※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


コマンド全成功

  • 勉強「 やるじゃないか。優等生でも目指してるのか?
  • 芸術「 おまえにそんなセンスがあるなんてな……見直した。
  • 運動「 よくそんなに動けるな。やりたいとは思わないけど、見てて気分がいい。
  • 流行「 流行に詳しいんだって? 何か聞きに行くかもな。
  • 魅力「 最近のおまえ、洒落てるな。磨けば光るじゃないか。
  • 部活「

称号

学力

  • 1段階目/友好
「」
  • 1段階目/好き以上
「」
  • 2段階目/友好
「」
  • 2段階目/好き以上
「」
  • 3段階目/友好
「」
  • 3段階目/好き以上
「」

芸術

  • 1段階目/友好
「○○。」
「あっ、聖司先輩。」
「校内新聞で見たぞ。『期待のアーティスト』だってな。」
「(ええっと・・・・・・がんばったおかげ、かな?)」
  • 1段階目/好き以上
「○○。読んだか?」
「あ、聖司先輩。」
「校内新聞に出てたぞ。おまえ、『期待のアーティスト』なんだって?
 おまえの作品、いい味出してるもんな。まぁ、無理しない程度に頑張れ。」
「(やった、聖司先輩にほめられちゃった!)」
  • 2段階目/友好
「」
  • 2段階目/好き以上
「○○。校内新聞、見たか?」
「あっ、設楽先輩。」
「おまえ、『期待の学生画伯』らしいぞ?注目の的だな。
まぁ、あまり頑張りすぎるなよ。名声に踊らされてもいいことないからな。」
(ええっと……こういうのって、ちょっと恥ずかしいな……)
  • 3段階目/友好
「」
  • 3段階目/好き以上
「」

運動

  • 1段階目/友好
「」
  • 1段階目/好き以上
「」
  • 2段階目/友好
「」
  • 2段階目/好き以上
「」
  • 3段階目/友好
「」
  • 3段階目/好き以上
「」

気配り

  • 1段階目/友好
「おまえ、いつの間に『みんなのお姉ちゃん』になったんだ?」
 周りがおまえのことそう呼んでる。妹やら弟やらが増えて大変だな、おまえ。」
(ええっと……人付き合いとか上手くいってるせいかな?)
  • 1段階目/好き以上
「なあ、おまえ、世話焼くのもほどほどにしとけよ?」
「あ、設楽先輩。」
「なんか『みんなのお姉ちゃん』って呼ばれてるそうじゃないか。」
 あまり構いすぎると周りが調子に乗るぞ。まぁ、おまえらしいけどな。」
(ええっと……人付き合いとか上手くいってるせいかな?)
  • 2段階目/友好
「」
  • 2段階目/好き以上
「おまえ、最近『はば学のお母さん』って呼ばれてるらしいな。
 おまえらしいと思うけど、人の世話ばっか焼いてないで、たまにはちゃんと休めよ?誰かに甘えるとかさ・・・」
  • 3段階目/友好
「」
  • 3段階目/好き以上

流行

  • 1段階目/友好
「」
  • 1段階目/好き以上
「」
  • 2段階目/友好
「」
  • 2段階目/好き以上
「」
  • 3段階目/友好
「」
  • 3段階目/好き以上
「」

魅力

  • 1段階目/友好
「」
  • 1段階目/好き以上
「」
  • 2段階目/友好
「」
  • 2段階目/好き以上
「」
  • 3段階目/友好
「」
  • 3段階目/好き以上
「」

ステータス不足

  • 勉強「
  • 芸術「
  • 運動「
  • 流行「
  • 魅力「 おまえさ、もう少し人目を気にした方がいいぞ。もったいないから。
  • 部活「

部活応援

※部活経験値が貯まると褒められるイベント。

吹奏楽部

  • 友好「 頑張ってるみたいだな。氷室先生が珍しく褒めてたぞ。
  • 好き以上「 いいな、おまえの音。心にスッと入ってくる。

美術部

  • 友好「
  • 好き以上「

生徒会執行部

  • 友好「
  • 好き以上「

手芸部

  • 友好「
  • 好き以上「

柔道部

  • 友好「
  • 好き以上「

練習試合勝利

野球部

  • 友好
「勝ったみたいだな。おめでとう。」
「ありがとうございます!」
「(勝ってくれて良かった…!)」
  • 好き以上?
「お疲れ。勝ったんだってな。」
「はい!ありがとうございます!」
「まだ力入ってるな。今日はゆっくり休めよ。」
「(やったね!聖司先輩にほめられちゃった!)」

