※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


バレンタインデー

普通以下

「紺野先輩!」
「やあ。何か用?」
「あの、これ・・・バレンタインチョコです。」

  • 最高(スペシャルトッピングが◎)
「すごいな・・・・・・これ、手作りだろ?」
「はい!」
「なんだかかなり特別な感じだけど・・・・・・僕がもらっていいんだよな?どうもありがとう。」
「(まぁ、こんなものかな)」

  • 上手(属性のみ◎)
「ああ、これは美味しそうだな。」
「ちょっとがんばってみました!」
「君は器用なんだな。どうもありがとう。」
(まぁ、こんなものかな)」

  • 普通(スペシャル・属性とも×)
「あ……これは手作りだな。」
「あの、もしかして嫌いなものとか……」
「ううん、大丈夫。 作るの大変だったろ。ありがたく頂戴するよ。」
(紺野先輩、よろこんでくれたのかな……?)」

  • ミステリアスチョコ
「これは……斬新だな。」
「あの……」
「気持ちは確かに受け取ったよ。どうもありがとう。」
(うぅ……もうちょっとがんばればよかった……)」

  • 高級チョコ
「うわ、高そうだな。大丈夫?」
「え?」
「あまり無駄遣いはするなよ。気持ちだけで嬉しいんだから。」
(ちょっと張り切りすぎちゃったみたい)

  • 義理チョコ
「ああ、ありがとう。後で食べさせてもらうよ。」
(うーん……こんなもんだよね)


友好

「紺野先輩!」
「わっ!・・・・・・なんだ、君か。びっくりさせないでくれよ。」
「すみません!あの、これ・・・・・・バレンタインチョコです。」

  • 最高(スペシャルトッピングが◎)
「うわ、これは力作だな!店で売ってるのと同じ・・・・・・それ以上かも。」
「ふふ。」
「食べるのがもったいない気もするな・・・・・・どうもありがとう。大事にいただくよ。」
「(よかった・・・・・・紺野先輩、よろこんでくれたみたい。)」

  • 上手(属性のみ◎)
「これ、手作りだよな? しかも僕の好きなトッピングまで……」
「はい! ちょっとがんばってみました。」
「驚いた……すごく手が込んでるな。プロみたいだ。」
「そんなこと……」
「謙遜することないさ。美味しそうなチョコをありがとう。」
(よかった……玉緒先輩、よろこんでくれたみたい)」

  • 普通(スペシャル・属性とも×)
「あ、手作りなんだ?」
「ちょっとがんばってみました。」
「うーん・・・・・・それじゃあ絶対に残せないな。」
「あの・・・・・・嫌いなもの、入ってます?」
「ううん、大丈夫。ちゃんといただくよ。ありがとう。」
(紺野先輩、よろこんでくれたみたいだけど・・・・・・)

  • ミステリアスチョコ
「うーん。これはすごいな。」
「あの・・・・・・」
「うん、大丈夫。食材を使ってるんだから、食べられないはずがない。
 全部食べて見せるから、安心してくれ。どうもありがとう。」
(うぅ・・・・・・もうちょっとがんばればよかった・・・・・・)

  • 高級チョコ
「これ、本当に僕がもらっていいの?」
「はい!」
「奮発してくれたみたいだな。ありがとう。」
「(よかった・・・・・・紺野先輩、よろこんでくれたみたい。)」

  • 義理チョコ
「ありがとう。君も大変だな。」
「え?」
「あちこちに配って回ってるんだろ?女の子ってマメだよなぁ。」
「(まぁ、こんなものだよね)」


好き以上

「紺野先輩!」
「○○さん。あ、もしかして・・・」
「はい、これ。バレンタインチョコです。」

  • 最高(スペシャルトッピングが◎)
「これ・・・・・・僕のために?」
「はい!がんばってみました!」
「すごいな・・・・・・万歳三唱したいくらいだ。」
「えぇ!?」
「はは、今の気持ちをどう言葉にしていいのかわからなくて・・・・・・
 嬉しいよ。どうもありがとう。しっかり味わわせてもらう。」
「(よかった!紺野先輩、すごくよろこんでくれたみたい)」

