※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


親友分岐イベント

■当て馬とデートの帰り、自宅前
紺野「あ……」
○○「紺野先輩……」
紺野「……ごめん。改めて連絡する」

■電話
「あ、紺野先輩から…… もしもし?」
「紺野です。今、いいかな?さっきのこと……」
「は、はい。あの……」

  • 『誤解を解く』
「なんだ、そうだったのか。僕はてっきり……
 いや、僕も変な態度をとって悪かった。それじゃ、また。」
(よかった……誤解はとけたみたい)

  • 『友達でいてほしい』
「紺野先輩に相談したいことがあって……」
「うん、わかった。まずは話を聞くよ」
「すみません。今から出て来れますか? 場所は……」

■親友ルートへ
  • (当て馬が△相手の時)
○○「紺野先輩、わたし……」
紺野「もしかして、設楽のことかな。」
○○「……そうです。」
紺野「やっぱりそうか。いつ切り出されるかなと思ってたけど……」
○○「えっ?」
紺野「さすがに気づいてたよ。設楽を気にする素振りが見え隠れしてたから。君は悟られないよう必死だったみたいだけど。」
○○「うぅ……」
紺野「はは、言ったりしないよ。こっそり応援する。だから、がんばれ。」
○○「紺野先輩……」

  • (当て馬が△相手以外の時)
○○「紺野先輩、わたし……」
紺野「○○さん」
○○「は、はい」
紺野「トンチンカンなことを言うかもしれないけど……君の相談っていうのは恋愛のことじゃないのか?」
○○「……そうです。」
紺野「やっぱりそうか。うん、そうだと思った。このところ、僕と一緒にいてもどこか遠くを見ていたり、ため息が多いなぁって……」
○○「すみません……」
紺野「あっ、違うんだ。だから、悩み事があるなら話してくれればってずっと思ってた。」
紺野「恋愛のアドバイスをする自信はないけど、話だけならいくらでも聞くよ。遠慮しないで。」
○○「紺野先輩……ありがとうございます。」


親友友情状態 追加デート

  • 男の人って
○○「男の人って、いつも何を考えてるんですか?」
紺野「女の人って、いつも何を考えてるんだろう?」
○○「えっ?」
紺野「はは、ごめん。僕も同じようなこと考えてるから。本当に何を考えてるんだろうな。男も女も」
○○(……聞き返されちゃった)

  • 異性の好み
○○「どんな女の子が好かれると思いますか?」
紺野「僕なら、一緒にいてホッとする子がいいな。肩肘張らずにいられる。似た価値観を持ってるっていうか、波長が合うっていうのかな」
○○「なるほど」
紺野「結局、好きになった人がその人の好みになるのかもしれない」
紺野「……月並みな回答になっちゃったけど」
○○「ふふ、参考になります」

  • ドキドキする時って
○○「男の人が女の人にドキドキするのってどんな時ですか?」
紺野「目が合った時かな」
○○「目……」
紺野「うん。その上ニッコリ笑われたら、ますますドキッとする。何か用事を忘れてるんじゃないかとか……強迫観念っていうのかな」
○○(……ドキドキの意味が違うみたい)

  • 女の子らしさって
○○「わたし、もっと女の子らしくしたほうがいいんでしょうか」
紺野「どうして? いまのままで十分女の子らしいと思うけど」
○○「ホントですか? 例えば……」
紺野「うん、例えば……、………………」
○○「?」
紺野「どうひっくり返っても男の子には見えない。大丈夫、女の子らしいよ!」
○○「もう、紺野先輩!」

  • 片思いについて
○○「片思いって辛いんですね……」
紺野「相談ならいくらでも乗るけど、残念ながら、気持ちの肩代わりはできないな」
○○「ううん、十分です。話聞いてもらえるだけで」
紺野「でも、僕は君のことが羨ましいよ」
○○「え、どうしてですか?」
紺野「青春だなあって思うから」
○○「紺野先輩……」
紺野「……いい、わかってる。オヤジくさいって言うんだろ。よく言われる」

  • 恋してる?
○○「紺野先輩は恋してます?」
紺野「していればよかったんだけど……」
○○「え?」
紺野「こういう時、してないって言うとみんなガッカリするんだ。なーんだ、ってさ」
紺野「そのたびに申し訳ない気持ちになる。してるよって言えたら盛り上がるんだろうけど」
○○(紺野先輩らしい……)

  • キスについて
○○「紺野先輩はキスってどう思います?」
紺野「……君は時々すごい質問をするな」
○○「す、すみません」
紺野「いや、いいよ。純粋な興味なんだろうから」
紺野「どうって言われても、愛情表現のひとつくらいとしか感想が出てこないな」
○○「紺野先輩は、キスしたこと……」
紺野「あれ、もうこんな時間だ。そろそろ暗くなる。さ、帰ろう!」
○○(……ん? ごまかされた?)

  • スキンシップについて
○○「スキンシップってどうすれば自然にできるんでしょう」
紺野「最初から自然になんて、無理じゃないかな」
○○「無理ですか」
紺野「そうして考えてるってことは、意識してしまってるってことだろ?」
紺野「何度も触れ合うウチに慣れてくるんじゃないかな。そのうち自然になるよ」
○○「な、何度も……わたしにできるかな」
紺野「君は言うけど下手じゃないと思うけど。むしろマスタークラスというか……」
○○(……?)

  • 男女の友情って
○○「男女の友情ってあると思います?」
紺野「そりゃ、あるよ。例えば僕と君は、先輩後輩の間柄だ。でも、友達とも呼べるだろ?」
○○「紺野先輩が友達?」
紺野「あれ、違う? 先輩後輩でもいいけど、それだけじゃないだろ?」
○○「ど、どうなんだろう……」
紺野「むしろ、先輩後輩と友達はほとんど同義なのかな。いや、そんなことは……」
○○(問題が摩り替わっちゃった)




更新日時: 2015/05/09 04:53:11
wikiトップ▲ページ TOP

メモ欄

  • 枠内に書き込み、投稿ボタンを押すとここに表示されます。
メモ