事故発生・初期被害


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

事故の発生過程については、当時リグ上にいたと言う人物の証言を元に記載していく。当インタビューは、Mark Levin Showにて放送された。

専門用語に関しては、以下を適宜参照されたし。
Schlumberger Oilfield Glossary(英文)
JOGMEC石油・天然ガス資源情報(和文)


(この段階ではProduction LinerはPerforation(穿孔)をされていないものと思われる。よって、正常にセメントされていれば、井戸は、Linerの部分、つまり油ガス層においては高圧の地層からは隔離されていたはずである)

  • 次に、海底面にある井戸元(Well Head)に、seal assembly を設置。これにより、BOPの下、Production Linerとアニュラス(Annulus)との間は封をされた。


  • この状態で、暴噴防止装置BlowOut Preventor、以下BOPの圧力テストがされたはず。インタビューを受けている人物はこの結果については知らないらしいが、井戸の作業中にBOP試験をパスしなければ、絶対に次のプロセスには進んではならない。

(BOPのテストとは、実際にBOPが、Drill PipeとCasingとの間を遮断しているかどうか、加圧・減圧をして確認するテストである)

  • ライザー(リグと、井戸元を繋ぐ鉄管)を取り外す為、ライザーの中を泥水から海水へと置き換えた。

  • 井戸元をセメントする為、BOPの上部を解放したところ、ガスキック(Gasが噴出す事)が起こり、井戸からライザー、またはドリルパイプを通って海水が吹き上げた。

(この海水の吹き上げ直後、油と、油から遊離したガスが噴出していると推測される)

  • 吹き上げたガスに引火(引火原因は現在のところ不明)、爆発。炎上。

  • リグに乗り込んでいた126名のうち、11名が行方不明に。

  • 4月22日、Deep water horizon 沈没。


-
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。