  • 上手(属性のみ◎)
「あれ……これって手作り?」
「はい! がんばってみました。」
「これは……すごいな。みんなに見せびらかしたいくらいだ。」
「えっ……」
「なんだか僕のためだけに作ってくれたようなチョコだからさ。
 ほら、このトッピングとか……はは、なんてね。本当にありがとう、大事にいただくよ。」
(よかった……玉緒先輩、すごくよろこんでくれたみたい)

  • 普通(スペシャル・属性とも×)
「あ、これ・・・・・・」
「あの・・・・・・もしかして嫌いなものが・・・」
「ううん。これ作るの、大変だったんだろ?ちょっと疲れた顔してる。」
「そんなこと・・・・・・」
「チョコレートは嬉しいけど無理はするなよ。元気な君を見られる方がもっと・・・」
「?」
「・・・・・・なんでもない。君の作ってくれたものなら、喜んでいただくよ。どうもありがとう。」
「(よかった・・・・・・紺野先輩、すごくよろこんでくれたみたい)」

  • ミステリアスチョコ
「えーっと……そうだ、君は大丈夫?」
「えっ?」
「ほら、切り傷とかやけどとか。作るの、大変だったんだろ? なんかこう……そういうのがにじみ出てる。」
「大丈夫ですけど……」
「良かった。 それならあとは、僕の努力次第だよな……君の努力は全身で受け止めるよ。ありがとう。 あとは任せてくれ。」
(よろこんでくれたみだいけど……もっとがんばればよかったかな)

  • 高級チョコ
「へぇ・・・・・・これ、高かったんじゃない?」
「ふふ、内緒です。」
「そうか。じゃあ、遠慮なく。大事にいただくよ。」
「(よかった・・・・・・紺野先輩よろこんでくれたみたい)」

  • 義理チョコ
「姉貴がくれたのと同じだ・・・・・・」
「え!?」
「い、いや、なんでもないよ。うん、ありがとう。
兄みたいなもんなのかな。そうか、はぁ・・・・・・」
「(紺野先輩がっかりしてたみたい・・・)」


親友状態

「紺野先輩!」
「わっ!・・・・・・なんだ、君か。びっくりさせないでくれよ。」
「すみません!あの、これ・・・・・・バレンタインチョコです。」

  • 最高(スペシャルトッピングが◎)
これ、手作りじゃないか。それに、僕の好みの…… 気を遣わせちゃったかな。でも、ありがとう。大事に食べるよ。

  • 上手(属性のみ◎)、普通(スペシャル・属性とも×)、ミステリアスチョコ
えっ、これ僕に?ちゃんと彼の分もあるんだよな?それじゃ、ありがたく……

  • 高級チョコ
うわっ、奮発したな。僕のことは考えなくてよかったのに……どうもありがとう。

  • 義理チョコ
え、僕にも? そうか、わざわざありがとう。

ホワイトデー

普通以下(義理)

「あ、いたいた。」
「玉緒先輩。」
「はいこれ。バレンタインのお返し。」
「ありがとうございます。」
「うん。えーと、あとは……」
(うーん、これは義理だよね……)

友好以上

「○○さん。」
「あ、紺野先輩。」
「これ、先月のお返し。つまらないものだけど・・・・・・」
「わぁ、ありがとうございます。」
「こちらこそ、先月はありがとう。それじゃ。」

親友状態

「○○さん。」
「あ、紺野先輩。」
「これ、先月のお返し。」
「わぁ、ありがとうございます。」
「どうしようか迷ったんだ。ほら、やっぱり彼に悪いと思うから。誤解されたり……
 はは、やっぱり考えすぎだよな。こんなのみんなやってることだから、うん。」
(紺野先輩、気を遣ってくれてるんだな……)


更新日時: 2015/05/28 15:46:47
wikiトップ▲ページ TOP

メモ欄

  • 枠内に書き込み、投稿ボタンを押すとここに表示されます。
メモ