※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


下校


誘う/下校

好感度 琉夏>琥一

○○「琉夏くん、琥一くん。」
琉夏「ん?」
琥一「おう。」
○○「良かったら一緒に帰らない?」
  • 両方OK
琉夏「俺はオッケー。」
琥一「俺もいいぜ。」
○○「良かった。じゃ、行こ。」
  • 琉夏NG
  • 琥一NG
  • 両方NG

②(琉夏好き以上)
○○「琉夏くん、琥一くん。」
琉夏「◯◯、もしかして待っててくれた?」
※以降は①と同じ
  • 両方OK
琉夏「もちろんオッケー♡」
※以降は①と同じ

好感度 琉夏<琥一

○○「琥一くん、琉夏くん。」
琥一「あ?」
琉夏「よっ。」
○○「良かったら一緒に帰らない?」
  • 両方OK
琥一「オウ。」
琉夏「俺もいいよ。」
○○「良かった。じゃ、行こ。」
  • 琉夏NG
琥一「オウ。」
琉夏「俺、ダメ。用事ある。」
○○「そっか……琉夏くん、またね。」
琥一「じゃ、帰るか。」
  • 琥一NG
琥一「用があんだよ。」
琉夏「俺はオッケー。」
○○「そっか……琥一くん、またね。」
琉夏「そんじゃ、俺らは帰ろ?」
  • 両方NG
琥一「用があんだよ。」
琉夏「ゴメン、俺も用事ある。」
○○「そっか……残念。バイバイ。」

誘う/喫茶店

好感度 琉夏>琥一

○○「琉夏くん、琥一くん。」
琉夏「ん?」
琥一「オウ。」
○○「良かったらみんなでお茶しない?」
  • 両方OK
琉夏「お茶か……うん、いいよ。」
琥一「俺もいいぜ。」
○○「良かった。じゃあ、行こ。」
  • 琉夏NG
  • 琥一NG
  • 両方NG
琉夏「ゴメン、ちょっとムリ。」
琥一「俺も無理だ。」
○○「そっか……残念。バイバイ。」

好感度 琉夏<琥一

  • 両方OK
琥一「俺はいいぜ。」
琉夏「お茶、俺も行こっかな。」
○○「良かった。じゃ、行こ。」
  • 琉夏NG
  • 琥一NG
  • 両方NG

誘われる

好感度 琉夏>琥一

琉夏「○○ちゃん、なにやってんの?」
○○「あっ、琉夏くん、琥一くん。」
琉夏「俺達と一緒に帰ろ?」
琥一「どうすんだ?」(友好) / 「よう。」(普通)
『うん。一緒に帰ろう』
琉夏「よし、じゃあ行こっか。」
○○「うん。」
『じゃあ、お茶して帰ろうよ』
琉夏「うん、いいね。ちょうど、腹減ってた。」
○○「うん。じゃ、行こ。」
『ごめんね、今日は用事あるから』
琉夏「じゃあしょうがないな。またね。」
琥一「じゃあな。」 (友好) / 「じゃ。」(普通)
②(琉夏好き以上)
琉夏「○○、みーつけた♪」
○○「あっ、ルカ、コウ。」
琉夏「ね、俺たちと一緒に帰ろ?」
『うん。一緒に帰ろう』
琉夏「やった、早く行こ? ……あ、やっぱ、ゆっくりで。」
○○「ふふ、いいよ。」
『じゃあ、お茶して帰ろうよ』
琉夏「俺も言おうと思ったんだ。オマエの顔みたらなんか腹が減ってきた♪」
○○「ふふっ。じゃ、行こ。」
『ごめんね、今日は用事あるから』
琉夏「そうなの? 残念。じゃあ、またね。」

好感度 琉夏<琥一

琥一「よう、○○。」
○○「あ、コウ、ルカ。」
琥一「俺らと帰んねぇか?」
琉夏「行くよね?」(友好) / 「よっ。」(普通)
『うん。一緒に帰ろう』
琥一「じゃあ、行くか。」
○○「うん。」
『じゃあ、お茶して帰ろうよ』
琥一「たまにはゼータクするか。」
○○「うん。じゃ、行こう!」
『ごめん、今日は用事があるから』
琥一「しょうがねぇか。じゃあな。」
琉夏「またね。」
○○(せっかく誘ってくれたのに、悪いことしちゃったかな)

