③相手の拠点を潰す


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

拠点の占領

このゲームで対人戦争をする利点はほとんどありません。
しかし、唯一の利点が、この相手の優良拠点の占領です。

欲しかったけど取られていた領土を自分のものとする唯一のチャンスです。
拠点を奪えば、敵の戦力を奪うだけでなく、拠点をそのまま奪取することが出来ます。
さて、以下に拠点を落とすに当たってのポイントを説明します。

(1)相手拠点の偵察


相手の戦力を把握してから攻めましょう。
(注意点)相手に援軍が来るかもしれないこと
    籠城しているかもしれないこと"
援軍は、盟主以外すぐには来ないと思うので、行けそうなら部隊を発射しましょう。
武将は、NPC攻略と同じくスキル重視でいいと思います。

(2)衝車の到着するタイミングを合わせる


NPCと対人では大きな違いがあります。
「衝車がつくタイミングは、兵士・武将が攻撃してから、すぐ着弾するようにする」
これが重要です。

なぜなら、攻撃兵着弾後に敵が援軍を送れば、衝車着弾の効果を防ぐことが出来るからです。
このことを「差込み」といい、攻撃側としては相当厄介です。
ですから、攻撃部隊が到着してから数秒以内に衝車を到着させることが大切になってきます。
最近は、アクセス不調のため、数秒単位は誤差が生じかねませんが、
「とにかく、殲滅部隊と衝車部隊の到着時間の間隔を出来るだけ短くする」
これを念頭に入れておいてください。
くどいですが、それくらい重要です。

殲滅部隊にも衝車を混ぜてほぼ同時に発射すれば間隔があかないようにも出来ます。
それも無理な方は、殲滅部隊に衝車を混ぜて突っ込ませるというやり方もあります。

★それから、こういった拠点攻撃は、援軍が来る可能性があるので、できるだけ迅速に動きましょう。
黄蓋カード(兵器行軍)は有効ですので、TPに余裕ある方は手に入れておきましょう。
攻撃に関しては、後は相手盟主に進軍していけばいいと思います。

攻城兵器のノウハウについて


次に、攻城兵器のノウハウについて説明します。
拠点防御にダメージを与えられるのは、 「衝車」「投石機」 のみで、以下のような特徴を持ちます。

  • 衝車も投石機も拠点に与えられるダメージは「 1台につき1
「攻撃力」という表記はあくまで対兵士のものであり、拠点に与えるダメージは「同じ」 (鍛冶、スキル効果を除く)。
  • 拠点に隣接している領地がなくなっても、すでに出した攻撃は有効

さてその攻城兵器(以下「車」)を運用する際のコツですが、

①できるだけ攻城兵器の前に露払い部隊をぶつける。

もちろん、車の護衛として兵士をつけることも大事ですが、それはあくまでも万一の保険。

たとえば、相手の防御100の砦を潰しに行くとします。
おそらく相手も500-1000程度の兵士を持って待ち構えている、と仮定してください。
こちらに3000の兵士と100台の車があるとして、どう運用するのが効果的でしょうか?

①兵士1000+車100で攻撃
②兵士3000で攻撃した後、車100で攻撃
③兵士2000攻撃した後、兵士1000と車100で攻撃

 A.①を選んだ人、その拠点は落ちません。
なぜなら、車の攻撃力も、敵兵士の攻撃に分配されるからです。
結果として車の攻撃力が100でなく、それ以下になってしまうのです。

 A.②を選んだ人。
リスキーな運用をしますね。
こちらの露払い部隊の損害は少ないでしょうが、万一相手の兵士が生産されていたら・・・?
NPC砦と違い、対人戦の場合は相手もログインしている事を前提として作戦を立てましょう。
とはいえ、露払い部隊と車の着弾時間が短ければ短いほどそのリスクは低下します。
1秒差着弾ができるなら、ほぼノーリスクと考えてもいいでしょう。

 A.③を選んだ人。
気が合いますね。私もそうします。
②よりも、「万一のときに車の被害が減る」というのがその理由です。
前述したとおり、敵も人間。考えることは同じです。
「露払い部隊を食らった後、車が着弾する前に援軍届けば車の被害少なくできるじゃん!」
そんな時、車に護衛がついていれば、拠点を落とすことはできなくても、こちらの被害は少なくてすみます。

      • まあ、兵力に余裕があってこその③なので、②で運用することも多々あります。
というか、衝車台数は120台とか、もっと余裕を持っていくべきともいえますw

②露払い部隊と車の着弾時間差は少なくしよう

時間差があれば、
  • 兵士が生産されるかもしれない
  • 援軍が届くかもしれない
  • 籠城が始まるかもしれない

そういったリスクがあります。
時間が短ければ短いほど、そういったリスクは減ります。
理想は、1秒。
0秒、同時着弾だと、どちらが先に処理されるのか、確証がないからです。
少なくとも自分の経験ではどちらが先になるのかわかりません。誰か知ってたら教えて?

この「1秒差着弾」ができれば、攻城戦はかなり有利に進むことでしょう。
ただし、これも「絶対落とせる」とは言い切れません。

たとえば、
露払い着弾→0:00:00   車着弾→0:00:01
だったとします。

この時、0:00:01に敵援軍が到着した場合、車は、敵援軍と戦います。
「そんな都合よく援軍来るかよ」ですって?できるんだなこれが。
まず、拠点の兵を隣接領地に援軍します。
その後、0:00:01に帰還するように援軍帰還ボタン押せば良いだけです。

しかし、この「1秒差着弾」「着弾同時帰還」には、最大の敵がいます。
それは、「サーバータイムアウト」!

それでなくても、ちょっとサーバーが混んでいるだけで、時間は1秒~2秒ズレます。
0:00:00を狙いたいときは、23:59:58にボタンを押せば、だいたい0:00:00になりますが、
やっぱり夜間は混みやすく、ズレがち。

そんな時、何度か出兵できるように、複数兵科と移動力強化武将を用意しておきましょう。
たとえば、
  • 近衛騎兵+騎兵行軍+強襲(ただし、武将速度は15以上とする)
  • 近衛騎兵+騎兵行軍+殲滅戦
  • 近衛騎兵+(武将スキルなし)+強襲
  • 近衛騎兵+(武将スキルなし)+殲滅戦
  • 近衛騎兵+騎兵+騎兵行軍+強襲(この場合、騎兵の速度が基準となる)

さまざまに速度が調整できます。
部隊の速度は「その部隊の一番遅い兵科に準ずる」ので、さまざまな兵科を混ぜていけば、一番遅いのは
  • 衝車+蛮族の襲撃+殲滅戦(理論値速度1.5)
まで落とせます。

ただ、剣兵、車を混ぜると部隊全体の相対攻撃力が落ちるので、オススメしません。
「いろんな兵士を混ぜれば移動力が調整できるんだぜ」と覚えておきましょう。