※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

500 名前: 481 [sage] 投稿日: 2005/05/24(火) 21:18:13 ID:u1Ck8yJP
3Dなら影牢か蒼魔灯がおすすめ。
敵が自分を殺そうと迫って来るから、トラップに引っ掛けて殺しちゃうゲームです。
人を殺しまくったら沢山金が入ってくるのでそれで新たなトラップを開発したりもできます。
あとトラップをつなげて敵を残酷に殺したりできる。
足をはさんで動けなくしてそれから岩を転がして敵をつぶしたりとか。

940 :なまえをいれてください:2005/08/10(水) 12:29:19 ID:7iKvjQ3Y
ワナゲー。刻命館シリーズ第3作目。
主人公は館の主となり、侵入者をトラップにはめて死亡させる…のが目的。
ゲーム中は自分から直接攻撃する事はできず、逃げ回って敵をおびきよせ、
予め仕掛けておいたトラップを起動させる事で攻撃ができる。
部屋に備え付けられている仕掛け(歯車、拷問装置、ギロチン、暖炉、柱etc)もある。
コンボの概念があり、連続して次々にトラップや仕掛けにかける事で
ArkとDreak(残虐行為手当)が加算されていく。
稼いだDreakは資金代わりになり、それを元手に新しいトラップの開発が可能。
トラップの開発は床・壁・天井の区分とエレメントなどの区分に分かれており、その組合せによって行う。

941 :なまえをいれてください:2005/08/10(水) 12:32:28 ID:7iKvjQ3Y
ストーリーモードは分岐があり、クリアする毎に隠しトラップが開発可能に使えるように
なったりと、2周目以降のプレイにも褒美が用意されている。
ストーリーモード以外には、問題集のようなモードもあり、問題の数も多くて遊びごたえあり。
ワナゲーに馴染みのない人の為のチュートリアルモードもあります。
コツを掴めるようになってくると、コンボさせる事も容易でこれが凄まじい。
敵が吹っ飛びまくり、叫び声あげまくりの様は「壮絶」の一言。
ミッションクリアー時の死亡報告書がなんか笑いを誘います。
「デルタホース(三角木馬)でショック死」とか
「石像の下敷きになり死亡」とか書かれたりする。

※2作目の影牢の方が評価が高いけど、個人的にはこっちのが好き

|