システム - パワーマネジメント


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • POWER_CR (0x04000304:16) ARM9
ビット 名前
15 LCD 選択
14..10 -
9 2D コア B 電源
8 -
7..3 -
3 ジオメトリエンジンの電源
2 ラスタライズエンジンの電源
1 2D コア A の電源
0 スクリーンの電源

LCD 選択 ビット :
  • 0: 2D コア B が上画面に表示されます。2D コア A は下画面に表示されます。
  • 1: 2D コア A が上画面に表示されます。2D コア B は下画面に表示されます。

それぞれのデバイスの電源状態は次の値で設定します。
  • 0: オフ
  • 1: オン

  • POWER_CR (0x04000304:16) ARM7
ビット 名前
15..2 読み込み時0、書き込み無視
1 Wifi 電源
0 スピーカ電源

それぞれのデバイスの電源状態は次の値で設定します。
  • 0: オフ
  • 1: オン

ARM7 SPIバスに接続された電源管理ICへのコマンド
0x00 コントロールレジスタ書き込み
0x80 コントロールレジスタ読み込み

You write the command, then the argument (or 0 for a read).

コントロールレジスタのフォーマット
7 テストが必要…
6 DS 電源 (0: オン, 1: シャットダウン)
5..4 LED コントロール
3 上画面バックライト (0: オフ, 1: オン)
2 下画面バックライト (0: オフ, 1: オン)
1 ボリュームスライダー (1: 有効, 0: 無効)
0 サウンドハードウェア電源 (1: オン, 0: オフ)

ボリュームスライダーを無効にした場合、サウンド出力は最大ボリュームになります。


HALT_CR (0x04000300:16)
ビット 名前
15 ?
14 GBA モード (but aparently can't be set from user code)
1 Dunno
0 First boot bit maybe


Write HALT_CR with the BIOS appropriate bios function.

ARM9: 0003 retained with ffff write, 0001 always (write 0000 and it reads 0001)

ARM7: 8001 retained with ffff or 0000 write, hmm

PROTECTION_CR (0x1204) reads 0x1204, cannot be written to, so sad. (ARM7 bios writes 0x1205 to it, low bit must be latch and never allow to be modified)







ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。