繁華街 | 森林公園 | はばたき山 | 臨海地区 | その他  

■臨海公園・煉瓦道

「あっち、なんかざわついてる。なあ、行ってみねぇ?」
「(選択肢)ホラもう、落ち着いて?」
「……こんくらいでオネエサンっぽく振舞う必要ってあんの?」
「そんなつもりで言ったわけじゃ……」
「…………」
「ほんとだよ?」
「……わかりました。オレの被害妄想でした。だからそういう目でオレを見んの、やめて。」
「? そういう目って?」
「ハァ……やめねぇとあっついハグ、かますよ?」
「えっ、ここで?」
「ここじゃなかったらいいワケ?」
「そっ、そういう意味じゃ!」
「そう来ると思った。ハァ……やだやた。」
(うぅ、呆れられた……)

■臨海公園・遊覧船

「あれ? もしかして今日の客、オレら二人だけ?」
「(選択肢)あっちにたーくさんいるよ?」
「あー、言っちゃった? せっかく見ないようにしてたのに。」
「ご、ごめん。でも、どうして?」
「そりゃあ……アンタと二人っきり気分を味わいたかったから?」
「味わって……どうするの?」
「そのあと、知りてぇの?」
「えっ……あの……」
「…………」
「ま、それは追々ね。それまではいいよ、アンタはそのままでさ。」
(旬平くん……?)

■臨海公園・波止場

「波止場ってさ、男の旅立つ場所って感じしねぇ?」
「(選択肢)ドラマの観すぎじゃない?」
「そう、まさにそれ。じゃ、アンタはオレをそっと見送る恋人ね。」
「見送りは……ここまででいい。」
「どうしても行ってしまうの?」
「1年。1年、待ってくれ。必ず迎えに来る。」
「待ってる。わたし、待ってる……!」
「……ふふっ、こんな感じ?」
「…………」
「? どうしたの?」
「その調子でさ、マジで1年――」
「……っとォ、ヤベ、なんか出かかった。」
「あー、今のはナシで! さーて、移動しよっか。どこ行く?」
(旬平くん?)

■水族館

「この中で、お持ち帰りしていいって言われたら何にする?」
「(選択肢)もちろん……v」
「……ふぅん?」
「じゃ、今日から早速、お願いしまーす。」
「え!」
「まあ、そういうの憧れてなくもなかったし?」
「で、アンタはオレに何を求めてんの?」
「何でもするよ? アンタが望むことなら」
「えっ……えぇと!」
「……とりあえず離れてくれってカンジ?」
「……プッ! アンタ慌てすぎ。言いだしっぺなのに。」
「じゃ、お望みどおり、もうしばらくはこの距離感ってことで。」
「残念だけど、アンタのうろたえるとこ見られたし、いっか。」
(うぅ……)

■水族館・イルカショー

「すっげ。なんであんなに跳べるんだろ。」
「(選択肢)日頃の積み重ねが大切なんです。」
「なんか、説教されてる気分……」
「てか、そんなにまだだらしねぇ? オレ。けっこう変われたつもりでいたんだけど……」
「……って、誰も認めてねぇのに自分で思っちゃうこと自体、甘いのか。」
「ハァ……」
(落ち込んじゃった……)

■水族館・巨大水槽

「トンネル、長えと思ったら全長97メートルだってさ。」
「(選択肢)10年後、残ってるかな……」
「残ってんじゃね? むしろ、伸びるね。」
「今より伸びたら、歩くの大変になっちゃうね。」
「なっちゃうね。今よりかなりクラクラすんね。」
「ふふっ、そうかも。」
「じゃあさ。本当にそうなるか、確かめに来る? 今日みたく。」
「10年後に?」
「そっ。二人で――」
「……来られたらいいなぁってオレの希望ってことで。よろしく。」
(旬平くん……)

■海

「なあ。もうちょいアレな水着とか着てみてもいいかなーとか思ったりしない?」」
「(選択肢)アレな水着、ねぇ……?」
「い……いいじゃん、聞いてみただけじゃん。」
「ふぅん?」
「う……」
「あーもースイマセン! なんか見たかったんです! いろんなアンタを!」
「いろんなわたし?」
「そりゃ、好みの服装とかあるけどさ。」
「好みじゃないの着てきたときにうっかり『え~』とか言っちゃうかもだけどさ!」
「う、うん。」
「でもやっぱ見たいじゃん! あんなのとかこんなの着たいつもと違う雰囲気の……」
「ん?」
「ゴメン。視線、集めちゃったv」
「!!」
「逃げろ!!」
「一人で逃げるなんてズルイよ!!」

■海・青の洞窟

「ここでもし、閉じ込められたりしたら……」
「(選択肢)そんなのありえないね!」
「えー。でもさ、ありえなくなくね?」
「例えば、化学物質の汚染でとんでもなくデカくなった巨大ナマコとかが――」
「う……」
「…………」
「えぇと? 泣かないでね? どうしていいかわからなくなるじゃん?」
「…………」
「ゴメンて! あーホラ、帰ろうぜ、帰ってホラ、ジュース飲も!」
「はばたきミックスジュース……」
「よし、おいちゃん買いに行ってやる。だから泣くなよ?」
(旬平くん、女の子の涙に弱い?)

■冬の海

「なんでアンタ、オレとこんなとこに来てんの?」
「(選択肢)2人が惹かれあったから。」
「アンタさ、たまにそういうこと、ぺろっと言うよね。」
「まあ、冗談半分だと思うけど。……思うようにしてるけど。」
「でも、今のは来た。」
「え?」
「目、閉じてよ。」
「えっ……あのっ!」
(!!)
(……?)
「いたっ……旬平くん!」
「お仕置きです。食らいたくなかったら自重してください。」
「さーて、行こ行こ!」
(もう……ドキドキしちゃった……)

■花火

「なあ、来年も一緒に見に来ねぇ?」」
「(選択肢)保証のない約束はできません。」
「んじゃ、これ。保証ってか、担保?」
「あ。ひょっとして、それ……」
「さっきの糸引きくじの景品。」
「指輪?」
「そっ。上、押すと光るってさ。」
「あっ、ホントだ!」
「…………」
「約束が果たせたら、そのときは景品じゃなくてもっと別の――……ま、それまではそれ、持ってて? ってことで。」
(旬平くん……)

■フードコート

「あ。あそこのカップル……あーんしてる。」
「(選択肢)負けるもんか! あーんv」
「え? あ、うん。あ……あーん……」
「……んっ! 美味しい!」
「……まだ食える? だったら、あげる。」
「えっ、どうして? 旬平くん、まだ一口も食べてないのに。」
「なんかもう今のでお腹いっぱい。」
「ハァ……あ~……」
(???)

■プラネタリウム

「あー……やっと慣れてきた。……かな。」
「(選択肢)わたしとの特訓の成果かな!」
「それはない。」
「だってアンタといるとドキドキしっぱだもん。」
「え……?」
「あ、でも暗さは気にならなくなったからそういう意味で成果は出てんのか」
「そっかそっか、あんがと! これからもよろしく!」
(任せて! って言っちゃっていい……のかな?)



更新日時: 2016/09/12 21:49:25
wikiトップ▲ページ TOP

メモ欄

  • 枠内に書き込み、投稿ボタンを押すとここに表示されます。
メモ