繁華街 | 森林公園 | はばたき山 | 臨海地区 | その他  


■ショッピングモール

設楽「疲れた、休むか。」
紺野「早いよ。少しぶらついてからにしよう。」
※「その他 ショッピング系共通会話」からランダムに選択

■臨海公園

設楽「ここは雰囲気があるな。」
紺野「設楽、こういうとこ結構好きそうだよな。」
○○「煉瓦道って、なんだか落ち着きますね。」
設楽「わかるけど、ちょっと年寄りくさいな。」
紺野「ノスタルジックな雰囲気があるもんな。そういうことだろ?」
○○「はい!」
設楽「そういや、年寄りくさいのは2人いたな。」
設楽「静かだな……」
○○「あ!見てください、おっきい犬!」
紺野「ほんとだ!ちょっと遊ばせてもらおうか。ほら、設楽も行こう。」
設楽「はぁ……わかったよ。行けばいいんだろ。俺が一番に触るからな。」
紺野「絵になる場所だよなぁ。でもこんな風景、設楽は見慣れてるか。」
設楽「あぁ、ヨーロッパでな。ただあの頃は、こんな風に散歩することはなかった……」
○○「設楽先輩……」
設楽「おまえらには感謝してる。……少しだけな。」
紺野「やっぱり、設楽は君といると素直になるみたいだ。」


■水族館

紺野「海の世界って、神秘的だよな。例えば……」
設楽「あぁそうだな、行くぞ。」
○○「一番大きい魚ってどれだろう……」
紺野「ジンベエザメだな。向こうにいるよ。」
設楽「大きいの探してどうするんだよ。食べるのか?」
○○「もう!そんなんじゃありません。」
紺野「食べても美味しくないよ、フカヒレ以外は。」
○○「紺野先輩まで。うぅ、ひどい……」
紺野「記念に何かグッズ買っていこうか。」
○○「いいですね!」
設楽「……俺はいらない。」
紺野「設楽―。」
設楽「いいだろ、いちいち記念とか。また来ればいいんだよ。」
紺野「あっ、ヒョウモンダコだ。」
設楽「こっちにもタコがいる。」
○○「え、わたし?」
設楽「水槽にへばりついてるおまえの口、タコみたいだ。」
紺野「そんな失礼なこと言って……悪いだろ。」


■海水浴

設楽「おまえだって泳ぎ得意じゃないくせに、妙にノリがいいな。」
紺野「泳ぐだけが夏の海じゃないだろ。素直に楽しめって。」
紺野「設楽。なんでパラソルから出ないんだ?」
設楽「日焼けするのが嫌なんだよ。あとでかゆくなるから。」
紺野「じゃあ日焼け止め貸すよ。僕が塗ってやろうか?遠慮するな。」
設楽「はぁ!?やだよ、気持ち悪い。貸せ、自分で塗るから。」
○○「(楽しそう……)」
○○「紺野先輩、何をやってるんですか?」
紺野「砂の城を作ってるんだ。」
○○「ふふっ、わたしも一緒に作っていいですか?」
紺野「いいけど……それより、みんなで作って勝負しようよ。」
設楽「みんなって、俺もかよ……」
○○「パラソルも設置したし。荷物は置いて、さあ泳ぎましょう!」
設楽「海に来たからって、泳がなきゃいけないわけじゃない。」
紺野「ほら、行くぞ。駄々こねるな。」
設楽「ああもう、わかったよ。おまえだって、泳ぐの苦手なくせに。」
○○「(ちょっと申し訳ないかも……)」

■冬の海

紺野「静かで、きっと心が落ち着くぞ。」
設楽「どうせ寒いだけだろ……」
設楽「こんなとこ歩いてたって、得る物は無いぞ。寒いだけだ。」
○○「冬の海を見ていると、胸をしめつけられるような気がします。」
設楽「風邪でもひいたらどうするつもりだ。」
紺野「こんな寂しい景色なのにどこか惹きつけられるものがあるな。」
設楽「おまえら、俺の話を聞け……」
○○「静かですね。波の音しか聞こえない……」
紺野「うん。波音が心に染み込んでいくみたいだな。」
設楽「寒さが、の間違いだろ?」
紺野「はは、上手いこと言うな。」
設楽「笑い事じゃないんだよ……」
紺野「寒いけど、いい場所だと思わないか?」
○○「なんだか気持ちが落ち着きますね。」
紺野「あぁ、自分の心の声が聞こえるような気がするよ。」
設楽「俺の心の声は、早く暖かい場所に行きたいって叫んでるぞ。」
紺野「ははは、ごめん。ちょっと長居しすぎたな。そろそろ行こう。」