②(琥一好き以上)
琥一「よう、○○。」
○○「あ、コウ、ルカ。」
琥一「一緒に帰んねぇか? ルカもいるけどな。」
『うん。一緒に帰ろう』
琥一「おう! ……いや、行くぞ。」
○○「うん!」
『じゃあ、お茶して帰ろうよ』
琥一「あぁ、悪かねぇな。行くか。」
○○「うん。じゃ、行こう!」
『ごめんね、今日は用事あるから』

下校会話

【春休み前】

○○「もうすぐ春休みだけど、2人でなにかしないの?」
琉夏「2人で? なんかあった、コウ?」
琥一「ねぇだろ、なモン――あ、そう言えば、おい、あれどうするよ?」
琉夏「あぁ、また招待状来てたっけ。」
○○「なになに?」
琉夏「オヤジの代理で、バイクの集まりに行くかも。」
○○「へぇ、いいね! お父さんの代理って?」
琥一「ガキの頃、休みになるとオヤジと3人で行ってたんだ。」
琉夏「オヤジ、すっかり歳食っちゃったから、最近は俺らに招待状が来る。コウ、どうする?」
琥一「行くのは構わねぇけどよ……また、寝袋か?」
琉夏「まぁね。俺らビンボーだしね……」
○○(寝袋でツーリングか……いいな、男の子って)

【春まっただなか】

○○「ハァ……日差しが暖かい。春真っ盛りって感じだね?」
琉夏「眠い……」
琥一「寝んな。キリキリ歩け。」
○○「ふふっ、いくらなんでも歩きながらは――」
琥一「寝るぞ、こいつは。」
琉夏「うん、寝るね。」
○○「……本当に?」
琉夏「あるじゃん、寝たまま歩くことって。」
琥一「ねぇよ。」

【体育祭前】

○○「そういえば、もうすぐ体育祭だね。」
琥一「そうだったか、ルカ?」
琉夏「知らねー。そうだった?」
○○「そうなの! もう……2人ともちゃんと練習に参加してる?」
琥一「練習ってオマエ、俺らがそんなタマに見えるか?」
琉夏「俺はしてるよ? 練習。」
琥一「はぁ? マジかよ?」
琉夏「超マジ。」
○○「琉夏くんえらい! なんの練習したの?」
琉夏「俺? フォークダンス。」
琥一「なんだそりゃ? ダセェぞ、ルカ。」
○○「琥一くん! いいことだよ、ね?」
琉夏「ね? それにさ……サボったり振付覚えてなかったりしたら
    体育の単位は無いって、大迫ちゃんが……」
琥一「おぉ!? 聞いてねぇぞオイ……」
○○(2人とも、本当に大迫先生には頭があがらないんだ……)

【夏休み前】

○○「もうすぐ夏休みだね? 2人はどうするの?」
琉夏「どうしよう。どっか行きてーなー……な?コウ?」
琥一「まず雨どいの掃除だろうが。」
琉夏「そうだった……屋根の方はどんな感じ?」
琥一「マズイな。そうとうマズイ。」
○○「どうしたの?」
琉夏「WestBeach、オンボロだからさ。」
琥一「雨漏りがひでぇ。」
○○「わぁ……それは大変だね。」
琥一「台風が来るまでになんとかしねぇと、水浸しになるぞ。」
琉夏「それもいいじゃん。秋には乾くだろ、きっと?」
琥一「良かねぇんだよ。俺のコレクションが濡れるだろーが?」
琉夏「だから大事なモンは持ってくんなって――」
○○「まあまあ!」

