※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

M/Sとは、モノラルとステレオの事です。
イマイチよく分からないと思いますが、説明します。

音が鳴っているときに、 物凄く浮いて聞こえている部分がステレオ。
真ん中で固まっている音がモノラル であると考えてください。

実は最近のエレクトロとか、音が広がりまくってる曲はココに秘密があります。

例えば中田ヤスタカ。彼はM/Sを上手く使いこなし、あの音圧とキラ付きを手に入れています。
恐らく デ、デデ、デ・・・! マウスもこれを多用しています。

このM/Sを処理するというのは、モノラルとステレオを臨機応変にエンコード、デコードし、
間に音圧稼ぎのミックスをする事でステレオ成分を底上げする ということです。
これにより聴感上の派手さがプラスされ、とてもキレイに聞こえるのですね。

しかし個人的に言わせてもらえれば、 使いすぎると非常にダサい です。
飽くまでも最近流行の処理法で、その内飽きるということは念頭に置いた方がいいでしょう。

・M/S処理の方法

まず、ステレオにエンコード出来るエフェクトをインサートします。
その後に音圧を上げる処理をし、出来上がったらデコードします。

順番としてはエンコーダー→音圧処理→デコーダーです。
これでステレオを底上げして、最後に Brainworx のプラグインを挿します。


もちろん割れてるんですけど、この db_digital ってのはかなりヤバイです。
ていうか別にエンコードとかしなくてもコイツ1本で大丈夫です。

どのような事が出来るかというと、 M/SそれぞれのEQ、PAN、GAINを調整 できます。
買ったら5万もする ところが流石っすね。