※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


下校

普通以下

  • 誘う/下校
「琥一くん。」
「おう、オマエか。」
「よかったら、一緒に帰らない?」
※OK
「おう。行くか。」
「よかった。」
※NG
「悪ぃ。」
「(……仕方ない、ひとりで帰ろうっと)」
  • 誘う/喫茶店
「琥一くん。ねえ、お茶して帰らない?」
※OK
「サテンか。まぁ、悪かねぇか。」
「それじゃ、行こう!」
※NG
「気分じゃねぇ。じゃあよ。」
「(……仕方ない、まっすぐ帰ろう)」

友好

  • 誘う/下校
「琥一くん。」
「おう、どした?」
「よかったら、一緒に帰らない?」
※OK
「おう、構わねぇぞ?」
「よかった! それじゃ、行こう?」
※NG
「悪ぃ。用があんだよ。」
「(……仕方ない、ひとりで帰ろうっと)」
  • 誘う/喫茶店
「琥一くん。ねえ、お茶して帰らない?」
※OK
「おう、サテンか?ちょっと待て……」
「……?」
「大丈夫だ。行くぞ。」
※NG
「あぁ……そりゃ無理だ。悪ぃな。」
「そう、残念……」
「おう、じゃあよ。」
「(……仕方ない、まっすぐ帰ろう)」

  • 誘われる
「おい。いま帰りか?」
「あ、琥一くん! そうだよ。琥一くんも?」
「まぁな。一緒に行くか?」
『うん。一緒に帰ろう』
「おう、行くぞ。」
「うん。」
『じゃあ、お茶して帰ろうよ』
「おう、悪かねぇな。いや――」
「どうしたの?」
「あ? 大丈夫だ、気にすんな。 行くぞ?」
『ごめん、今日は・・・』
「そうか。じゃあよ。」
「(せっかく声かけてくれたのに悪いことしちゃったかな……)」

好き以上

  • 誘う/下校
「「琥一くん。」
「おい……もう少し、小せぇ声で呼べ。どした?」
「あのね、一緒に帰らない?」
※OK
「俺とか? まぁ、構わねぇけどよ……」
「うん! じゃ、帰ろ?」
「…………」
「……どうかした?」
「なんでもねぇ。行くぞ?」
※NG
「悪ぃ、今日はちっとヤボ用だ。」
「そっか……」
「気をつけて帰れよ?」
「(……仕方ない、ひとりで帰ろうっと)」
  • 誘う/喫茶店(ときめきになると断られない)
「琥一くん。ねえ、お茶して帰らない?」
※OK
「おぅ、悪かねぇな。」
「決まり! じゃ、行こう。」
「ちょっと待て……大丈夫だ。こんなこともあろうかと、今日は昼飯を――」
「お昼ご飯?」
「なんでもねぇ。行くぞ、サテン。」
※NG
「悪ぃ、今日はやめだ。」
「そっか、残念。また今度ね?」
「おう、そうしてくれ。気をつけて帰れ?」
「(……仕方ない、まっすぐ帰ろう)」

  • 誘われる
「おい。」
「あ、コウくん。いま帰り?」
「まぁ、そんなとこだ。来いよ、帰るんだろ?」
『うん。一緒に帰ろう』
「・・・・・・おう。」
『じゃあ、お茶して帰ろうよ』
「サテンか?クッ、来やがったな?」
「?」
「今日はまかせろ。なんなら、おごってやるぞ?」
「ふふっ、行こう!」
『ごめん、今日は・・・』
「なんだ、用事じゃ仕方ねぇな……」
「ごめんね?」
「構わねぇよ。じゃあな。」
「(せっかく声かけてくれたのに悪いことしちゃったかな……)」

NGな呼び方

普通以下

「あぁ?」
「えっと……イヤだった?」
「…………」
「(今の呼び方じゃダメみたい……)」

友好

「おい……」
「ごめん、イヤだった?」
「次はねぇぞ?」
「(今の呼び方じゃ気に入らないみたい……)」

好き以上

「はぁ? なんだそりゃ……」
「や、やっぱりダメ?」
「ダメっつーか、勘弁してくれ……」
「(今の呼び方じゃダメみたい……)」

下校会話

【琥一誕生日前】

「そうだ、コウくんの誕生日、もうすぐだよね?」
「誕生日だ?・・・・・・おぉ、そう言えば、そんなもんがあったな。」
「そんなもんって・・・・・・なんか、嬉しくない?」
「くだらねぇ、歳食うだけじゃねぇか。」
「それはそうだけど、おめでたいことなんだし。もうちょっとこう――」
「はいはい、めでてぇなぁ。これでいいか?」
「もう、可愛くないなぁ!誰からもプレゼントもらえないよ?」
「あ?なんかくれんのか?じゃ、よこせ、ほら。」
「(どうだろう、この態度・・・・・・)」

