※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


PSP版で新台詞を確認した状況をリストにしています。
検証&情報募集してますので、補足・訂正・追加情報などありましたら↓のコメント欄にお寄せ下さい。


■天使悪魔限定イベント


【LV1・校内で…】

  • 好感度普通~好き・天使悪魔LV1・校内でコメントしにくるイベ
「○○さん」
「あ、紺野先輩♡」
「………………」
「あ……紺野先輩、大丈夫ですか?」
「え、何が?」
「少し顔が赤いみたい。もしかして、どこか具合が悪いとか……」
「いや、全然! すこぶる健康だから!」
「よかった。紺野先輩いつも忙しそうだから、心配で……」
「本当になんともないんだ。心配かけてごめん」
「いいんです。紺野先輩が元気なら」
「……天使……」
「紺野先輩?」
「わっ、駄目だ。そんな顔で近付かれたら……」
「?」
「自覚ないんだろうなあ…はぁ……
 それじゃ、もう行くよ。またね?」
「はい。またお話ししてくださいね?」
「こちらこそ、是非……」

【LV2・電話】

  • 友好以上・夜に電話がかかってくる
「はい、もしもし」
『紺野です。今、いいかな?』
「わぁ、すごい……」
『え?』
「ちょうど紺野先輩のこと考えてたから。今何してるかなって」
『本当に? それは……嬉しいな』
『僕も急に君の声が聞きたくなったんだ。かけてよかった』
「ふふ、わたしに呼ばれちゃったのかも?」
『そうか、君が呼んでくれたんだ。どうもありがとう』
「そんな……」
『嬉しさのあまり眠れなくなりそうだ』
「……ちゃんと眠ってくださいね?」
『努力する』
『ああ、遅くにごめん。そろそろ切るよ』
「はい。おやすみなさい」
『……あ、ぐっすり眠れるような気がしてきた』
「ふふ、紺野先輩たら……」
『はは。それじゃ、また』
(わたしもぐっすり眠れそう♡)

【LV3・バイトのお迎え】

  • 好き以上・LV3・バイト後
(遅くなっちゃった……)
「○○さん」
「紺野先輩! わぁ、どうしたんですか?」
「今日、バイトだっただろ? 少し心配になってさ」
「心配?」
「もう真っ暗じゃないか。女の子が一人で帰るなんて危ないよ」
「わたしを送ってくれるために、わざわざ? 嬉しい……」
「これくらいお安いご用だ。さ、行こうか」


「ありがとうございます。送ってもらっちゃって……」
「いいんだ、僕が勝手に押しかけたんだから」
「そんな……本当に助かりました。来てくれてよかった」
「こんな時はいつ呼んでくれても構わないから。遠慮しないで、ね?」
「紺野先輩……」
「……天使……」
「え?」
「いや、なんでもないんだ! それじゃ、おやすみ!」
「おやすみなさい♡」

【LV4・部屋デート追加台詞】

  • ときめきで確認(好き以上でも可)・LV4・初めての部屋デートで追加台詞
「ふふ♡」
「ん?どうかした?」
「この部屋、紺野先輩のにおいがします。」
「えっ……そ、そう?」
「はい♡」
「はは……まあ、ゆっくりしていって。のどは渇かない?」
「ううん、大丈夫です。」
「お腹は……」
「何もいりません。紺野先輩さえいてくれたら、それで……」
「えっ……」
「………………」
「ま、まいったな……」
「紺野先輩も座ってください。さっきから立ちっぱなし。」
「なんとなく落ち着かなくてさ。君がいるだけで自分の部屋じゃなくなったみたいで……」
「ちゃんと紺野先輩の部屋ですよ?」
「そうか。じゃあ、座るぞ!」
「ふふ、紺野先輩ったら♡」

