※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

色盗彩無

ライフ:3 精神力:3

経験点:2

設定

常にモノトーンの服装で身を包む、先天的色覚異常(俗に言う全色盲)の少女。
彼女にとって世界はセピア色だった。そしてそれが当然だと思っていた。
しかし自分の見ている世界と他人の見ている世界が完全に別物だと気付いたとき、彼女は他者を羨み、そして妬んだ。
「―――私も、“色”が欲しい」
そうして魔人に覚醒した彩無。しかし悲しいかな、彼女は色がどんなものか知らなかったのだ。
結果として彼女は他者から色彩を奪うことが出来ても、彼女自身が色彩を獲得することはできなかった。

趣味は水墨画。黒の濃淡のみで風景を描ける技術だからと学んだ結果、かなりの水準に達している。

魔人能力『色盗』

触れたものの“色”を任意で奪う。色を奪われたモノは灰色に染まる。
色を奪われたモノはその色が持つ特徴を一つ奪われる(赤:熱い・辛い・攻撃的 青:冷たい・さわやか・消極的 etc……)
奪った“色”は彼女の持つ携帯パレットに保存され、パレットを使用することにより他のものに“色”を添付することができる。
白・黒・灰色の色は奪うことが出来ない。
また、彼女は全色盲なので、人に教わらないと何に能力が使えるかも判断できない。
色を盗る行為は集中を要し、一度使うと当分の間(具体的にはその話中)使用できない。

成功要素

「身体スキル」:【先天的色覚異常Lv.-2】【なかなかの容姿Lv.3】
「知的スキル」:【色の持つ心理効果知識Lv.3】【理性的Lv.3】
「固有スキル」:【色盗[魔]】【異能レベルの水墨画家Lv.5】
「オプション」:【能力用携帯パレットLv.2】【筆Lv.1】

コンボ

【水墨画の先生[連]】―【なかなかの容姿】+【理性的】+【異能レベルの水墨画家】
対象が水墨画に興味がある場合、水墨画に関する講義をすることができる。ちょっと尊敬される。

【暈法(ボカシ)[連]】―【色盗[魔]】+【異能レベルの水墨画家】+【能力用携帯パレット】+【筆】
能力により“色”を添付する際、色を薄めることで添付される性質の強さを弱めることができる。
(例:“辛い”性質を持つ赤色をぼかして薄くすることで、添付する“辛さ”を弱くする)
薄めることは可能だが、色を濃くすることはできない。