※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


ナンパ

男?「ちょっとちょっと!」
○○「!?」
男?「もうっ! なにそれ、ありえなくない?」
○○「え? はぁ、あの……」
男?「やだもうこの娘ったら……その水着でしょうが! 時代はトップレス! お姉さんをお見?」
○○「お姉さんて……あの、わたし待ち合わせですから――」
男?「そんなのヤメヤメ! どうせフニャフニャした今どきのメンズなんだから! いいから、いらっしゃい!」
○○「え!? あの、ちょっと――」
琥一「おいコラ。テメェ、ナンパか?」
○○「あ、琥一くん! よかった……この、おじさ――お姉さん?が……」
琥一「お姉さんだぁ?」
男?「……抱いて。」
琥一「はぁ!?」
男?「いけない! ワタシったら、つい心の声がっ!」
○○「…………」
男?「成人式を2度すませたこのアタシを一発でKOなんて罪なオトコ……フゥ、危ない。今日は仕切り直しね?」
琥一「……新手のナンパか? 独りにしねぇようにするからよ、オマエも気ぃつけろ?」
○○「うん。でも、ナンパされたの、琥一くんかも……」
琥一「オイ!! 気味ワリィこと言うな……」
○○「そ、そうだね……行こう?」

金髪

金髪「チョリ~ッス! ワッ、カノジョ、ヤバくね?」
○○「……え?」
金髪「つーか、超ヤバくね? つーかヒマしてる? 近くにいい店あんだけど、行かね?」
○○「あの、わたし、今、待ち合わせで――」
金髪「えぇっ? それマジ冷たくね? 話くれぇ、いんじゃね? つーか俺、マジ惚れてね?」
琥一「のけ。」
金髪「オワッ!?」
○○「琥一くん!」
琥一「おう。 ほら、行くぞ。」
金髪「イテテ……コラッ! なんだテメェは……あ。」
琥一「あぁ? なんか言ったかコラ。」
金髪「いえなんにも! つーか、え? 桜井アニじゃね? じゃ、俺その女に……つーか俺、終わってね?」
琥一「いいから失せろ、気分悪ぃ。」
金髪「スンマセーン! つーか俺、逆にツイてね?」
○○「…………琥一くんのこと、知ってたね? 友達?」
琥一「知るか。ま、この辺じゃ顔だからよ。それより、オマエな、誰彼かまわず愛想良くすんな。」
○○「えっ? わたし、愛想よくなんてしてない。」
琥一「してんだよ、オマエは。自分でも知らねぇうちによ。」
○○「そんなことない! だいたい、琥一くんが遅れて来るから――」
琥一「ヘェヘェ、ほら、行こうぜ。」

斎藤

斎藤「はい来たドーン!」
○○「!?」
斎藤「はい目線ちょうだい。……いいね目ヂカラあるねぇ。HBK428知ってる?」
○○「知りませんけど……」
斎藤「はい次目線バラして。じゃ、昨日ちょうど一人卒業したの、知ってる?」
○○「いえ、ぜんぜん……」
斎藤「だよね入りたいよねぇ! はいオッケー! わかったプロデュースしよう。ハンコ持ってる?」
○○「えっ!? なんでですか?」
斎藤「時間無いんだよな……じゃちょっと話しようか? ヒーコーミーノーでメーシーでもクーイーして。」
○○「ちょ、ちょっと――」
琥一「俺も聞きてぇなぁ!」
斎藤「ゲッ!?」
○○「あ、琥一くん!」
斎藤「な、なにお知り合いの方、そっち系のアレみたいな? 言ってくんなきゃ、そういうの先に!」
琥一「儲け話か? 俺にも聞かせろや。」
斎藤「ゴ、ゴメンねぇ、うちの事務所メンズ無くて――ズイマーだケツあったんだ。はい、お疲れちゃん!」
琥一「あのオッサン、昔からこの辺うろちょろしてんな……」
○○「ハァ……よかった、琥一くんが来てくれて。」
琥一「よかねぇんだよ。オマエなぁ……ちっとは気をつけろ、目立つんだからよ。」
○○「わたし? 目立つかな?」
琥一「目立つんだよ。その……あれだ、こう、男から見るとよ。」
○○「?」
琥一「これだ。 やっぱ、俺が見張ってねぇとな。ほら来い、行くぞ?」


更新日時: 2011/01/26 16:30:03
wikiトップ▲ページ TOP

メモ欄

  • 枠内に書き込み、投稿ボタンを押すとここに表示されます。
メモ