ナンパ

男?「カ~ノジョッ♪あぁ・・・なんて可愛い・・・・・・!僕の真夏の女神v」
○○「えっ?」
男?「太陽よりも眩しくて、情熱的。僕、溶けちゃうかもvね、ビーチで一緒に楽しもう?」
○○「あの、結構ですから・・・」
設楽「○○。・・・・・・なんだ、コレは。」
○○「設楽先輩!助けて下さい!」
男?「助けて?どうして?あぁ、僕を試してンのね?意地悪だなぁ。」
設楽「冗談は格好だけにしとけよ・・・・・・」
男?「なに、アナタ。僕と張り合うつもり?」
設楽「貴様と同列になって張り合うつもりなんてない。目障りだ、消えろ。」
男?「アナタこそ消えなさいよ!?マッシロケだし、華奢だし・・・・・・真夏のビーチに不似合いなことこの上ナシ!!」
設楽「貴様は俺の女に不似合いなことこの上ないな。他に言うことは?」
男?「・・・・・・二人でデートを楽しめばいいじゃない、もう・・・」
設楽「負けるの早すぎだろ。ヘンなやつ。」
  「大丈夫だったか?あとわかってると思うけど、俺の女ってのは忘れろ。」
○○「はいっ。」

金髪

男「ゴメ~ン、お待たせっ!行こうぜv」
○○「えっ?なんですか!?」
男「アラッ、冷てぇの!?デートに決まってるじゃ~ん。お茶しよっ?それから――」
○○「あの、困ります。待ち合わせしてるので・・・」
設楽「おい。」
○○「設楽先輩!?」
設楽「ソレ、変わった知り合いだな。」
○○「いえ、知りません。突然声をかけてきて・・・」
設楽「だろうな。」
男「なに?アンタちょっと――」
設楽「なんだ。」
男「オレはこれからそのコと一緒にぃ――」
設楽「は? 一緒に?」
男「えっと、だからそのコにね・・・・・・?」
設楽「消えろ。」
男「ウッ! ウゥ~・・・」
設楽「下衆が。行くぞ。」
○○「あ・・・・・・はい!」

斎藤

斎藤「あぁっ!!やっと見つけたかもしんない、オレの昇格逸材・・・・・・キミッ!!」
○○「えっ?わたし?」
斎藤「そ、キミッ!女の子64人のアイドルグループにスカウトしちゃう!」
○○「いえ、結構です。」
斎藤「ナニ言ってんのよ!?君、マジでカワイイんだよ?メーシーでも食いながら、話――」
設楽「帰れ。」
斎藤「へっ?」
設楽「アイドルねぇ・・・・・・こいつのこと、本気で勧誘してるのか?」
斎藤「そ、そりゃもう!きっとモエモエのトップアイドルに!」
設楽「じゃ、俺と永久契約だ。いいか?○○。」
○○「えっ、えぇっ!?」
斎藤「ちょっと!横取りはNGでしょ?」
設楽「じゃ、横から取り返してみろ。」
○○「設楽先輩、これからよろしくお願いします。」
斎藤「顔で選んだね?キミ。・・・・・・出直してきます。」
設楽「おまえをアイドルにねぇ。まさか、本気じゃないよな?」
○○「もう!どういう意味ですか?」
設楽「最後、いい演技だったぞ? 行くか。」




更新日時: 2010/11/13 06:57:55
wikiトップ▲ページ TOP

メモ欄

  • 枠内に書き込み、投稿ボタンを押すとここに表示されます。
メモ