アメリカの場合


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

いい機会なんでアメリカの口コミ広告規制の状況を

米“クチコミ”広告規制の波紋 2010年1月20日(水)
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20100115/212143/
連邦取引委員会(FTC)は、2009年10月に推奨広告に対する規制の改定版を発表した
 発端は、米連邦取引委員会(FTC)が2009年10月に公開し、12月から施行した
改定版「推奨広告と証言広告の利用に関する指針」にある。
テレビや雑誌も規制対象
 約30年ぶりに改定されたガイドラインには、昨今のインターネットの普及を受けた新たな広告規制が組み込まれている。
例えば、ブロガーが製品のレビュー記事を書いて報酬を受け取ったり、商品を無料で提供された場合には、その旨を明示しなければならない。
違反した場合には最高で1万1000ドル(約101万円)の罰金を科される可能性がある。

for Release: 10/05/2009
FTC Publishes Final Guides Governing Endorsements, Testimonials
Changes Affect Testimonial Advertisements, Bloggers, Celebrity Endorsements
http://ftc.gov/opa/2009/10/endortest.shtm

改訂版「Guides Concerning the Use of Endorsements and Testimonials in Advertising
(推奨広告と証言広告の利用に関する指針)」
http://www.ftc.gov/os/2009/10/091005revisedendorsementguides.pdf

過去関連スレ
ネットの口コミ広告規制キタ━(゚∀゚)━!? 企業から金銭や製品そのものを受け取っている場合は明記を
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/news/1255328225/
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20091007AT2M0700E07102009.html

■米FTCの製品レビュー・ブログ規制考察:第一回■
http://blog.goo.ne.jp/hi_tsuka/e/72abf01399f5d52d777f74d5d3a56f91
「今回のFTC新規制はクチコミマーケティング事業者にとってどうい意味を持つのか」について
分析された米国の専門家(Andy Sernovitzさん)の考察をここで紹介したいと思います。

FTCは責任を限定するため三つできることがあると明言しました:
1. Require disclosure and truthfulness in social media outreach.
2. Monitor the conversation and correct misstatements.
3. Create social media policies and training programs.

1. ソーシャルメディア活動において情報開示と真実性を義務付ける。
2. 発言はモニターし、誤った記述は訂正すること。
3. ソーシャルメディア方針を作成したり、トレーニングプログラムを実施すること。

■米FTCの製品レビュー・ブログ規制考察:第二回■
http://blog.goo.ne.jp/hi_tsuka/e/c02e5c442845b7975589aa99ec0e9fdc
「体験なしでのクチコミはOKか?」「ブロガーさんに自由を保障すれば良いのか」についての解説です。

■米FTCの製品レビュー・ブログ規制考察:第三回■
http://blog.goo.ne.jp/hi_tsuka/e/3debef10d63b09c4a6845e5bcc0c8619
今回は、「どのような時に情報開示は必要か」「代理店を使えば安全か」などに関する解説です。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。