※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


デンジャー属性

「オマエ……家出る時、鏡見てきたか?」
「えっと……どこか変かな……?」
「変じゃねぇとこ探すほうが難しいんだよ。シュールかましてんじゃねえぞ?」
「(ううっ……コーディネート、失敗しちゃったみたい……)」

基本属性(全属性共通)

  • 嫌い
「はぁ……」
「どうかした、琥一くん?」
「女の服のことは、よくわからねぇけどよ。……もうちょい、マシな服なかったのか?」
「(ううっ……この服、あまり好きじゃなかったみたい……)」
  • 普通
(コメントなし)
  • 好き
「へぇ……そうきたか。」
「えっ?」
「そのカッコ、だ。いいカンジじゃねぇか、オマエにしちゃあよ。」
「(琥一くんにほめられちゃった……うれしいな)」
  • 大好き
「おぅ……悪かねぇぞ?」
「えっ、どうかした?」
「あ。いや、そのカッコ……なんでもねぇ、気にすんな!」
「(琥一くん、喜んでくれてる……よね?この服にして良かった!)」

普通以下の上位属性・組み合わせ属性(全属性共通)

  • 『嫌い』状態の上位属性~組み合わせ属性
「へぇ・・・・・・」
「どうかした?」
「いや、その服な。俺の趣味じゃねぇんだけどよ。オマエが着てると不思議としっくりくんな。・・・・・・なんでだ?」
「(気に入ってくれたみたい。よかった!)」
  • 『嫌い』→『普通』変化台詞
「そういう格好、苦手だったんだよな。なんか媚びてるカンジでよ。」
「そうだったの?・・・・・・ごめんね。」
「いや、俺の偏見だったかもな。意外とイケてんぞ、それ。」
「(よかった・・・・・・一瞬ドキッっとした)」
  • 『普通』状態の上位属性~組み合わせ属性
「なるほど、な。 結局、どんな服も着るヤツ次第ってことか。」
「琥一くん?」
「おぅ。それ、よく似合ってんぞ。オーダーメイドみてぇだ。」
「(琥一くんにほめられちゃった!)」

上位属性

ウルトラナチュラル

  • 普通→好き
「こういうのもアリかもな・・・・・・」
「え?なにか言った?」
「・・・・・・あ?い、いや。なんでもねぇ。」
「(琥一くん、こういう服好きになってくれたのかな?)」
  • 好き
「ふぅん。天然物って感じだな、オイ。」
「おかしくないかな?」
「まぁ、肩肘張ってなくていいんじゃねぇか?」
「(琥一くんってこういうの好きなんだ)」
  • 好き→大好き
「飾らねぇってのも案外難しいのかもな。」
「えっ?あ、この服のこと?」
「センスがいいのか中身なのかわかんねぇけどな。いいな、オマエの格好。」
「(やったね。琥一くん、こういう服大好きになってくれたみたい)」
  • 大好き
「オウ。ハマってんな、その格好。」
「本当?」
「こっちまで気が楽になってくる。ありがとよ?」
「(よかった。琥一くん、すごく喜んでくれて)」

ウルトラビビッド

  • 大好き
「・・・・・・・・・・・・」
「琥一くん、どうしたの?」
「なんでもねぇ。いや、何も言えねぇ・・・・・・」
「(よかった。琥一くん、すごく喜んでくれて)」

ウルトラアクティブ

  • 普通→好き
「その格好、元気が余ってるって感じだな?」
「・・・・・・こういうの好きじゃなかった?」
「あ?・・・・・・いや、まぁオマエには合ってんじゃねぇか?」
「(琥一くん、こういう服好きになってくれたのかな?)」
  • 好き
「またずいぶんヤル気な格好だな。」
「そ、そうかな?」
「ハッ・・・・・・こっちも気合入れねぇとマズそうだな?」
「(琥一くんってこういうの好きなのかな?)」
  • 好き→大好き
「そういう格好でも、キマるもんだな。」
「似合ってる?」
「オウ。かなりレベル高ぇぞ?正直、見直した。」
「(やったね。琥一くん、こういう服大好きになってくれたみたい)」
  • 大好き
「元気のカタマリって感じだな、オイ?」
「ふふっ、そう?」
「こっちまで気分が良くなるぞ。いいな、そういうの。」
「(よかった。琥一くん、すごく喜んでくれて)」

ウルトラセクシー

  • 好き
「・・・・・・オイ。今日はずいぶん思いきりやがったな?」
「こういうの、イヤだった?」
「ハァ?そうじゃねぇよ。・・・・・・俺も男だぞ?」
「(琥一くんってこういうの好きなんだ)」
  • 好き→大好き
「いいんじゃねぇか?女っぷり上げやがったな、オイ。」
「本当?」
「オウ。マジで悪かねぇぞ?」
「(やったね。琥一くん、こういう服大好きになってくれたみたい)」
  • 大好き
「こりゃキマってんな・・・・・・」
「本当?おかしくない?」
「今さら聞いてんじゃねぇ。・・・・・・顔見りゃわかんだろうが?」
「(よかった。琥一くん、すごく喜んでくれてるみたい)」