【LV1~・修学旅行関連】

  • 好き以上・天使悪魔LV1以上・バンビ修学旅行後(他学年)or旅行中(同級生)
「紺野先輩。」
「○○さん。」
「ふふ、いいもの持ってきましたよ?」
「へぇ? なんだろう。」
「はい、これ。修学旅行のお土産です。」
「えっ、僕に? なんだか悪いな。」
「いいから開けてみてください♡」
「うん、どうもありがとう。………………本場味噌ラーメンセットか、美味しそうだな!」
「………………」
「……ん? 泣きそうな顔してるけど、どうかした?」
「思い出しちゃった……北海道、紺野先輩と一緒に回りたかったなって。」
「え?」
「修学旅行、紺野先輩がいないのが寂しくて……」
「そ、そうか。行けなくてごめん。」
「……ふふ、紺野先輩のせいじゃないですよ?」
「はは、なんとなく……」
「あ、そうだ! おかえり。 まだ言ってなかったよな?」
「はい。ただいま、紺野先輩♡」


■天使悪魔限定台詞

※もっと低いレベルで変化したり、レベルによって台詞変化するものもあるかもしれません。情報求む。

LV4で変化確認したもの


デートのお誘い台詞&場所を聞く前に断る

※好き以上のみ、下記以外は通常と同じ

  • 電話
(あれ? 誰からかな?)
「もしもし?」
「紺野です。今、大丈夫?」
「わぁ、玉緒先輩。もちろん大丈夫です。」
「今度の日曜日なんだけど、何か予定はあるかな?」

『えっと、もう予定が……』
「一足遅かったか……」
「その日はどうしても……」
「いいんだ、また連絡するよ。ハァ、次こそは……」
(今度の日曜、何だったのかな?)

  • 校内
「○○さん、ちょっといい?」
「あっ、紺野先輩。こんにちは♡」
「こんにちは。・・・・・・じゃなくて。」
「次の日曜日の予定なんだけど、空いてないかな。」

『あの、用事が・・・・・・』
「そうか。遅かったか・・・・・・」
「ごめんなさい・・・・・・」
「君が気にすることはないよ。また誘わせてもらうから。それじゃ。」
(今度の日曜、何かあったのかな?)


デートすっぽかし電話

※好感度普通~ときめきで確認、好感度による変化はたぶんナシ

「紺野です。」
「あ……紺野先輩。」
「今日、約束してたはずだけど何かあった?
 君のことだから理由があるんだと思うけど、心配でどうにかなりそうだ。
 君が無事ならいい。でも、これを聞いたら連絡してほしい。それじゃ……」
「あっ……デートの約束!紺野先輩、すみません……」

LV3で確認できたもの

バレンタイン


友好・好き(同じ台詞を確認)

「紺野先輩!」
「やあ。あ、それは・・・・・・」
「バレンタインチョコです。・・・・・・受け取ってもらえますか?」
「もちろん。ありがとう。」

普通



バレンタインチョコへの反応

 ※好感度別の反応あり※好きと友好でそれぞれ確認
 ※最高評価チョコ・大失敗チョコ・義理チョコのみ限定台詞・他は通常通り

好き以上

  • 最高評価チョコ
「このトッピング・・・・・・」
「紺野先輩、こういうの好きかなって・・・・・・」
「そうか・・・・・・僕のことを考えながら作ってくれたんだ。」
「はい♡おいしいって言ってもらえればいいなって。」
「参ったな・・・・・・心臓が破裂しそうだ。
 ありがとう。幸せを噛み締めながら食べさせてもらうよ。」
(よかった、すごくよろこんでもらえたみたい♡)

  • 大失敗チョコ
「手作りだ。・・・・・・がんばったんだね?」
「はい、紺野先輩のためにわたし・・・・・・」
「うん、大丈夫。君の気持ちは十分伝わってる。どうもありがとう。
 ・・・・・・そうだ!次に作る時は僕も手伝うよ。僕も一緒に・・・・・・」
「ふふ、それじゃバレンタインのプレゼントになりませんよ?」
(紺野先輩・・・・・・もっと上手に作りたかったな)

  • 義理チョコ
「・・・・・・これ・・・・・・」
「えっと・・・・・・気持ちです。」
「これが君の気持ち・・・・・・そうか、僕は何を勝手に――」
「・・・・・・紺野先輩?」
「いや、いいんだ・・・・・・ありがとう・・・・・・ハァ。」
(このチョコじゃダメだったのかな・・・・・・)

友好

  • 最高評価チョコ
「これはすごいな。君の手作り?」
「はい。紺野先輩のために一生懸命作りました♡」
「僕の好きなトッピングもあるじゃないか。嬉しいな・・・・・・
 ありがとう。大事にいただきます。」
(やったぁ!よろこんでもらえたみたい♡)

