※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

白金虹羽

ライフ:3 精神力:3

設定

新歓遠足実行委員の一人。外見は眼鏡を掛けたほんわかした雰囲気の華奢な少年。
だが眼鏡を外すと色気を漂わせる超責め顔。
基本的には誰の敵にもならない中立の見本。一応は年上は立てる主義。

地元の草野球チーム、河川敷ブレイブマンエンパイアの若きスラッガー。
一族に伝わる秘剣を野球に応用し、その打率は脅威の4割3分2厘。
では、あったのが、最近は荒廃した関西を仲間と共に彷徨っている為に野球をしていない辛い現実。

その後、皆を養うために、その剣腕を活かし世紀末と化した関西や、何故か迷い込む平行世界で傭兵を始める事になる。

【伝説の魔人剣】
ダンゲニウム合金を紙のように引き裂き、エッフェル塔を微塵にし、禅僧すら斬り滅ぼす伝説の剣。使用すると稗田先生が薀蓄を語ってくれるレベルの出自の怪しさ。
敵に盗まれたり、使いたい時に奪われたりする事もままあるが トラブルが解決した後くらいに虹羽の手元に戻ってくる。……これ、呪われた剣じゃない?
取り敢えず何をやっても、その存在は不変らしい。

持ち主の嘆きも知らず、その刀身は今日もカード◯スやビッ◯リマンのキラカードのように光り輝いている。

【食べかけのハムカツ】
武烏輝継、謹製のハムカツの残り、美味しいが腹を満たすほどの量はない。

魔人能力『秘剣・麟廻天衝』

人の身でありながら霊獣の王<麒麟>の気を体内で作り出し、それを自らの身体に纏わせる。
麟気を纏った体は一時的に不運を吹き飛ばし虹羽に迫る特殊能力や攻撃を大幅に軽減、
雑魚クラスの攻撃を無効化し、更に身体能力を向上させる。
<麟廻天衝>とは、その状態で相手に突撃し、立ち塞がる雑魚や障害を麟気にて吹き飛ばし
標的を斬り伏せる攻防一体の超高速蹂躙秘剣。

取り敢えず戦闘能力が希薄な報道部員をおぶって敵の囲いから突破する為に作られた秘剣である。

成功要素

「身体スキル」:【白金一族Lv.4】【眼鏡を外すと見目麗しい攻め顔Lv.4】
「知的スキル」:【サバイバル知識Lv.2】【忍耐力Lv.2】
「固有スキル」:【秘剣・麟廻天衝[魔]】【不幸Lv.-2】
「オプション」:【伝説の魔人剣Lv.5】【食べかけのハムカツLv.1】