“ショー”マツダ

“ショー”マツダ

はぅわ!!!


“ショー”マツダは、和歌山県郊外の「ドーベルマンミカン農園」元経営者で、メキシコへ逃亡中の凶悪犯。本名はSholgunovic Mazda Enrique Sylvestre Bonazzori(ショルガノビッチ・マツダ・エンリケ・シルベストル・ボナッツォーリ)。初登場は『EL TACO LEGENDARIO』。初主演作品も同作。


注意:以降の記述には“ショー”マツダに関するネタバレが含まれます。



略歴


ミカン農園を経営していたが、出荷した遺伝子組み換えミカン「ドーベルマンミカン」が人を食い殺したことで「殺人ミカン事件」を起こした凶悪犯として指名手配されてしまう。
平穏な日常を取り戻すため、かつて師である黄金蟲邦夫に受けたアドバイスを頼りに、何でも願いを叶えてくれるという「伝説のタコス(ドンタコス メキシカンチリ味)」を求めてメキシコへ逃亡。おそるべき悪の組織に騙されそうになりながら見事発見するも、越前京子レオン・ガブリエル・マクイーンの攻撃で命を落とし、その復活のために伝説のタコスの力を使ってしまい、日本に帰ることが出来なくなってしまった。さらに、越前刑事に対し起こした暴力事件が原因で国際手配までされてしまう。
その後、おそるべき悪の組織に暗殺を依頼された越前によって殺されそうになるが、バックベアードの策略により2人揃って爆破され、高倉蜂を加えた3人でお礼参りを行う。
日本に帰れなくなった後は、ゴルフの大会(の実況風CM?)にメキシコ国籍で参加するなどしている。『ウクライナ領日本』時点では、今度は香川県に潜伏して「伝説の釜玉うどん」を探していた。


人物


騙されやすい性格で、ちゃらんぽらんな師匠黄金蟲のアドバイスを真に受けてメキシコに渡ってしまったり、ダフ屋のようなピーターの勧誘にホイホイついて行ってしまったりしている。そんな性格に加えて臆病者でもあるため、一見人がよさそうにも見えるが、殺人ミカンによって犠牲者を出してしまった件については、全く悔やむ様子も死者に対し申し訳なさを感じる様子も無く、自分の保身ばかりを考えており、やはり凶悪犯の素質があると言うほかはない。


逸話


  • 外道対策特別署とも呼ばれる西武警察署の刑事である越前がわざわざ海外まで追いかけてきたため、外道なのではないかとも思われたが、外道であれば不老不死のはずが、あっさり「死亡確認」されているためどうも違うようである。となると、越前は仕事というより本当にただ撃ちたかっただけなのだろう。
  • ただし、「死亡確認」は正直なところ元ネタ同様まったくあてにならないため、実は彼は伝説のタコスによって生き返ったのではなく、外道であったために死ななかっただけという可能性も否定できない。実際、彼は伝説のタコスに「指名手配をどうにかして日本へ帰る」という願いを願う前に諦めてしまっているため、本当に「生き返り」の願いを叶えて効力が失われたのかどうかは明らかになっていない。また、万能アイテムである「すべてを操るガントレット」と違い、「願いを叶える」とされている伝説のタコスの力が、所持者が死亡し思考や感情の失われた「願う」ことの出来ない状態から発動するというのも考えにくい。もし死の直前の「死にたくない」という願いに反応したのであれば、死ぬこと自体が食い止められるはずなので、一度死んで「死亡確認」されるのもおかしな話であり、そもそも彼の末期の台詞は「日本に・・・(帰りたい)」であるので、帰れていない以上、これも違うと見ていい。となるとやはり、伝説のタコスは未使用未開封新品NCNRなのではないだろうか。
  • とはいえ、彼が目を覚ます直前に、伝説のタコスが謎の発光をしたのも事実。これが願いを叶えた描写なのだとしたら、それは彼自身の願いではなく、遺体の周囲にいたレオン越前の「やっべー殺しちゃったよ・・・生き返んないかな」という願いに反応した、と考えるのが自然なように思える。


能力


  • 非力だが、長い脚によるリーチを生かした戦い方を得意とする。幸運が重なりレオンに金星をあげたりピーターを返り討ちにしたりしているが、戦闘能力自体は高くはないようで、レオン越前からは基本逃げ回っており、その上あっさり殺されている。


得意技・必殺技


  • 襟津駆艦斗那脚

師匠黄金蟲邦夫直伝。地面を脚で何度も踏みつけ、振動で体制を崩した相手を蹴り飛ばす。この振動は彼が臆病故に生じる身体の震えを力に換えたもの。


  • W・襟津駆艦斗那脚

基本は通常の襟津駆艦斗那脚と同じだが、最後の蹴りに高倉が加わる合体技。


  • 鈍器攻撃

伝説のタコスを使用した攻撃。まさかの鈍器攻撃である。


登場作品



関係キャラクター