※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  繁華街 | 森林公園 | はばたき山 | 臨海地区 | その他  

■臨海公園

  • 設楽
紺野「やっぱりというか、なんというか……」
設楽「あのへんはカップルばかりだったな。」
○○「わたしたち、お邪魔だったかな。」
設楽「おまえは邪魔じゃない。」
紺野「邪魔だったのは……」
設楽「………………」
紺野「………………」
○○「???」

  • 紺野
紺野「今日は散歩日和だったな。」
○○「海、きれいでしたね。」
紺野「うん。あの辺りは夜もいいらしいよ。」
設楽「あんなとこ、夜に行くもんじゃないぞ。」
紺野「まぁ、今はね。そのうち。」
設楽「へぇ、誰とだよ?」
紺野「もちろん……」
○○「?」

■水族館

  • 設楽
○○「2人は、今日見た中で、何が一番好きですか?」」
設楽「俺はジンベイザメかな。サメのくせにマヌケな顔してて。」
紺野「僕は、イワシの群れかな。あれだけの数が一斉に動く様は思った以上に大迫力だったよ。」
設楽「おまえは、クラゲだろ。口開けて見てたし。」
○○「そ、そうだったかな……」
紺野「タツノオトシゴじゃないのか?ガラスに張り付いてただろ。」
○○「うーん……」
○○(うぅ、2人ともよく見てるなぁ……)

  • 紺野
紺野「水族館もいいけど、スキューバの資格を取って本物の海にもぐってみたいな。」
○○「わぁ、いいですね。」
紺野「だろ?いつか、一緒に……」
設楽「なんだよそれ。どっちが本命だ?」
紺野「……どちらかというと、海じゃないほう。」
○○「ん?」

■海水浴

  • 設楽
設楽「夜の海ってのもいいかもしれないな。」
○○「羽ヶ崎海岸のあたりは真っ暗ですよ?」
設楽「それがいい……いや、海沿いの道は街灯があるし。」
紺野「海が暗い分、星がよく見えるかもしれないな。」
○○「ふふ、それはロマンチックかも。」
設楽「だろ? そうなんだよ。」
紺野「2人なら、の話だろ?」
設楽「そうなんだよ……」

  • 紺野
紺野「あまり海には入らなかったな。」
○○「海岸を散歩するのも楽しかったですよ?」
設楽「人さえ多くなければな。」
紺野「2人だったらもっとよかったんだけど。」
設楽「それは俺のセリフだ。」

■冬の海

  • 設楽
設楽「冬の海なんか歩いて楽しかったか?」
○○「楽しかったですよ?」
設楽「ふうん……まぁ、それならいいけど。」
紺野「へぇ、設楽の言葉とは思えないな。寒いって文句言いそうなのに。」
設楽「楽しいって言ってる奴がいるからいい。」
○○「設楽先輩……」

  • 紺野
紺野「いいよな、冬の海って。」
○○「冬は冬の顔がありますもんね。」
設楽「冬の海なんて最悪だ。」
紺野「僕はもう少しいたかったけど……」
設楽「冗談じゃない。」
紺野「先に帰ればよかったのに。2人でのんびりするから。」
○○「もう、紺野先輩……」
設楽「……もっと冗談じゃない。」

■プラネタリウム

  • 設楽
紺野「本物の空はさすがにプラネタリウムのようにはいかないな……」
○○「海が近いから、見えるほうだとは思いますけど……」
設楽「山のほうがよく見える。いつか、見に行こう。」
紺野「海のほうがいいよ。ロマンチックで。」
設楽「何しに行くんだよ。」
紺野「設楽こそ。」
○○(どっちも行ってみたいな……)

  • 紺野
紺野「プラネタリウムに行くと、本物の星空が見たくなるな。」
○○「ここからじゃあまり見えませんね。」
設楽「山の上にでも行かないとな。」
紺野「夜に山まで行ったら帰るのなんて深夜だしな。下手したら朝方……」
○○「うーん……それはダメかも。」
紺野「うん。だから、いつか行けるような日が来たら、一緒に行こう。」
設楽「……朝帰りの予約とは大胆な奴。」
紺野「そ、そういう言い方やめろ。」
○○「………………」



更新日時: 2015/05/10 02:37:29
wikiトップ▲ページ TOP

メモ欄

  • 枠内に書き込み、投稿ボタンを押すとここに表示されます。
メモ