※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

デュエルアカデミア、昼休みの風景。

教室には女生徒たちが溢れ、班を作ってお弁当を食べている。


「ねぇ、『学園の七不思議』って知ってる?」

そんな話題が出てきたのは、二年のとあるクラスでのこと。

「え、なにそれ?」

「えー、知らないの?いまとっても流行ってるのに」

「へー、そうなんだ。ちょっと教えてよ」

「えーとね…じゃあこんなのはどうかしら?」

そう言って彼女は語り始めた…。





校庭に、昔の校長先生の銅像があるのは知ってる?

あれは6代前の校長の功績を称えて作られたものらしいんだけど…そんなことはいいわ。

あの銅像にはね、『深夜二時に、校庭にある校長の銅像に悪戯をすると、銅像が動き出す』っていう噂があったの。

…知らなかった?結構有名なんだよ?・・・続けるね。

昔この学園でね、これを実行した女生徒がいたの。

名前は分からないけど…ここでは仮にAさんとしておくわ。

Aさんはね、ちょっとした好奇心からこの噂を実行したんだけど…その好奇心がいけなかったの。

噂の通り、Aさんは深夜二時に校庭に行って、校長の銅像に悪戯をしたの。

落ちてた木の棒で叩いたり、蹴ったり、砂をかけたり…色々なことをしたわ。

結局、10分間叩き続けたのに、なにも起きない…当然といえば当然なんだけどね。

なにも起きないことに興醒めしたAさんは、その場を立ち去ろうと銅像に背を向けたわ。

…そのときね、どすん!と音がしたの。

その音に驚いたAさんは、恐る恐る後ろを振り向いたの。

そこには…




大きな鉄の棒を持った校長の像が立っていました。





「そ…それで、どうなったの?」

恐るおそる訪ねる。

「Aさんは翌日、死体になって発見されたわ」

「し、死体…」

「死因は撲殺、大きな堅いなにかで何度も殴られた後、硫酸をかけられていたそうよ」

「り、硫酸!?」

「そう、校長の銅像は木の棒で叩いて砂をかけたAさんに復讐をしたのよ」

「・・・・・」

こ、この学園にそんな恐ろしい怪談があるだなんて、知らなかった。

「これは怪談の一つなんだけど、また今度他の怪談を教えてあげようか?」

彼女がそんなことを聞いてくる。

私は…もう知りたくないと思う一方…知りたいと思う自分がいるのも事実だった。

…なんだかんだいって私は興味が湧いているのだ。滑稽だな、と思った。

「うん…今度お願いね」

そう答えた。





…いま思えば、これが元凶だったのかもしれない。




  • え?何これ続きもんなのw -- adaman (2011-04-29 16:49:07)
名前:
コメント:
  

○更新履歴

取得中です。