※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

846 :なまえをいれてください:2005/03/24(木) 03:10:16 ID:AGtvQ+jv
ネクストキングならレビューできるかも。

●基本設定
主人公はある国の王子で、1年後に決まる次の王様候補。
王様は投票制で決まり、投票者は12人の女の子。
ライバルの兄弟たちを蹴落としつつ女の子の心を掴め!

●スゴロク+ギャルゲー。
街マップ、ダンジョンマップは全てスゴロクになっている。
女の子をダンジョン(王様から指定される)に同伴して
いいとこを見せて好感度を上げるのが基本。
移動も戦闘もサイコロの目で決まる。

●意外に戦略性高し
武器、防具、サポートアイテムがたくさんあり
その使い方にはかなり頭を使う。運だけのゲームではない。

●イベントはそれなり豊富で、かなり忙しい
12人の女の子全員に、オイオイというような秘密がある。
人外率は激高く、それぞれ連鎖するイベントがある。
これをそれなりにこなしてゆかないと王様にはなれない。


847 :つづき:2005/03/24(木) 03:17:59 ID:AGtvQ+jv
<ネクストキングのいいところ>

  • 妙に脳天気な雰囲気と、個々の女の子のわりかしシャレにならんイベントの対比が
いい味出してる。
  • 上にも書いたが、それなりに戦略性は高く、ゲームとしてはまれる。

上に書き忘れたけど、誰を連れてゆくか、というのも戦略のひとつ。
女の子はサイコロの目などに大きな影響を与える。
  • 枡田節全開。これは人によっては欠点かも。
  • オープニングは個人的にはPS屈指のお気に入り。

<ネクストキングの欠点>

  • とにかく1年は長い。密度は薄くないが、クリアまで時間かかりすぎ。
  • コツを飲み込んでてもリセット必須。サイコロゲーの限界。
  • イベント豊富なのはいいが、イベントクリアの条件に厳しいもの多し。
クリアできない、というものはないけど、初回プレイじゃ難しいものも。


848 :おわり:2005/03/24(木) 03:23:45 ID:AGtvQ+jv
<総評>

枡田好き、ギャルゲー好き、ボードゲーム好きなら
入手して損はないと思う。
微妙にねじれた世界が楽しい作品。

ただし、えらくクリアに時間がかかるので
空いた時間にちょいと遊ぶ、というゲームではないし
どこまでいってもスゴロクではあるので
ゲームに完全必勝法を求めるタイプには向かない。

850 :なまえをいれてください:2005/03/24(木) 03:37:16 ID:DbZpdE0F
ネクキンは一応対戦があるけど女の子の性能差が結構でかいのと
時間がかかるのとで対戦向きではないんだよな。
この時点で殺し合い上等のボードゲームである意味が無いと言えるかも。
まあギャルゲってあまり人前でやるようなものではないと思うから
元々ちとミスマッチなんだろうけど。

ボードゲーム部分もギャルゲ部分も作りは悪くないし↑の部分を除けば割と上手く融合させているんで、ギャルゲに抵抗が無いなら一人でまったりやるには良いゲームだね

859 :R ◆p1tVcxS07Q :2005/03/24(木) 16:26:27 ID:CYe3RVTw
「ネクストキング 恋の千年王国」は848さんの仰る通り「ねじれ」が楽しいゲームでした。
非常に醒めた、女性への視点が効いてます。
普通ギャルゲは、女性のいち部分をクローズアップする事で
明確な色分けというか、キャラ作りをするわけですが
サスガ枡田作品というべきか、ムチャクチャ逆手にとって、皮肉全開(笑)。
ここのイベントが盛り上がった!というよりも
ヒロインの通常会話テキストこそが一番面白かったりする作品でした。

ですから844さんの「盛り上がりに欠ける」というのも、非常にわかるなぁと。
枡田氏という、いち個人の女性観を覗き見る事こそが、このゲームのキモかも。
普通集団作業のゲームで、こんな個人のチラシの裏なんてナカナカ拝めませんからね。
そこらへん、本当に枡田さんは独特だ・・。

付属CDは1度も聴いてないのでわかりません(笑)。


|