事故の概要


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

=事故の概要 =

 2010年4月10日、メキシコ湾ルイジアナ州沖にて、セミサブ型石油開発施設「Deepwater Horizon」において暴噴事故が発生。噴出した油がリグ上で爆発を起こした。
 この爆発事故でリグにいた126名の内、11名が行方不明となっている。リグは二日間燃え続け、22日に沈没。

 リグの沈没後、海底にはライザーとドリルパイプが残され、それらの破損箇所と末端の計3箇所から、油の流出が続いてた。内一箇所は、ROV(Remote operated vehicle)によってバルブが設置され、流出は止まった。しかし、残り2箇所からの流出は続く。

 リグの沈没後も海底の井戸元からの原油の流出は続いている。当初、流出量は推定一日5000バーレル(1バーレルは約159リットル)とみなされていたが、その後の回収作業で、少なくとも5000バーレル以上の勢いで放出され続けていた事が判明している。米国のNOAAのタスクフォースは、流出量はおよそ1一日あたり12000から19000バーレルと推定している。


-
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。