ウルトラキュート

  • 普通→好き
「なかなかサマになってんな。女の子っぽい格好もよ。」
「あ、でもこういうの、あんまり好きじゃなかったよね・・・・・・?」
「・・・・・・まあ結局、似合ってんなら話は別ってことだ。」
「(琥一くん、こういう服好きになってくれたのかな?)」
  • 好き
「だいぶ見慣れてきたな、そういう格好。」
「本当?大丈夫?」
「・・・・・・オウ。こうしてみると悪かねぇな。」
「(琥一くんってこういうの好きなんだ)」
  • 好き→大好き
「おぅ・・・・・・その、なんだ。悪かねぇな、それ。」
「この服? 本当に?」
「チッ、なんだかな?俺の趣味もずいぶん変わっちまったな・・・・・・」
「(やったね。琥一くん、こういう服大好きになってくれたみたい)」
  • 大好き
「なぁ。悪くねぇぞ、その服。」
「本当?」
「オウ。オマエだったらその格好も認めてやる。」
「(よかった。琥一くん、すごく喜んでくれて)」

ウルトラシック

  • 普通→好き
「スカしてんのは好みじゃねぇけどな・・・・・・」
「・・・・・・ダメかな?」
「チッ・・・・・・どうもオマエのはイヤミなカンジがしねぇ。俺がどうかしちまったのか?」
「(琥一くん、こういう服好きになってくれたのかな?)」
  • 好き
「そういう服着てると大人に見える時がある。」
「大人・・・・・・?」
「着てるもんでこんなに変わんのか。・・・・・・まぁ、悪かねぇけどな?」
「(琥一くんってこういうの好きなんだ)」
  • 好き→大好き
「そういう格好もサマになってきたな?」
「本当?」
「前はまだムリしてたけどな、けっこう大人の女って感じじゃねぇか。」
「(やったね。琥一くん、こういう服大好きになってくれたみたい)」
  • 大好き
「まったく、その格好してると同い年には見えねぇな?」
「この服?」
「オウ。しっかり大人の雰囲気出てるぞ。」
「(よかった。琥一くん、すごく喜んでくれて)」

組み合わせ属性

ガーリー

  • 好き
「へぇ・・・・・・そういう組み合わせもあるんだな?」
「えっ?」
「なかなか奥が深そうじゃねぇか、女の服もよ?」
「(琥一くんってこういうの好きなんだ)」
  • 大好き
「その、アレだ。なかなか・・・・・・可愛いんじゃねぇか?」
「本当!?・・・・・・おかしくないかな?」
「ま、正直似合ってんよ。否定はできねぇ。」
「(よかった。琥一くん、すごく喜んでくれて)」

ワイルド

  • 大好き
「オイ・・・・・・なんでそんな格好してんだよ?」
「え?変だったかな?」
「バカ。そうじゃねぇ。なぁ・・・・・・似合ってんぞ?その格好。」
「(琥一くんがこんなに喜んでくれるなんて。この服にしてよかった!)」

スポーティ

  • 好き
「これから走りにでもいくんだったか?」
「あっ、この服?・・・・・・おかしかったかな?」
「いや・・・・・・意外と悪かねぇな、スポーツ系も。」
「(琥一くんってこういうの好きなのかな?)」
  • 大好き
「ヤケにまぶしいじゃねぇか、今日は。」
「この服のこと?」
「服も、中身もだ。」
「(よかった。琥一くん、すごく喜んでくれて)」

小悪魔

  • 好き
「へぇ・・・・・・オマエ、不良の素質あんじゃねぇか?」
「えっ、不良!?」
「けっこう悪さしそうな格好だぞ?」
「(琥一くんってこういうの好きなのかな?)」
  • 大好き
「こりゃ今日は疲れるな・・・・・・」
「えっ・・・・・・!?」
「そんな格好で歩いてたら、ヤローどもが寄ってくんだろうが?ったく・・・・・・追い払うのにも神経使うんだよ。」
「(よかった。琥一くん、すごく喜んでくれて)」

お姉系

  • 好き
「へぇ・・・・・・そんな格好してると大学生でも通るんじゃねぇか?」
「本当?」
「オウ。・・・・・・わりとイケてんぞ?」
「(琥一くんってこういうの好きなんだ)」
  • 大好き
「・・・・・・女ってヤツは、これだから厄介なんだよ。」
「えっ?」
「すっかり大人の女に化けてんじゃねぇか。頭がクラクラすんぞ?」
「(よかった。琥一くん、すごく喜んでくれて)」

モード

  • 好き
「こりゃまたとんがった格好だな。」
「変だったかな?」
「いいんじゃねぇか?似合ってりゃ。」
「(琥一くんってこういうの好きなんだ)」
  • 大好き
「・・・・・・ったく。どこのモデルだよ、オマエ?」
「おかしいかな?」
「その逆だ。なんでそんなのまで似合っちまうんだ?」
「(よかった、琥一くん、すごく喜んでくれて)」


更新日時: 2011/03/26 01:10:25
wikiトップ▲ページ TOP

メモ欄

  • 枠内に書き込み、投稿ボタンを押すとここに表示されます。
メモ