※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


追加デート 通常

  • 好きなテレビ番組
「必ず見てるテレビ番組って、ある?」
「バラエティとか、話題のドラマは一通り見てる。」
「一通り?」
「うん。やっぱさ、そういう引き出しって大事なんだって。
 アンタもいろいろ見たほうがいいよ。ホント。」
「特にどういうときに大事だなって感じる?」
「そりゃあいろんなお姉……」
「おね?」
「……おねがいをお星さまにするときとか?みたいな?まあそんな感じ?」
(どんな感じ?)


  • 好きな食べ物
「好きな食べ物ってなに?」
「あ、なんか作ってくれようって話?」
「まあそれはそれとして。好き嫌いとか、どう?」
「う~ん……ピザとか、パスタとかだな。特にトマトソースのが好き。」
「トマトソースか、なるほど。」
「トマトソースっていってもさ、ケチャップじゃないぜ?
 なんつーか、もっと本格的な?」
「本格的か……難しそう。」
「大丈夫だって。不味くても、美味いって言ってやるから。な?」
(悪気はないんだろうな……)

  • 好きなスポーツ
「新名くんって、好きなスポーツとかある?」
「流行りのものにはとりあえず手を出す。それがオレの美学とでも言っておこうか。」
「ふふっ、なぁに、それ。」
「ハヤリもんには手ぇ出さねぇってヤツ、いるだろ?」
「でもオレから言わせりゃ、ンなこと言って殻にこもってるほうがよっぽどアレなんだって!」
「その中からコレってやつが見つかるかもなのにさ、それを自分から遠ざけるのってどうよ? なあ?」
「う、うん。そうかもしれないね。」
「でもってさ、そういうこと言うのって、大ッ抵熱血野郎だったりすんだよな。」
「だから苦手なんだよ、熱血って。」
(新名くん、けっこう熱血なような気がするけどなぁ)

  • 良く聴く音楽
「新名くんは、どんな音楽が好き?」
「ハヤリのもんは基本として。トランスとかのアッパー系が割と好きだな。それをさ、ヘッドホンしてボリューム最大で聴くわけ!そうすっとこう――」
「耳が痛いとか?」
「…………」
「ん?」
「うん、まあ……間違ってねぇよ?間違ってはねぇけど……静かな方面も今度、開拓してみっかなー……うん、そうするわ。助言あんがと。」
(何かヘンなこと言っちゃった?)

  • 趣味について
「新名くんって、なんか趣味持ってる?」
「釣り。」
「釣り? 新名くんが?」
「え?……あー、昔の話!ガキの頃。親父にムリヤリ連れられて。うん。
釣りなんて地味だし。おっちゃんとかじーちゃんしか居ねぇし。」
「ふぅん……じゃあ今は?」
「今!?あ~……今は~……あ!服屋!ショップ行くわ、そういやオレ。オレの趣味はショップ巡り。うん、それで!」
(思い込もうとしてる?)

  • 学校のことについて
「新名くんは中学生のころどんな子だった?」
「ダチとつるんでナンパ三昧だったなー。」
「…………」
「あっ、なんだよその目!アンタから聞いたクセに!しょうがねーじゃん、男には付き合いってもんがあんだからさ。」
「わたしに声をかけたのも付き合いの一環だったってこと?」
「あれは違ッ……!……あ~……でもそう言われてもしかたねぇ言い方だったな、今の。今のナシっつーのも男らしくねぇし?うん、今後は気をつけるわ。」

  • 将来の夢について
「将来の夢か~……金持ちになる?」
「ふふっ、どうやって?」
「それはこれから探すんだよ。ま、楽にそうなろうなんて甘いことは言わねぇよ?オレは。」
「そうなの?」
「そりゃそうだろ。甘く手に入ったもんってのは簡っ単に出てくからな。
 アンタもそんな話があっても乗っちゃダメだぜ? ホント?ホント?なんつってすーぐ騙されそう。
 まっ、そんなときはオレが止めてやっから。安心していいよ。」
(新名くんって案外堅実なタイプなのかも?)

  • 異性の好み
「ね、新名くんの好みってどんなタイプ?」
「あ、なんか気になっちゃう感じ?」
「うーん、なんとなく?」
「なんとなくかよ。まあいいや。いろんなこと話せるコがいい。」
「いろんなことって?」
「アンタと話してるようなこと。」
「こんなことでいいんだ?」
「こんなことがいいんだって。…………」
「ん? なに?」
「……えぁっ!?いや、べつに……まあその、なんだ、これからもよろしく!ってこと、みたいな?」
(???)

