※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第59回登場キャラ



【PC】

ダンゲロス子

赤毛を後ろにまとめたお団子頭がトレードマークの元気娘。
喧嘩騒ぎをこよなく愛し、ひとたび学園で抗争が勃発すれば
鈍器片手に暴れまわる。

詳しい説明はこっちを見てくんねえ。
tp://www47.atwiki.jp/gldangerous/pages/31.html

あと、信じられないかもしれないが本年度のミスダンゲロスである。
いや、ホントに。

能力技能:『火具槌(かぐつち)』
炎を産み出し、自在に操る魔人能力。
これを応用して炎を纏った護身術である炎堂流武術を駆使したり、
金属加工などに使用する。
ダンゲロス子の技、フレイムウィップやフレイムレインなどもこの能力を応用して使用される。

成功要素
「顔・外見」:【ミスダンゲロスで優勝するくらいの外見】【誰もが知ってる学園の問題児】
「言葉遣い」:【威圧的】【強引】
「能力・技能」:【火具槌】【喧嘩殺法】
「持ち物」:【使いこまれた鈍器】【工具】

一 四(にのまえ・あずま)

 一族中の魔人率が99%を超える戦闘破壊家族、一家(にのまえけ)の一人。
 常人には観測できない周囲の因子を分析して未来予知を行う魔人。一見クールな
頭脳派美少女だが、中身は結構熱くなりやすい。
 運動は苦手。たまにはぱんつを履き忘れない日もある。
 黒髪ロングの姫カット。貧乳。

 一家の一族は頭が良さそうに見えても馬鹿な者が多い。
「不確定性原理が間違っているのは魔人物理学的に見て明らか!(キリッ)」

tp://0006.x0.to/oo/gif/otukare15.jpg

[魔人能力]『超計算(メタ・カルキュレーション)』
 世界に存在する全ての原子の位置と運動量を知る事ができれば、ありとあらゆる未来を
予知する事が出来る。と、強く認識した四があらゆる因果を計算し、未来を完全に予測
して看破する。
 簡単に言うと超精密予知。その精度は近い未来、狭い範囲であればあるほど凄まじく正確。

成功要素
「顔・外見」:【ツンデレ美少女】【ぱんつはいてない】
「言葉遣い」:【自信家】【罵倒】
「能力・技能」:【超計算(メタ・カルキュレーション)[魔]】【観察力】
「持ち物」:【超ミニスカのブレザー制服】【難解な数学書】

牛留めいろ

●電子専門のコミュ力つかい。
●女性。3年生。
●白黒のパジャマ。牛型の枕を引きずっている。
●ネットではあらゆる言葉を使いこなし、コミュ力が高い。しかし、リアルでは超毒舌。

魔人能力『件の退会迷宮』

●牛留めいろの管理するコミュニティサイト「ミノタウロス」にその場で強制入会させる[1]。
ミノタウロスは電子的コミュ力に優れるめいろ(HN:くだん)のファンサイトと化しており、
対象は「くだん」の電子上の親友になる。
●対象の個人情報の入手。また、電子上の親友として、裏から対象に干渉できる。

※制約
○めいろと「くだん」が同一人物であることはめいろのリアル友人しか知らない。
○めいろ自身にリアルコミュ力は無いため、能力を使えるのは対象が電子機器でネットを使っている時のみである。


[1]:「ミノタウロス」を退会するには、千の適切な退会理由を選択し、最終的に「ともだちができない」を選択する必要がある。しかし、入会した時点で「くだん」と友人になるため、絶対に退会不可能。

成功要素
「顔・外見」:【影が薄い】【三白眼美人】
「言葉遣い」:【ネット用語】【ギャル文字】
「能力・技能」:【件の退会迷宮[魔]】【電子上のコミュ力】
「持ち物」:【iphone】【着崩れパジャマ】

萩森 桔梗

希望崎学園の1年生。典型的なお嬢様で、おっとりとした丁寧な口調で話す。
両親から過保護と言える程大事に育てられた為、色々と常識知らずで天然。
特に性知識はほぼ皆無である。真剣にコウノトリとか信じている、希望崎においては貴重な人材。
成績は優秀で先生受けも良く、交友関係は広い。好奇心が強く、割と動じない性格。
彼氏彼女の関係に憧れるが、お家柄そういった事に厳しいので、いつか白馬の王子様が現れて
何処かに連れて行ったりしてくれないかなぁと夢想したりする、悩み多き15歳。趣味は拷問。

魔人能力『鬼眼荒侭』
相手の目を見つめながらお願いをすると、それがどんな荒唐無稽なものでも
取り合えず叶えて上げたくなる気分にさせる能力。物理的・現実的に不可能なお願いは申し訳無さそうに断られる。

成功要素
「顔・外見」:【おかっぱ頭】【貧乳】
「言葉遣い」:【おっとり】【丁寧】
「能力・技能」:【鬼眼荒侭】【人体の知識】
「持ち物」:【学生カバン】【医療道具一式】

埴井葦菜

蜂使いの一族・埴井家の出身。七人の後継者候補の一人。
相棒はアシナガバチ。ペット用キャリーバッグに巣を入れ、いつも持ち歩いている。
スラリと長い脚が自慢で、そんな自分に誰もが羨望の眼差しを向けるべきだと思っている。
それゆえ、自分よりも目立っていて周りの注目を集める存在にとてつもない嫉妬心を抱いてしまう。
しかしながら彼女自身、己のそんな嫉妬深さを恥じており、直したいとも思っている。

三年生とのハルマゲドンの後、何故かアイドルとして祭り上げられてしまった。
後継者争いとアイドル活動の二足の草鞋の日々の中で、希望崎の様々な珍事件の解決にも駆り出されている。
その度にレズプレイする破目になったり、ファーストキスをビッチに奪われたり、変態の性欲処理をさせられたりと
毎度毎度酷い目に遭っているが、それでもめげずに頑張る健気な子なのである。

負けるな、アッシーナ! その調子でもっと汚れろ!

魔人能力:『アナフィラキシー・ハック』
蜂と一緒に暴れまわる的な技だったはずである。斧もゲットしたのでパワー倍増!
長々しいのはアレなので、積極的にはしょってみた。

成功要素
「顔・外見」:【八等身美少女】【アイドルの原石】
「言葉遣い」:【ツンデレ】【嫉妬深い】
「能力・技能」:【アナフィラキシー・ハック】【朗読】
「持ち物」:【無数の蜂】【アッシーナアックス】

【NPC】

アンチ=ケイオン

軽音楽部のライブには絶対に行かないことで有名な生徒。
ダンゲロス子をも手こずらせる強靭な意志でライブ参加を拒む。

食堂のオバちゃん

希望崎学園の食堂のおばちゃん。田舎風の太いそばを出してくれる。
その本格的な味にはダンゲロス子も大満足である。

吹奏楽部

軽音楽部のライブとは特に関係のない吹奏楽部。
ダンゲロス子によって壊滅した。