テニス部

  • 友好
「なんだ、おまえ強かったんだな。おめでとう。」
「ふふ、ありがとうございます!」
(勝ってよかった!)
  • 好き以上
「なんだ、見に行けばよかった……」
「え?」
「テニスの試合。大活躍だったんだってな。惜しいことした……」
(ふふ、設楽先輩にほめられちゃった)

バレーボール部

  • 友好
「」
  • 好き?
「」
  • ときめき?
「」

新体操部

  • 友好
「新体操部合同練習ってそんなにすごいのか?あちこちで噂になってるぞ、おまえのこと。」
「えっ、そうなんですか?」
(がんばってよかった!)
  • 好き以上?
「○○。……目立ちすぎ。」
「えっ?」
「新体操部の練習、他校の生徒まで見に来てるらしいぞ。……まあ、見たいって気持ちもわからなくない。」
「ふふっ!」
(やったね!設楽先輩にほめられちゃった)

運動部全国大会

野球部

  • 好き以上
「今日は暑いな……」
「あっ、聖司さん。もしかして、応援に……?」
「ああ。おまえ、大丈夫か?」
「えっ、わたし?」
「日陰にいるからって気を抜くなよ。ベンチに入ったらちゃんと水分をとっとけ。」
「あ、はいっ。」
「よし。じゃあ行って来い。」
「はい!」
※優勝
「よくやった。今日は文句をつけられないな。」
「はいっ、優勝しました!」
「おまえ、大丈夫か?」
「わたしですか?はい、大丈夫ですけど……」
「ならいい。正直、試合の勝敗よりもそっちのが気がかりだった。」
「これで素直に喜べる。優勝おめでとう。」
「(野球部のマネージャーを続けてきて本当に良かった!)」
※優勝以外
「」

テニス部

バレー部

  • 好き以上
「」
※優勝
「」
※優勝以外
「」

新体操部

  • 好き以上
「○○。」
「あっ、設楽先輩。もしかして、応援に来てくれたんですか?」
「まあな。……それ着て演技するのは、しょうがないよな。」
「レオタード、変ですか?」
「そうじゃない。いつもより綺麗に見える、かもな。」
「えっ……」
「今のところおまえがトップだ。いいから。そのまま優勝も取って来い。」
(よし……がんばらなくちゃ!)
※優勝
「○○。やったな、優勝おめでとう。」
「あ、設楽先輩。ありがとうございます!」
「新体操に少し興味がわいたのかと思ったけど、違うな。おまえの演技だから夢中になれたんだと思う。
最後まで魅了されっぱなしだった。」
「そんな……褒めすぎですよ。」
「それくらい、よかったんだよ。素直に褒められとけ。」
(設楽先輩……新体操を続けてきてよかった!)
※優勝以外
「」

文化部マスター

吹奏楽部

  • 好き以上?
「○○。」
「あれ、聖司先輩?」
「吹奏楽部が、コンクールで優勝したって聞いたから。おめでとう。」
「それでわざわざ?ありがとうございます!」
「氷室先生がよく褒めてたしな。なんとなく予想はしてたけど。」
「おまえ、ソロに興味はないか?一度じっくり聴いてみたい。」
「(うれしい!吹奏楽、がんばってきてよかった!)」

美術部

  • 好き以上?
「○○。」
「あれ、聖司先輩?」
「絵画展の金賞受賞おめでとう。」
「わざわざ、それを言いに? ありがとうございます。」
「芸術で一番になるってことは、見えない基準との戦いだ。よくやったよ。」
「……はい。」
「このまま続ければ、もっと大きなところで認められるかもな。」
(三年間続けて、本当に良かった!)

