ATM (Ataxia telangiectasia mutated) について


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ATM (ataxia telangiectasia mutated) protein について

ataxia 運動失調

telangiectasia血管拡張

ATM遺伝子は1995年に同定

毛細血管拡張性運動失調症の原因遺伝子。

11番染色体上(11q22.3) に位置し、66 のエクソンからなり、全長150KB のゲノムDNA から成る。

3056アミノ酸からなる巨大タンパク質

機能:

1. Serine/threonineprotein kinase forp53,CHK2andH2AX

2. Activated by DNA double-strand breaks.

3. Cycle arrest

4. DNA repair orapoptosis.

局在:

核内にいるだけでなく細胞質中にも存在する。

Dimersもしくはmultimersとして存在する。

構造:

1. HEAT repeat domain---bind to C-terminus of NBS1

2. FRAP-ATM-TRRAP (FAT) domain---interact with ATM's KD to stabilize the C-terminus region of ATM itself.

3. Kinase domain (KD)

4. PIKK-regulatory domain (PRD)---regulate kinase activity

5. FAT-C-terminal (FATC) domain---C-terminus domain with a length of about 30 amino acids, the shape is anα-helixfollowed by a sharp turn, which is stabilized by adisulfide bond. Regulate kinase activity

HEAT-FAT domain-kinase domain-PRD-FATC

PIKK family is comprised of 6 proteins.

ATM ataxia-telangiectasia mutated response to DNA damage
ATR ataxia- and Rad3-related "
PRKDC DNA-dependent protein kinase catalytic subunit (DNA-PKcs) "
FRAP1 mammalian target of rapamycin (mTOR) nutrient-regulated kinase that controls metabolism and cell growth
SMG1 suppressor of morphogenesis in genitalia regulates nonsense-mediatedmRNAdecay
TRRAP transformation/transcription domain-associated protein transcription factorco-activator

機能:

セリンスレオニンキナーゼである。主に、p53, CHK2, H2AXをリン酸化して活性化する。

続き詳しく。

 

 

毛細血管拡張性運動失調症とは

概要:進行性運動失調症、免疫不全症、高頻度の腫瘍発生、内分泌異常症、放射線高感受性、毛細血管拡張などを特徴とする、多臓器に渡る障害が進行性に認められる遺伝疾患。

症状

1.小脳の神経障害

歩行失調(体幹失調)

小脳性構語障害(こうごしょうがい:運動障害でおこる発語の異常)

流涎(りゅうせん:よだれをたらすこと)、小脳失調からの誤嚥性肺炎

眼球運度の失行、眼振、

2.血管拡張

皮膚の毛細血管拡張(6 歳までに50%で明らかに。8 歳時までにほぼ全例)、

3.免疫不全

重篤な感染症(易感染性)

化学療法薬(抗がん剤)や放射線治療に際しての重篤な副作用。

 

治療法:対症的治療(低γグロブリン血症に対するγグロブリン補充、感染時の抗菌薬投与、誤嚥防止など)。
欧米ではDNA 損傷の軽減を目的として、抗酸化薬のトライアルが行われている。