※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

九道轟鬼

ライフ:3 精神力:3

経験点;0

設定

大きめの帽子をかぶって、いつも上から目線で見下しているような男。
高二病を患っているらしくて、自分を知的に見せようとスタイリッシュ(笑)なポーズをとっている。
中二病の人間を見下しているが、高二病も大して変わらないだろう。
癪に障る言い回しをしたり、ちょっと冷めた目で斜に構えたりする。
しかし、その割に語彙は少ない。こいつただの中二病なんじゃねえの?

魔人能力『私の中の唯一の存在(オービタル・ピリオド)』

自分の視界にいる人間を一人だけ「脳内で」持ち運ぶことができる。

その人間に付いてるものは、服やアクセサリーなどの小物、テニスラケット等の担いだりして
持ち運びができるものなら一緒に持ち込むことができる。
本人以上の大きさがある物を入れることはできない(例えば、屋台ごと持ち運ぶことはできない。
自転車がぎりぎり無理なくらい。コートやジャケットとかはありの方向で)。
制限があるのは大きさだけで、重さに制限はない。

この能力の対象になるのは、虚を突かれたりして意識が一瞬途切れた者のみ。
バリバリに警戒していたり、のんきにぼーっと突っ立ていたり、何かに集中している相手などには効かない。
猫騙しなどで驚いている相手など。要するに、相手が何らかの理由で動揺していたり、驚いていたりしている間のみ有効。

能力を解除することでもとの状態のまま取り出すことができる。

成功要素

「身体スキル」:【動体視力Lv.3】【視力Lv.2】
「知的スキル」:【記憶力Lv.1】【交渉下手Lv.-2】
「固有スキル」:【私の中の唯一の存在(オービタル・ピリオド)[魔]】【透視Lv.5】
「オプション」:【双眼鏡Lv.3】【レーザーポインタLv.2】