※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


親友分岐イベント

■当て馬とデートの帰り、自宅前
○○「あ……嵐くん!」
 嵐「……うん。出直す。じゃな。」

■電話
 嵐「もしもし」
○○「嵐くん? わたし……」
 嵐「うん。…………」
○○「あっ……あのね?」

  • 『誤解を解く』
 嵐「そっか。そういうことか。……ほっとした。なんか、わかんねーけど。電話、どうもな。んじゃ」
○○(よかった。誤解は解けたみたい)

  • 『友達でいてほしい』
○○「話しておきたいことがあるんだけど……時間、あるかな?」

■親友ルートへ
  • (当て馬が△相手の時)
○○「あのね。わたし……新名くんのことが、その……」
 嵐「間違ってたら、悪ぃ。それは……好きとか、そういう?」
○○「……うん。」
 嵐「ああ……それでおまえ、最近ヘンだったのか。3人でいるときとか、特に。」
○○「ごめんね。こんなこと、急に……」
 嵐「いい。納得いった。なんか。」
 嵐「とりあえず、あいつのことでなら、協力できる……と思う。」
 嵐「がんばれ。応援してやるよ。」
○○「嵐くん……ありがとう……」

  • (当て馬が△相手以外の時)
○○「あのね。わたし……その、気になってる人がいて……」
 嵐「気になる? ……それ、あれか? ひょっとして。ラブ……とか?」
○○「う、うん」
 嵐「…………」
○○「嵐くん?」
 嵐「あ? ああ、悪ぃ。そっち方面、全然ダメだから言ってくれて助かった」
 嵐「相談とか……乗ってやりてぇけど、こんなだからな、俺」
 嵐「グチくらいなら聞いてやるよ。言いやすいだろ、俺になら。まあ、がんばれ」
○○「……うん。ありがとう……」


親友友情状態 追加デート

  • 男の人って
○○「男の人って、わからないよ。何を考えてるんだろう……」
 嵐「何って、いろいろ考えてんだろ、男だって」
○○「それは、そうだろうけど……」
 嵐「わかんねーな。気になるなら本人に聞けよ」
○○「そういうわけにもいかないよ」
 嵐「なんで? なに考えてんだ?って聞きゃすむだろ?」
○○「う~ん……」
 嵐「言ってみろ、ほら、なに考えてんだ?って」
○○「なに考えてんだ?」
 嵐「そうそう。でも、もうちょっと女らしくな? なに考えてんのよ? とかな」
○○(なんかケンカになりそうだけど……)

  • 異性の好み
○○「どんな女の子が男の子に好かれると思う?」
 嵐「ハァ……女はめんどくせーな」
○○「じゃあ、いいよ……」
 嵐「よくねーんだよ」
○○「?」
 嵐「こうすれば好かれるとかさ。わかっててやってる女は嫌だ」
○○「…………」
 嵐「実際、俺にはそういうの、見ぬけないだろうし、だまされる奴も多いだろうけど。おまえはそういうこと、すんな」
○○「うん……そうかも知れないね」
 嵐「正々堂々、男らしく行けよ。な?」
○○(……ん?)

  • ドキドキする時って
○○「男の人が女の子にドキドキするのって、どんな時?」
 嵐「ドキドキって……そりゃあ……」
○○「なになに?」
 嵐「えぇと、スカートが……」
○○「?」
 嵐「ほら、風が吹いたりすると……」
○○「…………」
 嵐「なんだよ! だって、おまえが聞いたんだろ? ドキドキって!」
○○「もう。そういうことだけ? ドキドキするのって」
 嵐「わかった! そういうことじゃないほうな? じゃあ……」
○○「うん」
 嵐「あれは……いや、そういうほうだよな。じゃあ……あれもか。ええと、待てよ?」
○○(“そういうほう”ばっかりみたい……)

  • 女の子らしさって
○○「わたし、もっと女の子らしくしたほうがいいのかな?」
 嵐「なんで?」
○○「女の子らしくないのかな、って思って。どう?」
 嵐「ビミョー」
○○「ビミョーって……」
 嵐「それくらいでいいだろう。あんまり女っぽい奴は、めんどくせー」
○○「そういうもの?」
 嵐「ああ。なんか気、遣わなくていいし。感じいいよ、おまえは」
○○(うーん、褒められた気がしない……)

  • 片思いについて
○○「片思いって、つらいよね……」
 嵐「“つらいよね”って言われてもな。どうした?」
○○「ううん、ちょっとね」
 嵐「…………。俺はさ、片思いも両思いもまだ知らねーよ」
○○「?」
 嵐「でも、いつかそうなったら、精一杯、苦労してやる。無駄な苦労なんて無いって、師範が言ってた。だから、片思いにも意味があるんだろ」
○○(嵐くん、ありがとう……)

  • 恋してる?
○○「ねぇ、嵐くんは、恋してる?」
 嵐「してねぇよ。するかよ、そんなの」
○○「そっか……そうだよね」
 嵐「なんだよ? してなきゃ悪ぃのかよ」
○○「ううん、べつに?」
 嵐「……そうだ。なあ、今のもう一回きいてみろ」
○○「恋してる、って?」
 嵐「そう。俺の答えはこうだ」
○○「?」
嵐「ああ、柔道にな……」
○○(本当に恋してないみたい)

  • キスについて
○○「あのね、嵐くんは、キスってどう思う?」
 嵐「キ……え?」
○○「あの、キスって……」
 嵐「何やってんだおまえ……俺ら高校生だぞ?」
○○「えぇと……しちゃったとか、そういうことじゃないよ?」
 嵐「なんだよ……焦らせんなよ」
○○「ゴメン。マズイのかな? 高校生としては」
 嵐「まあ、平気な奴もいるだろうけど、俺は、嫌だ」
○○「そっか」
 嵐「大人がすることすんなら、やっぱ、自分で責任取る覚悟が必要だろ」
○○「責任か……そういう考え方もあるよね」
 嵐「そういう考え方しかねぇよ。アタマ冷やせ」
○○(う~ん……)

  • スキンシップについて
○○「スキンシップってどう思う?」
 嵐「スキンシップ? まあ、信頼感は出来るな」
○○「そうだよね、なるほど」
 嵐「ミット相手に投げ込みやるより、人間の方が実感あるしな。俺、組み手重視だし」
○○「あ、そうか。それもスキンシップだね」
 嵐「それもって、あぁ……柔道じゃない方の?」
○○「うん、男女のっていうか、さ?」
 嵐「男女って……そんなの、俺に聞かれてもな」
○○「そうだよね。……あれ、わたしは?」
 嵐「あ、そっか。おまえも女だよな? まあでも……組み手みたいなもんだろ」
○○(なんだかなぁ……)

  • 男女の友情って
○○「男女の友情ってあると思う?」
 嵐「そりゃ、あるだろ?」
○○「ふぅん、ハッキリしてるんだね?」
 嵐「最近になってだけどな。前は、女のダチなんて、考えたこともなかった」
○○「そうなんだ?」
 嵐「おまえと付き合ってから、なんだ、男も女もカンケーねーなって、分かった」
○○「それは……褒められてる?」
 嵐「褒めてんだろ? おまえはいい奴だよ。女にしとくのもったいねー」
○○(う~ん、それはそれで……)




更新日時: 2016/02/26 20:39:13
wikiトップ▲ページ TOP

メモ欄

  • 枠内に書き込み、投稿ボタンを押すとここに表示されます。
メモ