【体育祭前】

「もうすぐ体育祭だね?」
「まあな。」
「あっ!まさかまた――」
「サボるとは言ってねぇだろ。顔ぐらいは出してやる。ガミガミウルセーのが2人もいるからな。」
「2人って、わたしと?」
「大迫だ。体育の教師とつるんで、単位握ってやがんだ。」
「参加しないと、体育の単位もらえないの?」
「そういうことだ。ったく・・・・・・奴ら、やりたい放題しやがる。」
「(それは大迫先生のセリフだよ・・・・・・)」

【試験前】

「もうすぐ期末テストだね。」
「チッ、いちいち報告すんじゃねぇ。わかってんだよ、なことは。」
「威張ってたって、点はとれないよ?ちゃんと勉強しなきゃ。」
「ハッ、知るか。赤点上等だ、コラ。」
「留年・・・・・・しちゃうかもよ?」
「だったらどうした、面白ぇじゃねぇか。」
「・・・・・・うん、面白いかも。」
「あぁ?」
「そっか、コウくんはわたしと琉夏くんの後輩になるのか・・・・・・」
「・・・・・・・・・・・・」
「ちゃんと、先輩って呼ばなきゃダメだよ?」
「あぁ・・・・・・そう言えばオマエよ。」
「?」
「ノートとか取ってんだろ?ちょっと、貸せ。」
「何のノート?」
「いま持ってんのでいいから、ほら、貸せ。」
「(ちょっとは勉強する気になったのかな?)」

【夏休み前】

「もうすぐ夏休みだね?コウくんは何か予定ある?」
「バイトだ。」
「生活大変だもんね・・・実家には帰らないの?」
「まあ、一度くらいはな。ルカの野郎を連れてかねぇと。」
「そっか。苦労が絶えないね?」
「まぁな。ハァ・・・・・・たまにはこう、1人でパっと遠出でもしてえなぁ・・・」
「そうしなよ!バイクで出かけてみたら?」
「そうだ、路面が熱くなってきたからな、オイルとタイヤ変えねぇと・・・」
「(苦労性なんだね・・・)」

【文化祭前(学園演劇以外)】

「もうすぐ文化祭だね・・・・・・」
「おぅ。今日のHRで、ルカの馬鹿がなんかしゃべってやがった。」
「琉夏くんが?」
「クラス展示を上手くサボる方法だそうだ。」
「また琉夏くんは・・・・・・それで、みんなは?」
「ノリノリだ。あの野郎、変にクラスの連中のウケがいいからな。」
「男子にも女子にも人気あるもんね?でも、みんなまでしょうがないなぁ・・・・・・」
「待て、この話にはオチがある。」
「オチ?」
「ルカの腹と違って、やたら盛り上がってよ、かえってメンドクセー展示になんだと。ルカの野郎ぼやいてやがった。」
「もう、自業自得だよ。」

【冬休み前】

「琥一くん、もう冬休みの予定は立てた?」
「なもんねぇよ。バイトだ、バイト。朝から晩まで人様のクルマ洗うんだよ。」
「そっか。年末年始は洗車のシーズンなんだね。」
「どいつもこいつも、テメェのクルマくらい、テメェで洗やいいのによ。」
「でも、それじゃ琥一くんの仕事が無くなっちゃうよ?」
「まあな。ハァ……世の中ままならねぇな。」
「ふふっ、そう言えば、お正月は実家に行くの?」
「除夜の鐘までバイトで、それからルカ拾って、そのまま行く。」
「じゃあ、家族揃ってお正月だね?」
「だといいけどよ。あの野郎、またとぼけるつもりじゃねぇだろうな……
 おい、大晦日にルカの野郎見かけたら、その辺に縄で縛りつけとけよ?」
「大げさだなぁ……」

【春休み前】

「琥一くん、春休みはどうする予定? やっぱりバイト?」
「おいおい、見くびるんじゃねぇよ。」
「あ、なんか予定があるの?」
「まあな。」
「どこかに出かけるとか?」
「まあな。」
「どこどこ?」
「単車の集まりがあってよ、ちっと遠出だ。」
「……え? それってもしかして……」
「馬鹿、そんなんじゃねぇよ。同じ単車乗ってんのが集まんだよ。まあ、趣味の集まりだ。」
「へぇ……集まって何するの?」
「テメェの単車自慢して、そんで、サーキットに出たりな?」
「本格的だね。琥一くんも出るの?」
「俺は整備だ。走んのはルカに任せてる。アイツは馬鹿みてぇに速ぇからな。」
「そっか、うん。」
「……なんだよ?」
「兄弟仲がいいなぁ、と思って。」
「バーー気持ち悪ぃこと言うんじゃねぇよ。」
「(ふふっ、琥一くん照れてる)」