生徒会執行部

  • 好き以上?
「」

手芸部

ローズクイーン

「○○。」
「あ、聖司先輩。」
「おまえ、ローズクイーンに選ばれたんだってな。おめでとう。」
「ありがとうございます!」
「オールマイティなんて並みの努力じゃ無理だよな。俺はひとつだけでも精一杯なのに・・・・・・」
「聖司先輩・・・・・・」
「ホントすごいよ、おまえ。頑張ったな。」
「・・・・・・はい!」
  • 電話の場合

お泊まり会翌日のメール

  • 普通以下
  • 友好「 おまえの友達に妙な質問されたから、適当に返しておいたぞ。
  • 好き以上「 おまえ、友達に俺のこと言っただろ。あんまり変なこと言うなよな。
  • △関係中
おまえの友達に問い詰められた。あまり余計なことしゃべるな。
おまえの友達、興信所か何かのまわし者じゃないのか?質問しすぎだ 」※固い絆 好き以上



卒業後のPCメール


5月

題名:近況 from:Seiji.S.
最近やっと、しつこいサークル勧誘が減った。
何回断ってもわらわら湧いてくるんだ、あいつら。
テニスやゴルフやるよりメンバー増やすのが目的なんじゃないかと思う。

そっちはどうだ?授業サボったりしてないか?

S.S.

7月

題名:音楽祭 from:Seiji.S.
この前ちょっとフランスに行ってきた。
6月から7月にかけて、シャンパーニュ地方で音楽祭をやってるんだ。
すごい数のコンサートが行われてて、すごい数の人間がうろうろしてる。
俺も昔、ピアノを披露したことがあったけど、結構気分良かったぞ。

次に出るのはプロになってからだけどな。
その時は招待してやる。

S.S.

文化祭前

題名:招待状 from:Seiji.S.
文化祭の招待状が届いた。
そういえばそんな時期だな。

去年の今頃は、演劇の準備に明け暮れてた気がする。
あの時はなんで俺がこんなことを・・・・・・なんて思ってたけど、
今思うと、ああいうのも案外楽しかったかもしれないな。

S.S.

12月

題名:寒い・・・ from:Seiji.S.
嫌な季節がやってきた。
春まで冬眠したい。

おまえはいつも元気だよな。
すこし分けろ。
今度もらいに行く。

S.S.

卒業直前

題名:(無題) from:Seiji.S.
初めておまえと会ったのがはば学だったから、
おまえとはば学は切っても切れないんだ。
俺の中で。
だからおまえが卒業するなんてなんか変な気分だ。

おまえのことだから、卒業式までまだまだ、なんて思ってるんじゃないか?
あっという間だぞ?
後悔しないよう、ちゃんと思い出作っとけよ。

S.S.

3年目に初めて芸術パラが200を超える

題名:成績 from:Seiji.S.
聞いたぞ。
おまえ、プロ並みのアーティストだってはば学で評判らしいな?
俺に黙って何やってんだ?
出来るなら出来るって自慢くらいしろよ。
遠慮するな。
知らなかった俺がバカみたいだろ。

頑張ったな。

S.S.


お見舞い

「・・・・・・ずっと寝てたから眠れなくなっちゃった。退屈だなぁ・・・」
(ノックの音)
「は~い、なぁに?起きてるよー。」
「・・・・・・なんだ、起きてるのか。」
「わっ、聖司先輩!?」
「見舞いだ。果物、家の人に渡しといたから。」
「えっ、あの、あ、ありがとうございます。」
「(小声)なんだよもう・・・・・・寝てるって言ってたから、顔だけ見て帰るつもりだったのに・・・・・・」
「すみません、わざわざ・・・」
「なんでおまえが謝るんだ。おまえは別に悪くないよ。
 ・・・・・・いや、やっぱり悪い。体調管理くらいちゃんとしとけよ。心配するだろ。」
「す、すみません・・・・・・(な、なんでイライラしてるんだろう・・・)」
「・・・・・・・・・・・・
 心配したんだよ、本当に。」
「聖司先輩・・・・・・」
「おまえが無理してるとか、気付いてやれたらいいけど、できないんだ、俺は。」
「え・・・・・・?」
「そういうの、うまくないんだ。だから無理なときは無理って言ってくれ。倒れてからじゃ困る。」
「あの、聖司先輩のせいじゃないですよ?わたしが・・・・・・」
「・・・・・・わかってるよそんなこと。だからさっきそう言っただろ。悪いのはおまえだ、おまえ。
 ああもう、なんで起きてるんだ。とにかく早く治せよ、いいな!」
「(聖司先輩、心配して来てくれたんだ・・・・・・早く元気にならなくちゃ!)」




更新日時: 2017/02/05 05:24:25
wikiトップ▲ページ TOP

  • メモ欄
  • 枠内に書き込み、投稿ボタンを押すとここに表示されます。
メモ