※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


1回目

「あのさー……」
「ん? なに?」
「まあアンタのことだから? ちゃんとした答えは期待してねぇんだけど」
「どういうつもりで触ってんの?」
「えっ?」
「アンタのは、スキンシップの範疇超えてると思うんだよな。自覚ある?」
「ご、ごめん……わたし、遠慮なかったかも」
「…………もし、さ」
「もし、1コ下ってことに安心してそういうコト、オレに仕掛けてきてるんだとしたら……」
「その認識、間違ってっから。それは先に言っとく。男として」
「じゃ、そういうことで。またな、センパイ」
(旬平くん……)

2回目

「ストーップ」
「えっ!?」
「……アンタ、こないだオレが話したこと、覚えてる?」
「えぇと……あ!」
「見事に忘れてた、と。アンタらしいっちゃアンタらしいけど」
「イヌとかネコじゃねぇんだからさ」
「触られて嬉しい! だけじゃ男は済まねぇの、いいかげんわかろうぜ」
「うん……ごめん……」
「……で、ソレだもんな。ズリィよ、マジで」
「次もいいかな~って気になっちゃう。イヌとかネコでもいいかな! みたいな」
「……ハァ。ヤダヤダ」
(落ち込んじゃった……)

3回目

「やっぱオレを試してんの? アンタ」
「えっ!」
「まあ、たしかに? イヌネコでもいいかなー、って言ったのはオレだけど?」
「ご、ごめん」
「…………なんだったらもうそういう方向に行ってみちゃう?」
「そういう方向?」
「にゃー!」
「!?」
「センパイ! ボクのこと、にゃでにゃでして!」
「ボク、センパイににゃでにゃでされるの、だーいすき!」
「…………」
「…………」
「ネェわ……マジでネェ」
「アンタに触られると、いろんなネジが吹っ飛んで困っちゃう」
「あっち系に行きそうになんのをなんとか抑えようとしたらコレだし……」
「あーもー……神様助けてー」
(あっち系?)

4回目

「アンタって、パーソナルスペース狭いよなー」
「パーソナルスペース?」
「そっ。ためらいもなく人のこと触るし、これでもか! ってくらい近づいてくるし?」
「距離感ゼロ! オレそんな人、初めて」
「あ、あの……わたし、またやっちゃってた……?」
「やっちゃってました」
「う……ごめん」
「……いいけどさ。そっち方面に行く気あるんだったら、全ッ然」
「えっ?」
「…………」
「理性を押し退けてカラダが勝手に動き出す前に、答え出して。なるべく早く」
「距離感をゼロにして、とけちゃいてぇとか思ってるオレを止められんのはアンタだけだから」
「○○ちゃん。頼むよ」
(旬平くん……)

5回目

「…………」
「……あっ! ごめん……」
「…………」
「アンタさ。オレの認識、間違ってるよ」
「えっ?」
「オレのこと、ただのチャラチャラ浮ついた口だけの男とか思ってねぇ?」
「そ、そんな風になんて、わたし――」
「なめてんだか信用してんだか知んねぇけど!」
「アンタとオレの距離がマジでこれ以上縮まったらどうなんのか」
「その辺の想像力働かせねぇと、痛い目にあうぜ?」
「旬平くん……」
「忠告。これで二度目だから」
「……いざってとき、覚えてないとかフザケたこと、言わせねぇよ?」
「じゃね」
(旬平くん……なんだかいつもと違ってた……)

6回目

「あーもー……限界突破」
「えっ?」
「手、貸して」
「? ……はい」
「…………」
「ギューッ!」
「痛っ……痛いよ、旬平くん!」
「ハハハッ、お仕置きです! てか、今までの仕返し!」
「うう……」
「もう1回」
「えっ!?」
「オレがされてきたこと考えたら一回じゃ足んねぇし。はい、貸して」
「……痛くしない?」
「どーすっかなー?」
「……ウソ、優しくする」
「じゃあ……」
「…………」
「……旬平くん?」
「はい、終わり」
「あの……」
「……続きはアンタのいろんなモンがオレのになったら」
「それまではおあずけ。何が起こるのか、楽しみにしてて」
(旬平くん……)



寸止め会話

  • 「そんなに遠慮ないとさ、帰さねぇよ?」
 「帰りたくないな……」
  「えっ、マジで!? いや、ゴメン、オレがムリそう。……ビビッた」
 「それはダメ」
  「思わせぶりなことすっからさ、ちょっとイジワル言ってみた。ゴメン」

  • 「ね、そうやって触んの好きなの?」
 「好きだよv」
  「そ、そうなんだ。ストレートに言われちゃうとドキッとするじゃん……」
 「どうして?」
  「どうして、ときたか。あのさ、他の男には同じことしねーで欲しいな……?」

  • 「やっぱさ、アンタにとってオレは弟みたいなもん?」
 「そんな感じだよね」
  「そっ……か。どうしたら弟ポジションからレベルアップできんのかな……」
 「ちょっと違う気がする……」
  「……マジ? それって、オレに都合よく捉えてもイイってこと?」

  • 「この道が、どこまでも続いてればいいのにな……」
 「ふふっ、そうだね」
  「マジでそう思ってる? だったらオレ、すっげ幸せなんだけどな」
 「それじゃ帰れないよ」
  「そりゃそうだけどさ? 冷てーの……」

  • 「アンタって構ってちゃんだよな、ホント」
 「そうかも」
  「そっか。じゃ、いいや。気の済むまで構ってあげるv」
 「そんなことないでしょ?」
  「ウソだろ? これが無意識なんだったらヤバいよ?」

  • 「ほらー、足元暗いんだから程々にしねーとコケるよ?」
 「そうだよね、ゴメン」
  「イヤじゃねーんだけど、転んでケガされたらオレ困るし? な?」
 「旬平くんが支えてv」
  「なに言ってんだかこのコは……つか、そんだけじゃ済まねえし、きっと」

  • 「なんか不安なの? オレのこと」
 「うん、ちょっと……」
  「大丈夫。アンタにもオレにも、後悔するようなことはしない。だから安心して?」
 「ぜんぜんないよ?」
  「あ、そう……ちょっとくらい警戒したらどうよ、アンタ」

  • 「ちょっと離れっかな……」
 「近すぎた?」
  「まあね。オレの中にいる、悪魔オレがキケンなカンジ?」
 「…………」
  「あーもう。そんな目で……どうしたらいいよ、オレ」

  • 「イイってことなんかな……いや、ダメだよな……」
 「ダメってなにが?」
  「えっ、あ!? 聞こえなくていいから! もう……」
 「旬平くん?」
  「……ダメだな。まだ早ぇ。ううん、なんでもねぇよ?」

  • 「人の体温って、なんかホッとしねえ?」
 「そうだね」
  「だろ? 今、すっげ安心してる。アンタのあったかさで」
 「そうかなぁ……」
  「クールだなぁ……そういうアンタも嫌いじゃねーけどさ?」





更新日時: 2011/01/13 20:13:49
wikiトップ▲ページ TOP

  • メモ欄
  • 枠内に書き込み、投稿ボタンを押すとここに表示されます。
メモ