libnds


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

include

nds.h DS開発に必要なヘッダ類を一挙にインクルードするためのヘッダ。ARM7・ARM9の場合分け処理がされてるので、それぞれインクルードされるファイルが違う。
dswifi7.h ARM7用WiFi
dswifi9.h ARM9用WiFi
fat.h FATファイルシステム
gbfs.h GBFSファイルシステム
netdb.h>libnds - netdb.h ソケットエミュレーションレイヤー
sgIP_errno.h>libnds - sgIP_errno.h ソケットエミュレーションレイヤー(エラー番号)

include/nds

※include/ndsに入っているヘッダは、AMR7・ARM9共にnds.hのインクルード時に自動的にインクルードされます。
bios.h BIOSコール
card.h カードバス
dma.h DMA
interrupts.h 割り込み
ipc.h Inter Processor Communication(プロセッサ間コミュニケーション)用関数・構造体の定義
jtypes.h 全ファイル必須のマクロと型の定義
memory.h メモリ関係の場所(定数)の定義と、NDSヘッダ類の定義
registers_alt.h 周辺機器制御用レジスタ一覧
reload.h M3など、バックアップカートリッジを動かす機器用の、メインメニューを呼び出す関数
system.h>libnds - nds/system.h 周辺機器の電源制御と、個人情報(時計・言語・ユーザ名など)のアクセス用
timers.h タイマー制御用

include/nds/arm7

audio.h
clock.h
serial.h
touch.h
wifi.h

include/nds/arm9

boxtest.h GL用の衝突判定用関数
cache.h ARM9用キャッシュ制御関数
console.h モニタに対してコンソールのような処理をするための関数
exceptions.h 例外処理用
image.h 画像処理用関数
input.h キー入力処理用関数
math.h 数値演算コプロセッサ用の関数
ndsmotion.h モーションセンサカード用関数
pcx.h PCXファイル(画像)をいじる為の関数
postest.h GL用の位置テスト関数
rumble.h 振動パック用の関数・レジスタ・列挙型の定義
sound.h サウンド用関数
trig_lut.h trigonometry look up table の略。sin・cos・tan のテーブル
video.h モニタ表示用の関数・レジスタ・列挙型の定義
videoGL.h OpenGL APIのような処理をするための関数
videoGL.inl GL用のインライン関数

include/netinet

in.h

include/sys

socket.h


http://nagoya.cool.ne.jp/dcdev38/nds/devkit_tips.htm

[libfatでファイルからデータを読む]
以下サンプル。

   FILE* file = NULL;
   char strMsg[ 32 ];
   if( fatInitDefault() != FALSE ){
       file = fopen( "fat:/disp.txt", "r" );
       if( file != NULL ){
           fread( strMsg, 16, sizeof(char), file );
           fclose( file );
       }
       fatUnmount( PI_SLOT_1 );
       fatUnmount( PI_SLOT_2 );
   }

libfatは、libnds以外にもDSOrganizeの中の人が作ったバージョンとかいろいろ種類がありますので注意。
fatInitDefaultを呼び出すと両スロットに対してマウントを試みてくれます。
PI_SLOT_1は、DSカード。PI_SLOT_2は、GBAカートリッジ。
PI_SLOT_1優先で、ドライブレターは"fat"。






ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。