  • 大失敗チョコ
 ※LV4でのみ変化(LV3は通常通り)
「手作り、だね?」
「はい♡あの、がんばったつもりなんですけど・・・・・・」
「うん、それはわかる。なんというか・・・・・・すごく個性的だ。」
「ヘタ・・・・・・ですよね・・・・・・」
「ううん、個性的だ。そういうの大事だよ。
 一生懸命作ってくれたんだ、きちんといただくよ。ありがとう。」
(紺野先輩、優しい・・・・・・上手に作りたかったな・・・・・・)

  • 義理チョコ
「これ・・・・・・みっつ目だ」
「えっ・・・・・・」
「あっ!・・・・・・いや、何でもない。」
「・・・・・・同じチョコ、たくさんもらってます?」
「まあね・・・・・・こういうのは気持ちだから。ありがとう。」
(よろこんでもらえたよね?)

普通



相手の誕生日

 (好感度苦手~ときめきのキャラでそれぞれ確認)
 (好感度による変化があるかは捜索中)

友好・好き(同じ台詞を確認)

「呼び出しなんて、迷惑じゃありませんでした?」
「全然そんなことないよ。それより、どうかした?」
「あの、今日紺野先輩のお誕生日だから……これ、プレゼントです♡」
「本当に?嬉しいな、ありがとう。開けてもいいかな?」

普通



誕生日プレゼントへの反応

 ※反応は◎と×のプレゼントのみ変化
 (好感度苦手~ときめきのキャラでそれぞれ確認・好感度による変化→たぶんナシ)

「いいね、これ。すごく気に入ったよ!」
「嬉しい……プレゼントしてよかった♡」
「その笑顔もプレゼントだな。本当にありがとう。」
(よかった、紺野先輩気に入ってくれたみたい!)

  • ×
「これは一体……」
「ダメ……でしたか?」
「あ、いや!そんな顔しないで……
 ありがとう。気持ちだけでも嬉しいよ。」
(うぅ……やっぱりダメだったみたい)


LV2で確認できたもの


下校に誘われた時の選択肢と、その後の反応

※お誘い台詞は通常通り、△&こちらからの誘いは変更なし
 (好感度普通~ときめきのキャラでそれぞれ確認)
 (好感度別の反応あり→ LV4友好→LV4好きで反応の変化確認。※選択肢は同じ)

好き以上

  • 『はい、よろこんで♡』
「はは、走った甲斐があった。」
「?どうしてですか?」
「君のそういう……嬉しそうな顔が見られたから。」
「紺野先輩ったら……ふふ!」

  • 『よければお茶しませんか?』
「うん、行こうか。」
「やった♡たくさんお話できますね?」
「いくらでも。君の好きなだけ付き合うよ。」

  • 『用事があって……ごめんなさい』
「用事……用事か。」
「あの、せっかく誘ってくれたのに……」
「いいんだ、気にしないで。気をつけて行ってらっしゃい。」
(玉緒先輩……)

友好

  • 『はい、よろこんで♡』
「よし。途中まで送っていくよ。」
「はい♡」

  • 『よければお茶しませんか?』
「ああ、いいね。付き合うよ。」
「やった♡」

  • 『用事があって……ごめんなさい』
「そうか、残念だな……気をつけて。」
(せっかく誘ってくれたのに悪いことしちゃった……)


下校・呼び方NG

 (好感度友好~ときめきのキャラでそれぞれ確認)
 (好感度別の反応あり)※好きと友好でそれぞれ確認

好き以上

「タマ、慌ててどうしたんですか?」
「ちょっと待って。それは……」
「……タマ?」
「だ、駄目だ。そんな顔で呼ばれても……」
(この呼び方はイヤみたい……)

友好

「まさか……今、僕のことを?」
「……ダメですか?たまちゃん。」
「駄目っていうか……ごめん。」
(行っちゃった……呼び方、失敗しちゃった……)

普通








このページの最終更新: 2015/06/15 00:00:09

コメント投稿欄

  • 枠内に書き込み、投稿ボタンを押すとここに表示されます。
  • 【好感度・天使悪魔LV・時期・その他発生状況】 を頭につけてもらえると助かります。
コメント