環境保護団体


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

環境保護団体

大変だーっ!環境保護団体が襲ってきたぞーっ!!


環境保護団体(かんきょうほごだんたい)は、地球環境悪化を憂う危険な集団。初登場は『Edge Of The Blade SPECIAL』。


注意:以降の記述には環境保護団体に関するネタバレが含まれます。



略歴


明確な描写はないものの、初出の『Edge Of The Blade SPECIAL』以前から活動はしていたものと思われる。同作でゴルフ場開発(に伴う自然破壊)への抗議を続け、ついに武力行使を実行。TVカメラの目の前で有名ゴルファーであった松越渦選手を殺害。その後も平和そうな住宅街でも襲撃を実行するなど過激な行動を続ける。 『白雀蜂前編』では暴動の発生した指定凶悪犯特別拘置所にも“騒ぎに便乗して”襲撃。直接描写はないものの、拘置所職員の松越是起・松越艦守を殺害した。


組織


正式名称不明。「SAVE THE EARTH!!(地球を守れ!!)」がスローガン。 美しい自然(野生動物、植物)を愛し、それを破壊する者は許さない。抗議活動だけでなく、襲撃・破壊・殺害など、犯罪・テロ行為も辞さない危険思想の集団である。相手がたとえ政府施設だろうが、容赦ない攻撃を行う。 『Edge Of The Blade SPECIAL』ではたまたま付近にいただけの民間人にさえ襲撃を敢行する様子から所属する人間の中には破壊・暴力行為目当ての暴徒のような参加者もいるものと推測される。 また同作品ではカメラの目の前で堂々と殺人を行ったが、これは自分達の「脅威」を世界にアピールする目的だったと思われる。現実世界の平和的な環境保護団体・動物保護団体とは一線を画す存在であるといえる。


逸話


  • ゴルフ場とは違い明らかに環境破壊をしていないと思われる特別拘置所にまで襲撃を敢行したが、これについては「ただ破壊を楽しみたいだけで、理由はこじつけ」説と、「特別拘置所には実は同志が勾留されており、それを解放するために襲撃したのではないか」という説が存在する。
  • このように彼らは環境を守る「目的」と、破壊・殺害などの「行為」の関係が完全に逆転してしまっている。この逆転現象は彼らが初登場した『Edge Of The Blade SPECIAL』主人公、影山剣のその後の姿と重複する。そう考えだすと彼らにもあの“魔神”が絡んでいるのではないか、と邪推せずにはいられない…。現実世界でも環境保護団体には多くのスポンサー企業から『資金』が流れ、そして抗議活動によって『戦い』が生まれているのだから…。


裏話


  • 外道Taxi監督はグリーンピース大好き。チャーハンやドライカレーに入っていても許す。サイゼ行ったら青豆の温サラダ食べるよ!


能力


  • 船を改造しキャタピラを取り付けた装甲車(水陸両用?)を所有。見るからに自重があり、またスピードの出なさそうなキャタピラでありながらゴルフ場襲撃時には松越渦選手を撥ねとばす程のスピードを出していることから、相当の馬力のエンジンが搭載されているものと思われる。
  • 特別拘置所襲撃の際はマシンガン発砲音が響いていることから、重火器で武装していることも推測される。


得意技・必殺技


名称のあるものは特になし。


登場作品



関係キャラクター