考察5-ver3.59②


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

主にver3.59以降に追加された暴乱計略の考察です


ver3,59_A_1現在、暴乱計略は19種に上る
これ以外にも強力な暴乱計略もありますが、今回はこの7種類

1. 旋術暴乱
↑は撤退中の味方の総コスト*2の武力上昇 +7から速度上昇1.7倍 撤退中の武将は復活時間+20
↓は生存中の味方を撤退させ、撤退中の味方を復活させる 最低40%回復 武力+1 基本的に使用して来ない
2. 属性暴乱
地・人属性の味方の速度低下0,8倍させ、コスト分(-1の武力上昇)に応じて天属性の味方の武力を上昇させる。
地・人属性3,5コスト(+6)から速度上昇1.5倍が付く
3. 速度上昇暴乱
移動速度2倍 兵力10%消耗  21cと驚異的な効果時間を誇るのが特徴
4. 攻城強化暴乱
攻城力1.8倍 武力-4 4c程度? 戦場全体に掛かる。
5. 刹那暴乱
武力+4 兵力10%~20%減少  3cで10%減少 群雄版刹那号令
6. 寡兵暴乱
100%で+2 50%で+4 20%で+8 最大+12 知力-10 5.5c 兵力が少ない程武力が上がるが、知力が下がる。
7. 進撃暴乱
武力+6 兵力上限を超え50%回復 撃破毎に武力+2 1c毎に武力-1 武力0で各自撤退 復活時間+10

消耗戦・総力戦(あるいは両方を得意とする)暴乱に分かれるのが特徴
範囲の特性上反計・妨害に強く、群雄特有の低知力だが高武力の優秀な武将が入る。