ナンパ

男?「アハンッ! ちょっとカノジョ。アナタ! ああっ……目の眩むカワイさ♡」
〇〇「えっ!?」
男?「ヤバいっ、ヤバいわ。ねぇ、一緒に真夏のビーチの伝説になってみない?」
不二山「……なに、そいつ」
〇〇「嵐くん!! わ、わかんない……」
男?「あら、カレ? アナタもいいカラダしてるじゃない。でも、僕のナイスバディの前じゃ形無しねン」
不二山「しょうがねーよ。あんたと俺じゃ、鍛えてるところが違うから。……もったいねぇな」
男?「えっ?」
不二山「あんただったら、ビーチバレーとかやったら女がほっとかねーと思うけど」
男?「ホ……ホントに?」
不二山「うん。絶対やったほうがいい」
男?「イヤ~ン! ちょっと行ってくるっ! デートごゆっくり~♡」
不二山「すげーな、今のおっさん……つーか、女だけじゃなくて世間がほっとかねーよな。あそこまで行くと」
〇〇「う、うん、そうかも……」
不二山「行こ。泳いですっきりしてぇ」

金髪

金髪「ずっと見てたんだけど……キミ、超カワイイね?」
〇〇「!?」
金髪「あ、ゴメン突然。一緒にカラオケ行かね? オレ、おごっちゃうから♡」
〇〇「いえ、待ち合わせしてるので……」
金髪「ウソだぁ。ずっと見てたけどさ、キミ一人だったじゃ――」
不二山「〇〇、待っ…………誰、こいつ」
〇〇「あっ、嵐くん! えっと……ナンパの人?」
不二山「ナンパ? 帰れ」
金髪「ハァ!? なに言っちゃってんの!? イミわかんねーし?」
不二山「口だけで済んでる内に帰れっつってる。……まだわかんねぇ?」
金髪「そんな顔して意気込んだってこわくないですヨーだ! ……帰ってやるッ!」
不二山「言ってることと行動が逆だろ。ヘンなの」
〇〇「はぁ……嵐くんが来てくれてよかった」
不二山「つーか、悪ぃ。もうちょっと早く来ればよかった。気ぃ取り直して、行こ」

斎藤

斎藤「キミキミ! 突然ゴメンね? オレ、こういうモンですけど」
〇〇「えっ? “次世代アイドルグループプロデューサー”……???」
斎藤「スカウトしたの、キミを! 一目で“金のタマゴ”発見!!てキタからさ? 久々なのよ、ビビッて来たコ! サテンでオ~チャ~でもノ~ミ~ながら……」
不二山「だめだ」
斎藤「はい? あ、もしかしてカレシ? じゃーカレシも一緒にカノジョを芸能界デビューの道に……」
不二山「くどい。そんなとこにはやんねぇっつってんだ。こいつは俺んだ。他の男に振りまく愛想なんてねぇんだよ。……帰れ。つーか、失せろ」
斎藤「ウッ……そ、そんなおっかない顔してたらカノジョに嫌われちゃうから!」
不二山「余計なお世話だ。大丈夫か?」
〇〇「うん。ありがとう……それより、あの……」
不二山「ん?」
〇〇「う、ううん、なんでもない! 行こ?」
不二山「? おう」



更新日時:2018/10/17 15:26:07
wikiトップ▲ページ TOP

メモ欄

  • 枠内に書き込み、投稿ボタンを押すとここに表示されます。
メモ