【秋まっただなか】

○○「道に落ち葉が落ちてる……秋だなぁ。」
琥一「クッ……ポエムか、おい?」
○○「そうだよ? たまには、いいでしょ?」
琉夏「ここで一句。」
琥一「なんだ、いきなり……」
琉夏「”帰り道 落ち葉が舞ってる まあステキ”。」
琥一「まんまじゃねーか。」
○○「あんまり俳句っぽくないよ?」
琉夏「じゃ、コウの番。」
琥一「バカ、やんねーよ。」
琉夏「やれよ!」
○○「はい、どうぞ!」
琥一「あぁ……落ち葉が、あぁ……その、夕日で、ほら、アレだ……」
琉夏「はい、ダメー!」
琥一「ちっと待て! いいか?落ち葉が、だな――」

【文化祭前】

○○「もう少しで文化祭だね。」
琉夏「文化祭だぞ? サボんな、コウ?」
琥一「オマエもな?」
琉夏「ハハハ!」
琥一「ククッ……」
○○「コラ! ちゃんと出なきゃダメだよ!」
琥一「ウルセーな、たかが文化祭だろーが?」
琉夏「そうそう、コウと文化は無関係だから。」
琥一「そりゃオマエだ、オマエ!」
琉夏「ハハハ!」
琥一「ククッ……」
○○「もう……しょうがない。大迫先生に言いつけよう。」
琥一「おい、チクんのかよ!」
琉夏「大迫ちゃんはダメだって! 耳引っ張るんだ!」
○○「知らない! 言いつけよう!」

【冬休み前】

○○「もうすぐ冬休みだね。」
琉夏「ハァ……俺、冬眠する。」
○○「琉夏くん、寒いの苦手だもんね。」
琥一「おぉ。コイツ寒いとこで生まれたくせに――いや。」
琉夏「…………」
琥一「いや、コイツは雪が降れば元気になるぞ。大騒ぎだ。」
琉夏「そこは騒ぐでしょ。だって雪だぜ?」
○○「そうなの?」
琥一「犬みてぇなもんだ。」
琉夏「わおーん!」
琥一「吠えんな、馬鹿。」

【冬まっただなか】

○○「ウゥ……寒いっ! ここのところ寒い日が続くね?」
琉夏「コウ、夏にして。」
琥一「できねぇな。」
琉夏「じゃ、春でもいいや。」
琥一「オマエのアタマん中は年中春だろーが。」
琉夏「マジで? ……あ、ホントだ。」
○○「ふふ、でも子供の頃は、もっと寒かった気もするね?」
琥一「そりゃ、あれだ……温暖化だ。ガキの頃はあんまり寒くて、”おしくらまんじゅう”で凌いだろ。」
○○「あ……そうだったっけ。」
琉夏「うん、そうだったな……やっとく?」
琥一「やっとくか?」
○○「え? 今ここで?」
琥一「捕まえろ!」
琉夏「ラジャー!」
○○「や、ちょっと待って!!」

【期末テスト前】

○○「もうすぐ期末テストだね。」
琉夏「だね、コウ?」
琥一「ウルセー、いちいち確認すんな。」
○○「ねぇ、やっぱりテスト前は2人で勉強したりする?」
琉夏「2人って、俺とコウってこと?」
○○「そう。」
琥一「しねぇだろ……気味悪ぃ。」
○○「そんなもんかな。でも、それにしては――」
琥一「なんだよ?」
○○「えぇと……よく、コウくん、はば学に受かったなぁ、なんて……」
琉夏「コウはさ、こんなツラしてるけど、スゲェ受験勉強したんだ。な?」
琥一「ツラはカンケーねぇだろうが。」
琉夏「コウはさ、やれば出来る子なんだよ。な?」
琥一「ウルセー。」

【バレンタイン前】

○○「そろそろバレンタインだね?」
琉夏「チョコの日だ。」
○○「ふふっ、チョコもらう予定は?」
琉夏「えぇと、どうだっけな……」
琥一「トボケんな。テメェは毎年チョコまみれだろうが。」
○○「やっぱり……」
琉夏「あれ、なんか俺だけ悪いヤツみたいじゃん。」
琥一「悪いヤツだろーが、実際。」
琉夏「コウだってさ、意外ともらってるよ?このツラで。」
○○「そうなの?」
琥一「ウルセーな、喰うのはテメェだろうが?」
琉夏「だってさ、喰ってあげなきゃチョコが可哀想じゃん。コウの方が悪いヤツだ。」
○○「そっか。じゃあ、わたしのはいらないよね?」
琥一「あぁ!?」
琉夏「えっ!?」
○○(……あれ、期待されてる?)

