撮影について


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

フィギュアぶっかけ


撮影準備


  • 準備するもの
    • 必須:カメラ・フィギュア、またはドール
    • あると便利かも:三脚・『ペペ』などの水溶性ローション(水溶性だと洗う時がラク)
  • 手順:とりあえずどういうふうに撮りたいのかを頭のなかでイメージする。そして機材の動作確認、セッティング。
  • 注意点集
    • 気持ちが高ぶっているからといって、機材を雑に扱わないこと。
    • しこりながら機材を扱わないこと。我慢汁にまみれた手で触るとヌルリとすべってガッシャンということもありえるし、なにより機材はなるべく汚れとは無縁であるべき。
    • 接写撮影する時はマクロモードにすることを忘れずに。

撮影

  • 準備するもの
    • 必須:カメラ・フィギュア、またはドール
    • あると便利かも:三脚・『ペペ』などの水溶性ローション(水溶性だと洗う時がラク)
  • 手順:イメージしたとおりにぶっかけて撮る。
  • 注意点集
    • こすり付ける場合は、ローションなどを用いるとスムーズなこすりつけができてお勧め。我慢汁がなかなかでないときに。
    • 三脚を使えばブレのほとんどない写真、キレイな写真が撮れる。1000円ぐらいのでも充分。
    • リモコンがあるカメラであれば、リモコンを使って撮るとさらに手ぶれが軽減されて良い。
    • ブレ軽減策として、カメラのセルフタイマー機能を使うという手もある。カメラを三脚等で固定した上で、セルフタイマー機能を用いて撮影。シャッターを押した時の動きがブレの原因となってしまうことも多いので、それを予防。
    • 接写撮影する時はマクロモードにすることを忘れずに。
    • 静止したモノを撮るときは、設定でISO感度を下げて撮影するとキレイな画像が撮れる。ただし、撮影時における少々のブレでも敏感に反応、画像に反映されてしまうので、ISOを下げての撮影の場合は特に、三脚を用いるなどブレ防止に気を遣うと良い。

アップロード

  • 準備するもの
    • パソコン
    • 撮ったフィギュアぶっかけ動画・画像
    • 闘魂
  • 手順:アップローダーに書いてある説明に従い、アップする。
  • 注意点集
    • チンコにモザイクを入れれば日本の法律的にはセーフらしい。外国の場合はよくわからない。

後処理

  • 準備するもの:
    • 水・乾いた布
  • 手順:水でジャブジャブ洗う→乾いた布で拭く ぐらい? なるべくフィギュアに優しい洗浄方法があればそうしよう。そしてここに書く。
  • 注意点集
    • カビ防止のために高温多湿な場所を避ける
    • 劣化防止のために紫外線のあたるところは避ける


二次画像にぶっかけ



撮影準備


  • 準備するもの
    • 必須:カメラ・プリントアウトしたCG、雑誌の切り抜き、ポスター、抱き枕などの被写体
    • あると便利かも:三脚、クリアファイル
  • 手順:とりあえずどういうふうに撮りたいのかを頭のなかでイメージする。そして機材の動作確認、セッティング。
  • 注意点集
    • 気持ちが高ぶっているからといって、機材を雑に扱わないこと。
    • しこりながら機材を扱わないこと。我慢汁にまみれた手で触るとヌルリとすべってガッシャンということもありえるし、なにより機材はなるべく汚れとは無縁であるべき。

撮影

  • 準備するもの
    • カメラ・プリントアウトしたCG、雑誌の切り抜き、ポスター、抱き枕などの被写体
    • あると便利かも:三脚、クリアファイル
  • 手順:イメージしたとおりにぶっかけて撮る。
  • 注意点集
    • 三脚を使えばブレのほとんどない写真、キレイな写真が撮れる。1000円ぐらいのでも充分。
    • リモコンがあるカメラであれば、リモコンを使って撮るとさらに手ぶれが軽減されて良い。
    • ブレ軽減策として、カメラのセルフタイマー機能を使うという手もある。カメラを三脚等で固定した上で、セルフタイマー機能を用いて撮影。シャッターを押した時の動きがブレの原因となってしまうことも多いので、それを予防。
    • 接写撮影する時はマクロモードにすることを忘れずに。
    • 静止したモノを撮るときは、設定でISO感度を下げて撮影するとキレイな画像が撮れる。ただし、撮影時における少々のブレでも敏感に反応、画像に反映されてしまうので、ISOを下げての撮影の場合は特に、三脚を用いるなどブレ防止に気を遣うと良い。
    • 紙媒体へのぶっかけの場合、せっかくの白濁液が紙に吸い取られてシミができてしまうので、それを避けるためにもクリアファイルに被写体を挟み込んでおくと良い。
    • クリアファイルに挟んだ場合、光源の照り返しが派手に映り込まないように注意する。
    • 平面の被写体へのぶっかけの場合、真上から撮影すると、白濁液の濃度によっては立体性が出ない場合もあるので、斜めからの撮影も織り交ぜると良い。

アップロード

  • 準備するもの
    • パソコン
    • 撮った二次画像へのぶっかけ動画・画像
    • 闘魂
  • 手順:アップローダーに書いてある説明に従い、アップする。
  • 注意点集
    • チンコにモザイクを入れれば日本の法律的にはセーフらしい。外国の場合はよくわからない。

後処理

  • 準備するもの:水・乾いた布
  • 手順
    • クリアファイルにぶっかけた場合はファイルを水洗いする。
    • 紙へ直接出した場合は捨てよう。
    • 抱き枕などの布媒体へぶっかけた勇者は洗濯すると良いと思う。
  • 注意点集
    • クリアファイルを洗ったあと、うっかり風呂場などに置き忘れると家人に見つかったときの言い訳に困るので気をつけよう。
    • 布媒体へぶっかけた人は洗濯後に干すときに近所の人に白眼視されないように気をつけよう。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。