてるな…」
「そういうのじゃねぇよ」
「ならば、どういうものなんだ?」
伊吹がにやにやしながら尋ねてくる。こういうキャラだったろうか?
「おまえこそ、光とはどうなんだよ?」
「今から訪ねる。目的は柔沢と同じだろう」
「そうか」
「そうだ」
これ以上、話すこともない。二人は肩を並べ、堕花邸へと向かった。

―――――――――

「なかなかの門構えだな…」
「きたこと無かったのか?」
「住所だけ聞いてはいたが、正直迷っただろうな」
伊吹のどうでもいい感想は軽く流し、インターホンを鳴らす。
『はい』
「雨か。おれだ。ついでに伊吹もいる」
『少々お待ちを』
伊吹がものいいたげな表情でこちらを見ている。
「声を聞くだけでわかるのか?」
「普通だろ」
さらに何かいいそうだったがその前に雨が出迎えた。
「ようこそ。ジュウ様。お上がりください。あなたは光ちゃんがくるまで待ってください」
「いや、おれはこれを渡しにきただけだからよ」
紙袋を差し出す。なかは前日つくったものだ。
「わたしに、ですか?」
「甘いの好きだったろう?」
「…ご迷惑でなければ、一緒にいただきませんか?」
「かまわないが…」
背後からくつくつと聞こえ、みやると、伊吹が声を抑えて笑っている。
「初々しいな」
「…おまえはそこで空気にでもなってろよ」
雨に促され、堕花邸へと入っていった。

―――――――――――

通されたのは雨の部屋。
相変わらず地味で味気ないが綺麗に整頓されている。
荷物を雨が押し入れから出した折り畳み式のテーブルに広げる。
ほんのりと甘いチョコレートの香りが広がる。
「…もしかして、手造りでしょうか?」
「やっぱり、既製品がよかったか?」
見た目は悪くないが、やはり専門店などと見比べれば劣る。
若干不安の色を浮かべたジュウに雨はすぐさま己の意志を伝える。
「とても、とても嬉しいです…今まさに、愛を感じています…」
感激したように、胸に手を当て恥ずかしげもなく言ってのける。
どうしてこいつは… 黙りこみ真剣な顔でジュウは雨を見つめる。
まるで血が通ってないかのような白い肌。それはほとんど生気を感じさせない。薄く、色素の薄い唇が言葉を紡ぐ。
「…ジュウ様?」
乗せるのは、かすかな疑問。
見つめる俺を真っ直ぐに見つめ返す。
首を傾げた拍子で、さらりと前髪が流れる。印象的な瞳が覗く。
強気でいて、涼しげで、それでいて蠱惑的。
しばらく見つめていたい誘惑に駆られるような、そんな美しさ。
「雨…」
すっと手を伸ばし、手で前髪を払う。
障害物を押しのけ、綺麗な瞳を覗く。
じっと、見つめ合う2人。
「…なんでしょうか?」
微かに浮かぶ羞恥と困惑。
ほんのりと頬を染め、心を見透かすような強い瞳が今は不安で揺れている。
ジュウはふ、と目元を和らげる。
「いつも、ありがとうな」
目は口ほどにものを言う。
ジュウは会話の際はまず相手と目を合わさない。
しかし、今はオーバーな方がいい時だ。
堕花雨という少女に感謝を伝える。
形にし、言葉にし、態度にし。
この思いが錯覚でないことを伝えるために。柔沢ジュウが出来る事をつくして。
雨の瞳孔が、僅かに広がる。日頃は見えない感情のしるし。
「…わたしは、幸せものです」
「…俺について来ても、いいことなんかない。何にもない。感謝すべきは、俺だろう?」
そっと雨がジュウの手を両手で包む。
懸念を解きほぐす為に。自分を伝える為に。
「ジュウ様は、いつも沢山のものをわたしに下さいます。それは言葉で表すことは出来ない大切なものです…」
包んだ両手を胸へと寄せる。感じるのは、鼓動と温もり。
言葉を必要としないコミュニケーションが、確かなものだけを伝えてくれた。
あいた片手で雨をそっと抱き寄せた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。