※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


親友分岐イベント

■当て馬とデートの帰り、自宅前
○○「旬平くん……?」
旬平「! あ~……っと、偶然! 偶然なんで! じゃあ、失礼しまーす」

■電話
旬平「…………はい」
○○「あの」
旬平「あー……うん。さっきの件?」
○○「う、うん。あのね?」

  • 『誤解を解く』
旬平「そっ……か。あー、マジびびった~……なんかオレ、すげーバカじゃん? って」
○○「あの、ごめんね?」
旬平「うん、こんなんもうカンベン。マジで心臓に悪ィよ。じゃね」

  • 『友達でいてほしい』
旬平「…………はい」
○○「あの」
旬平「あー……うん。さっきの件?」
○○「う、うん。あのね? 話しておきたいことがあるんだけど……時間、あるかな?」}}

■親友ルートへ
  • (当て馬が△相手の時)
「」
「」

  • (当て馬が△相手以外の時)
○○「旬平くん、わたし――」
旬平「わたし、好きな人がいるの! ビンゴ?」
○○「……うん」
旬平「……やっぱそっか」
○○「旬平くん……?」
旬平「うん、まあ……女心はビミョーなとこだけど、男心方面なら任せろよ。……そういうことだろ? オレに話したってことはさ」
○○「旬平くん……」
旬平「ま、そんなわけで相談はいつでもどうぞ。なんだったら今からでも。とりあえず、移動しようぜ」
○○(ありがとう、旬平くん……)


親友友情状態 追加デート

  • 男の人って
○○「男の人って、わからないよ。何を考えてるんだろ……」
旬平「オレは逆だけどなー。女のほうがよっぽどワケわかんねぇ」
○○「そう?」
旬平「うん。こんな風に男と二人でいたら疑われちゃうかも! とか思わねぇ?」
○○「……こういうのって、やっぱり良くないのかな」
旬平「まあ、あの人がそんなこと気にするようには思えねぇし、今回はいいんじゃね?」
旬平「けど、男の下心を甘く見たら困るのはアンタのほう。気をつけような、センパイ」
○○「気をつけます……)

  • 異性の好み
○○「どんな女の子が男の子に好かれるのかな」
旬平「手っ取り早いのは見た目がいいコ。顔だけってことじゃなく。小物とか服に流行りのもん取り入れたりしてると、おっ! て思うな、オレは」
○○「なるほど……」
旬平「中身はまあ、よっぽど悪くない限りは……アンタなら全然イケんだろ」
○○「よっぽど悪いって、どんな風に?」
旬平「…………うん、まあ……世の中、いろんなのがいるんだって。アンタは知らなくていいよ。ハァ……」
○○(前に何かあったのかな? 旬平くん)

  • ドキドキする時って
○○「男の人が女の子にドキドキするのって、どんな時?」
旬平「ドキドキか~……必要以上に近付かれたらドキッとすんなー。んでもって上目遣いなんかで見られたら完ッ璧。ドンと来るぜ」
○○「うーん……ね、試していい?」
旬平「なっ、何言ってんだ! ダメだって!」
○○「……ダメ?」
旬平「あーもーそれマジでありえねぇって! 絶ッ対に目ぇ開けねぇぞ!」
旬平「…………」
旬平「まだやってるし! あっち向けセンパイ!」
○○(効果、バツグン?)

  • 女の子らしさって
○○「わたし、もっと女の子らしくしたほうがいいのかな」
旬平「お、なんか目覚めちゃった? いいじゃんいいじゃん! 女の子っぽくて」
○○「もう、ふざけて……」
旬平「ふざけてねぇです。そういうさ、人を好きになったことで自分をいい方向に持ってこうとする努力、オレは好き」
○○「あ、ありがとう」
旬平「いいなー、オレにもそんな風に考えてくれるコ、現れねぇかなー」
○○(ここまで言われると、なんか照れるかも……)

  • 片思いについて
○○「片思いって、つらいよね……」
旬平「あれ? なに弱っちゃってんの? そうやってさ、自分を落とすのって楽なんだよなー。わたしなんか~、とか」
旬平「そんなネガティブなこと考えてるヒマがあんなら、自分をかわいく見せる方法の一つでも編み出せって。そうすりゃ、一瞬でもツライことなんか飛んでっちまうだろうからさ」
○○「そっか……そうかもしれないね」
旬平「そうなの。ほら、顔あげろよ、センパイ。スマイルスマイル!」
○○(旬平くん、ありがとう……)

  • 恋してる?
○○「旬平くんは恋してる?」
旬平「してなーい」
○○「そっか」
旬平「うん。あー、オレもアンタみたいに輝きたいな」
○○「輝いてる?」
旬平「そりゃもう。どんどん可愛くなってるし?」
○○「もう、またそうやって人のことからかって……本気で相談してるのに」
旬平「もう、またそうやって人のこと疑う……本気で言ってるのに」
○○「旬平くん!」
旬平「ハハッ、ごめんって!」

  • キスについて
○○「旬平くんは、キスってどう思う?」
旬平「お! とうとう来た? オットナ~」
○○「そ、そういうわけじゃなくて!」
旬平「はいはい、わかってるって。でもさ、そういう話を出すってことは何か不安でもあんの? うまくできなかったらどうしよう、みたいな」
○○「え?」
旬平「まあ、そういうことなら練習台になってやってもいいぜ……?」
○○「そっ……そんなのムリだよ! 絶対ムリ!」
旬平「うっわ、全身で拒否したよこの人。冗談に決まってんだろ」
○○「え……?」
旬平「じゃあお願いしちゃおうかな♪ ってウマイ切り返しをしろとは言わねぇよ? 言わねぇけど……スプーンひとさじ分の優しさってもんをさ……頼むぜマジで」
○○「ご、ごめん……」

  • スキンシップについて
○○「スキンシップってどう思う?」
旬平「手っ取り早くお近づきになれるし、いいんじゃね? 男から女にすんのはアレだけどそっちからされる分には相当ヤバくなけりゃ悪い気はしねぇし」
○○「相当ヤバイって?」
旬平「あー……まあいろいろな意味があんだけどさ。相当ヤバいほうがイイ気することもあるから困るんだよな……」
○○「えっ?」
旬平「えー! 適度なスキンシップを心がけましょう! 過度なスキンシップはアナタを時に身の破滅へと追いやります! 気をつけましょう。あんだすたん?」
○○(なんかよくわからないけど気をつけよう……)

  • 男女の友情って
○○「男女の友情ってあると思う?」
旬平「どっちかが色気出した時点で終了。それまでならアリ」
旬平「てか、なんでそんな確認? あ、ひょっとしてオレに対するけん制とか?」
○○「? けん制って?」
旬平「まあ、アンタはそんなテクを駆使するようなタマじゃねぇか。どうせ『うん、ちょっと気になって』みたいな感じだろ」
○○「う……」
旬平「当たった。オレ、なんかアンタのことお見通しっぽくなってきた。レベルアーップ!」
○○(うう……)




更新日時: 2011/04/22 17:16:16
wikiトップ▲ページ TOP

メモ欄

  • 枠内に書き込み、投稿ボタンを押すとここに表示されます。
メモ