【修学旅行前】

「もうすぐ修学旅行だよ?」
「おう、北海道だ。あそこは悪くねぇぞ。」
「楽しみだね?もうどこか、行きたいところ決めた?」
「俺は小樽にしか行ったことがねぇからよ、どこでも構わねぇんだ。」
「そうなんだ。小樽に親戚がいるとか?」
「あ?あぁ・・・・・・まぁ、ガキの頃の話だ。」
「そっか。じゃあ、旅行中会いに行けるかもね?」
「あぁ・・・・・・まぁ、そうかもな?」
「コウくん、どうかした?」
「いや?オマエよ、ヒツジ食ったことあるか、ヒツジ。うめぇぞ、ありゃ。」
「(・・・・・・コウくん?)」

【3年文化祭前(文化部の時は学園演劇を選択)】

「もうすぐ文化祭だね?今年は学園演劇が--」
「ルカに入れろ。」
「・・・・・・なんのこと?」
「主役の投票だ。もう始まってんだろ。ルカに入れろ。」
「琉夏くんを応援してるの?」
「気味悪ぃこと言うな。そうじゃねぇよ。」
「でも・・・・・・」
「クラスのヤローどもが組織票で俺に入れてやがんだ。」
「えぇっ!?コウくんって、男子にモテモテ?」
「馬鹿!・・・・・・女どもがあんまりルカに入れやがるから、アタマに来てんだとよ。」
「なるほどね・・・・・・」
「なるほどじゃねぇんだよ。いいな?わかったらルカに入れろ?」
「(今年の演劇、どうなっちゃうんだろ・・・・・・)」

【卒業前】

「ハァ・・・もうすぐ卒業か・・・・・・」
「どした、しけた面しやがって」
「やっぱり、寂しいよ。高校生活が終わるんだもん。」
「せいせいするだろ、もう、テストだ受験だって、冷や汗流すこともねぇんだぞ?」
「コウくん、冷や汗なんて流してたっけ?」
「ウルセー。でも、まぁ、わからねぇでもねぇ。オマエが言ってることも。
 体育祭だの文化祭だの、ダセェ高校生活だった。」
「ん?」
「感謝してんだよ。年中ピリピリしてた中学の頃とはエライ違いだ。みんな、オマエのおかげだ。」
「わたし、べつに何も--」
「何もねぇ、そこら辺のつまらねぇ青春時代みてぇなのが、まぶしい奴も居るってことだ。」
「そんなもんかな・・・・・・でも、そうか。退屈なことも楽しいことも、みんな、青春の1ページだね?」
「馬鹿、オマエ、青春とか言ってんじゃねぇよ。恥ずかしいんだよ。」
「コウくんが先に言ったんだよ?」
「言うか、馬鹿。言わねぇだろ。」
「(わたしの三年間、あともう少し。大切にしなきゃ・・・・・・)」

【教会の伝説①】

「ねぇ、学校の教会に伝説があるって、知ってる?」
「伝説? あぁ。おとぎ話みてーなあれか?」
「そう。王子様とお姫様が再び巡り合って……」
「ククッ……」
「あ、笑った。」
「笑うだろ、そりゃ。王子様ってよ……」
「もう、いい。」
「怒んな。うちの親父の話じゃ、あの教会、外国から持ってきたもんらしい。」
「外国から?」
「戦後、モノが無い時代に、わざわざ船で運んだんだと。元はどっかの森の中にあったとんでもなく古い建物らしい。」
「へぇ……」
「まあ、うちの親父は土建業だからな。そのあたりの話は詳しいみてぇだな。」

【教会の伝説②】

「ねぇ、学校の教会の噂、聞いた?」
「聞いたも何も、有り過ぎなんだよ。伝説が。」
「そうだよね……もう何が何やら。」
「最近聞いたのは……おぉ、そうだ。」
「なに?」
「氷室がいんだろ、学年主任の?」
「氷室先生?」
「どうも、アイツが一枚噛んでるらしい。」
「一枚噛んでるって……」
「アイツは実はロボットで、3年に一回、教会の地下でメンテすんだと。」
「まさかぁ!」
「だよな? でもよ……実はロボットってとこは、案外あるかも知れねぇ……」

【教会の伝説③】

「おい、教会の伝説、仕入れてきたぞ。」
「仕入れて? ……どんなの?」
「秘密結社だ。」
「…………」
「ステンドグラスがよ、ほら、あれだ、コードか? そんなもんになってるらしい。」
「暗号ってこと?」
「おぉ、それを中世から秘密結社が守ってやがんだ。バレたら、世界の終りらしいぞ。」
「大変だね、それは……」
「おい。なんか気のねぇ返事だな。いいか、秘密結社だぞ? 世界の終りだぞ?」


更新日時: 2011/03/09 19:54:09
wikiトップ▲ページ TOP

メモ欄

  • 枠内に書き込み、投稿ボタンを押すとここに表示されます。
メモ