【卒業直前】

○○「もうすぐ卒業だね。」
琉夏「ハァ……」
琥一「チッ……」
○○「えっ!? まさか、2人とも……」
琥一「出席がヤベェんだよ。」
琉夏「コウはその上ほら、勉強の方が、アレじゃん?」
琥一「”アレ”って言うな。」
○○「どうにかなりそう?」
琉夏「サボんのやめて、赤点もなければね。」
琥一「詰んだか、こりゃ。」
○○「えぇっ!?」
琉夏「するよ、卒業。ゼッタイ。なっ、コウ。」
琥一「どうだかな?」
琉夏「大丈夫。俺たちさ、ちゃんとオマエの期待に応えようって、決めたんだ。」
琥一「まあな。」
○○(琉夏くん……琥一くん……)

【伝説の噂(ウソ1)】

○○「あ、そうだ。そう言えば、教会の葉月珪伝説だけど――」
琉夏「実は、王子様は葉月珪だったっていう話?」
琥一「あぁ? 葉月珪伝説って言や、氷室と同じロボだって話だろ。」
○○「なにそれ……」
琉夏「2人ともぜんぜん違う。つーかセンス無い。」
○○「じゃあ、どんなの?」
琉夏「葉月珪、宇宙王子編。」
○○「また”編”って……」
琥一「バーカ。オマエ、どっちがセンスねーんだよ。」
琉夏「まあ、聞いて。葉月珪は本当は宇宙から来た王子で、悪のヒムロッチロボと日夜戦ってる。」
○○「もう、なにがなんだか……」
琥一「で? なんで戦うんだよ。」
琉夏「そこだよ。ヒムロッチは夜な夜な出来の悪い生徒を教会の地下で改造してるんだ。」
○○「あ、そう……」
琥一「オマエな……今まで聞いた中で、一番くだらねぇぞ。」
琉夏「いいのか? コウ。出来の悪い生徒だぞ? ヤバイんじゃねぇの?」
琥一「テメェもだ、テメェも。」

【伝説の噂(ウソ2)】

琥一「おう、そうだ。そう言えば、ルカ。例の伝説、どうなった。
○○「伝説って教会の?
琥一「それだ。ほら、秘密結社が――
琉夏「あぁ、あれはもういいや。
琥一「おい、いいってなんだよ。
琉夏「なんか上手く出来てるなと思ったらさ、そういう本があった。前に流行ったんだって。
○○「やっぱりね!
琥一「でもよ、その本の話が、実はあの教会かも知れねぇじゃねぇか。
琉夏「あ、そうか! その線があったか……
琥一「だろーが。
琉夏「わかった、もうちょっと考える。
○○「あ、今”考える”って言ったよ!」

【伝説の噂(ウソ3)】

○○「ねえねえ、教会の伝説だけど――
琥一「またかよ……よく飽きねぇなぁ?
○○「だって、気になるよ、やっぱり。ルカは?
琉夏「え? なんだっけ?
○○「教会の伝説の話、気にならない?
琉夏「まあね。
○○「まあねって、どっち?
琥一「なもん、気になんねーよ。な?
琉夏「えぇと、気になりま……
○○「なるよね?
琉夏「すん。
○○「どっち!
琉夏「いいじゃん、もう、そんなの。
○○「でも……
琉夏「あそこはさ、俺達3人が初めて会った場所だ。それで、十分だ。
琥一「そうだな……それでいい。
○○「そっか……そうかもね?
琉夏「つーことで、今日から俺たちが伝説。
琥一「なんの伝説だよ。
琉夏「それは……みんなで考えよう。
琥一「クッ……」

更新日時: 2015/06/14 23:23:19
wikiトップ▲ページ TOP

メモ欄

  • 枠内に書き込み、投稿ボタンを押すとここに表示されます。
メモ