警護部隊提出用ページ(1800347:駒地真子)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

編成

部隊名:『部隊その9』

1800347:駒地真子:148950(みなし根源力168950):北国人+魔法使い+バトルメード+風を追う者+参謀:器用+1、幸運+1
(警護部隊エントリー時、現在の根源力は173950(イベントEX:ロジャー奪還、イベント97-2 地獄の山の根源力を反映))
個人提出ですので、他のメンバーにつきましては省略させていただきます。

目的

  • お見合い参加者の妨害となるGJ部隊からお見合い参加者を守る。
  • お見合い参加者の妨害とならない場合も、イベントを楽しむためにとりあえず警護する。(本当に愛がある相手なら、軽く倒していってくれるでしょう)
  • でも、お互い怪我のないよう仲良くケンカを目指す。

基本作戦

  • とりあえず対話による説得を試みる。
  • 説得のどさくさに紛れ魔法使いの特殊・人生語りにて相手を泣かせ、前が見えないところを捕縛する。
  • 相手が問答無用で攻撃してくる場合は応戦。ただし、極力詠唱戦にて周辺の建造物や木などを破壊して道をふさぎ進路を妨害するなどの手を取る。(お見合い終了まで凌げればOK、のスタンスで)

作戦Tips

  • 会場の配置をあらかじめ頭に叩き込んでおく
    • アイドレスが打たれ弱いので、戦闘になった場合の防御には遮蔽物を存分に利用する
  • 人生語りの射程を伸ばすために拡声器を使用(有効かは分かりませんが)
    • 仲間に人生語りの影響が及ばないよう、耳栓を渡しておく。また、人生語りを始める合図やブロックサインを決めておく
  • 風を追う者の世界解析にて、相手のその時の戦闘距離の攻撃や、やっかいな特殊を停止させる(極力直接攻撃はしない方針なので、可能なら(『風を追う者は世界解析ができ、攻撃対象の技を一つ、無効化出来る』なので))

愛の表現

「恋する乙女なみなさーん!どこまでも応援するよー!」
(どこの警護になるかは分かりませんが、
特に気になっていたお見合い参加者さんをこっそり描かせていただきました。すみません。)

「そこの不審なグリーンジャケット!止まりなさい!」
「好きな相手の邪魔をするのが、あんたがたの愛なのかい?」
「あくまで行くというなら、私を倒して行くがいい!(悪役ノリ)」
「みんながエステ代どんだけかけたと思って…じゃなくて!
恋する乙女の邪魔はさせないよ!」



(SS…?)

「あー・・・恋する乙女っていいなあ…」
お見合いコンテストのエントリーを眺めながら 駒地真子のつぶやき

/*/

舞踏子妖精が高じて、一時脱藩した事まである(※ドランジ探し)女である。
どちらの陣営に付くかは明らかだった。

そうして、『お見合い参加者さんの純真を守るぞ!おとーさん方はすっこんでなさいっ!』
と、意気込んで警護に参戦したものの、蓋を開けて見れば、
GJ部隊には黒オーマ側の人たちが目的!な参加者も多く、ぶっちゃけ戸惑った。
それに、おとーさんな人が娘な人を想うのも、それはそれで一種の愛だよなあ、と。

(GJとお見合い部隊、本質的には同じものなんじゃあ…。)
(これは、妨害の妨害なんてする必要ないんじゃないか…?)

が、あまり深く考えるのは性に合わなかった。

おとーさんと娘、どちらの味方をするかと言われれば、娘に決まっている。
恋する乙女はかわいい。かわいいは正義。

黒オーマ側の人が目当てのGJ部隊でも、
邪魔をするというのなら、盾になるまでだ。
愛の深いGJ部隊なら、警護もものとしないだろう。
自分はふるいになろう。


「さて…愛を試そうじゃない」
トレンチコートに袖を通し、出陣する。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。
添付ファイル