■プラネタリウム

紺野「都会での天体観測……か。寝るなよ、設楽。」
設楽「なんで俺に言うんだよ。こいつの方が危ないだろ。」
設楽「おまえ、ずっとぽかーんと見てたけど、星座の1つも覚えたのか?」
○○「はい、夏の大三角形に、冬の大三角形。あと、冬の大六角形も。」
設楽「なんで図形ばっかなんだよ。」
○○「そういえば……」
紺野「覚えやすいもんな。じゃあ、それぞれを構成する星は覚えてる?」
○○「流星群に願い事を唱えるときは全部流れ終わるまでに3回唱えればいいのかな……」
設楽「知るか。」
紺野「ここの職員さんに聞いてみたら?」
○○「もう、2人して笑わないでください!」
○○「アンドロメダを助けるペルセウス、かっこいいですね。」
設楽「なんだ、女はやっぱりああいうのが好きなのか。おまえも白馬の王子様が~、とかいうクチか?」
○○「そこまで子供じゃないです……」
紺野「いいじゃないか、夢があって。僕もああいう話は好きだよ。」
設楽「……別に俺も嫌いだなんて言ってないだろ。」

■花火

設楽「花火は嫌いじゃない。だろ?」
紺野「うん。日本の夏の風物詩といえば、やっぱり花火だよな。」

  • 2年目
設楽「なに買ってきたんだ?」
○○「ジャンボたこ焼きです、名前にひかれて……3人で食べましょう。」
紺野「いいの?」
○○「はい。」
設楽「じゃあもらう……熱っ!」
○○「今、熱いから気をつけてくださいって言おうと……」
設楽「遅い……」
紺野「設楽が急ぎ過ぎなんだよ。」
--
○○「そろそろ花火が始まるみたいです。行きましょう。」
--
○○「わあ……すごい。色んな色がありますね……」
紺野「あの色は、炎色反応から考えると……」
設楽「おい、勉強の話はやめろよ?」
紺野「……悪い。風情がないよな。」
設楽「ああ。黙って見てればいいんだ。」
○○「ふふっ。」

  • 3年目
○○「ふふっ。また今年も来れましたね。」
紺野「ああ、3人でな。」
設楽「毎年の恒例行事みたいだな。」
○○「来年も、3人で来たいですね!」
設楽「バカ。無理だろ、そんなの。」
紺野「設楽……」
--
設楽「もうじき打ち上げが始まる。行くぞ。」
--
○○「もうすぐ終わっちゃう……」
紺野「君にとっては、高校最後の花火だな。」
○○「はい……」
設楽「また来ればいいだろ。来年も、再来年も。」
紺野「さっきは無理だって言ってたくせに。」
設楽「ずっとは無理だ。でも来られる限りは……」
○○「設楽先輩……」
紺野「そうだな。来られる限りは、3人で来よう。」


■イベントホール

設楽「今日は何をやってるんだ?」
紺野「なんだ、調べてこなかったのか。」
--
○○「今日のイベント、どうでした?」


『KCH交響楽団』
紺野「それなり、かな。結構楽しかったよ。」
設楽「最悪だ。」

『とんがりボーズ』
紺野「はっきり言えば、つまらなかった。少なくとも僕にとっては。」
設楽「こういうのが好きな人間もいるのか……」

『はばたきロックフェスタ』
紺野「うーん、僕はあまり好きじゃないかな。」
設楽「悪くはなかった。ギリギリ及第点だな。」

『お笑いジャイアント』
紺野「すごく面白かったな。もう一度観ても、またきっと感動しちゃうよ。」
設楽「こういうのが好きな人間もいるのか……」

『シルク・ド・リューン』
紺野「楽しい時間を過ごせたな。みんなそうだといいんだけど。」
設楽「素晴らしかったな。最高のエンターテインメントだ。」

『TRAN-SPARK』
紺野「うーん、僕はあまり好きじゃないかな。」
設楽「悪くはなかった。ギリギリ及第点だな。」



更新日時: 2015/05/10 02:59:49
wikiトップ▲ページ TOP

メモ欄

  • 枠内に書き込み、投稿ボタンを押すとここに表示されます。
メモ