  • 恋愛について
「新名くんは恋愛ってどう思う?」
「マジメにするもんじゃねぇなって思ってた。」
「どうして?」
「だってさ、自分のことより相手のことばっかになるとかって怖ぇじゃん。なんとなく。でもまあ……そんなんムダな心配だったけど。基本、楽しいってわかったし。……それでもやっぱ、別の意味で怖ぇって思うことはある。」
「怖い?」
「……うっかり動いたら、今あるものが、ぜーんぶなくなっちまいそうでさ。スッカラカンに。
 本気のレンアイなんて、やっぱするもんじゃねぇなって心の底から思ったこともあるけど、こうなった以上は最後まで付き合うって決めた。
 だから逃げんなよな、アンタもさ。」
(新名くん……?)

告白未遂イベント

※「恋愛について」を聞いた次の回のデート後に起きる会話イベント
「前にさ。恋愛がどうとかって話、したじゃん?」
「うん。それがどうかした?」
「本気で最後まで付き合うって決めたのはオレだし、逃げんなっていうオレの願いを、アンタは聞き届けてくれてるっぽいけど?
 ……なんかさ、疲れちゃった。てか、手ごたえみたいなのがなくて不安っていうか……
 だからもう、エンディング迎えちゃってもいいんじゃね?って思ってみたり……」
「エンディング?」
「そう、エンディング。……目の前で、他のヤツにかっさらわれるくらいなら。ここで。」
「新名くん、でも……」
「しっ……聞いて?オレ、アンタのこと――」
「目の前って、わたしの前には新名くんしかいないよ?」
「…………
 あ、あのさ。それって、オレしか見えてねぇとかそういう意……
 ……-や、騙されねぇし!」
「!?」
「アンタはいつもそう!オレ、アンタのそういう思わせぶりなとこ……!
 ……嫌いって言えたら楽になれんのに~……あーもー……帰ろ帰ろ!エンディングはナシ!
 ハァ……なんでこんなコトばっか……オレ、神様にまでいじられてる?ヤダヤダ……」
(???何が言いたかったんだろう、新名くん……)

釣りイベント

※「趣味について」を聞いた後花見デートで発生
「なあ。まだ時間、平気?」
「うん。どうして?」
「行きたいとこあんだよ、まあ、釣り堀なんだけどさ。付き合って。」
「あれ? 新名くん、釣りなんて行かないって言ってなかったっけ。」
「あー、まあ。とりあえずバス停に移動!」
「う、うん。」

「わあ……」
「な、いいだろ、ここ。超穴場なんだ、桜の。あと秋口もけっこう気持ちイイ。」

「さっきも言ってたけどさ。趣味ってなにって聞かれたときオレ、別のこと言ったじゃん?」
「……あれウソ。バリバリ見栄張った。」
「どうして?」
「釣りが趣味、なんてったら地味でカッコワルイとか思われっかなーって。一人でのんびり、ボーッとできるようなとこもけっこう好き……とかって、イメージ違うし。それで。」
「そういう風にわたしが思いそうだって思ってたんだ?」
「だってアンタ『釣り?』って聞き返すんだもん。『は? 似合わなーい!』みたいな顔して。」
「そ……そんな顔してない!」
「あー、鏡見せてやればよかった……って、ウソウソ。そんなに怒んなよ。カワイイ顔が台無しだぜ?」
「またそんなこと言って……」
「……まあ、なんつーの? 自信がなかったんだよ。けど、今なら言っても大丈夫なんじゃねぇ? とか思って言ってみちゃった。」
「オレの予想、外れてないよな? ……自惚れじゃねぇって、思ってもいいよな。」
「新名くん……」
「さてと。そろそろ始めようぜ。多く釣ったほうが勝ち。負けたほうにおごる!」
「うん。……ん? フツウ、逆じゃない?」
「心配すんなって。どうあがいてもアンタが勝つことはないから。」
「……それはどうかな?」
「はいはい、がんばろうね。」
「もう!」

更新日時: 2015/03/29 18:20:35
wikiトップ▲ページ TOP

  • メモ欄
  • 枠内に書き込み、投稿ボタンを押すとここに表示されます。
メモ